シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

ラディッシュはどんな野菜?



ラディッシュ




こんにちは
小さな赤い色の野菜、ラディッシュ。赤い色がとても可愛くて綺麗ですね。
ところで、ラディッシュの別名は二十日大根、どうしてラディッシュって呼ぶのでしょうか。
そこで今日は『ラディッシュ』についてお話をしたいと思います。

ラディッシュ




ラディッシュ

 大根は英語で「radish(ラディッシュ)」ですよね。でも、私たちが知っているラディッシュといえば、小さな赤くて丸いカブのような野菜です。どうしてなのでしょうか。


 もともとラディッシュの語源は「根」を意味するラテン語の「radixラディクス)」にあるそうで、日本でいう大根をいいます。この種のものは全てラディッシュなんです。ちなみに、日本の大根を英語でいうと「Japanese white radish(ジャバニーズ ホワイト ラディッシュ)」になります。


 この根を意味するラディッシュが、日本では小型で根が球形で赤色のものを二十日大根(ラディッシュ)と呼ぶようになりました。二十日大根の由来は、ご想像通りの種をまいてから20∼30日で収穫できることから付けられました。



ラディッシュは栄養豊富

 ラディッシュの小さな根にはたくさんの栄養が詰まっています。意外と栄養豊富な野菜なんですよ。



アントシアニン

 ラディッシュの色はアントシアニンという色素成分の色で、抗酸化性に優れています。この抗酸化作用により、コレステロール低下や動脈硬化の予防に効果があります。さらに老化の予防などの効果が期待できます。



アスターゼ(アミラーゼ)

 デンプン分解酵素であるジアスターゼには、消化を助け、、胃酸過多、胃もたれや、胸やけなどに効果があります。



ビタミンC

 葉と根の部分にはビタミンCがたっぷり含まれます。体内で作り出すことが出来ない栄養素で、美肌効果などが期待されます。さらに体内では免疫力の向上にも作用し、風邪予防やストレス対策にも役に立ちます。



β-カロテン

 ラディッシュには、β-カロテンがたっぷり含まれています。特に多いのが葉の部分。強い抗酸化作用があり、体内で必要に応じてビタミンAに転換される効果があります。また、β-カロテンとしては、動脈硬化の予防や健康な皮膚・粘膜の維持の効能が期待できます。



ラディッシュの皮と葉

 赤い皮の部分や葉の部分はビタミンCやE、カリウム、カルシウム、β-カロテンが豊富です。


 ラディッシュは意外と栄養豊富な野菜なので、葉の部分も残さずに食べましょう。そこで暑い日も食が進む葉を使ったレシピをご紹介します👇



簡単!ラディッシュのナムル


材料 (2人分)

調味料

  • 醤油 お好み

  • 塩 小さじ1/8

  • ゴマ油 大さじ1/2



作り方

  1. 葉と根の部分を水洗いします。

  2. ラディッシュの根は皮付きのまま薄くスライスします。

  3. 熱湯で根の部分をサッと茹ですぐに冷水にとり水気を絞ります。

  4. 葉も、茎からサッと茹でて冷水にとり水気を絞り、食べやすい大きさにカットします。

  5. ボウルに調味料を入れて混ぜ合わせます。

  6. 全てをボウルに入れてなじませたら完成です。



今日の最後に

 ラディッシュは「根」を意味する言葉で、大根の種類は全てラディッシュと呼びます。日本では二十日大根を特定してラディッシュといいます。日本ではラディッシュとネーミングした方が売れるのでしょうね。


 ラディッシュは春から秋までが収穫期です。食べやすく栄養豊富な野菜なので、食欲が落ちる時期にさっぱりした味付けで召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


デラウェアは偶然に発見された葡萄!


デラウェア





こんにちは
日本で葡萄といえばデラウェアですよね。でも、最近は巨峰かな。

ところで、古い歴史がありそうなんですが、いつ頃から栽培されていたのでしょうか。
そこで今日は『デラウェア』についてお話をしたいと思います。


デラウェア




葡萄、デラウェア

 日本で葡萄といえばデラウエア、種なし葡萄の定番として古くから親しまれています。デラウェアアメリカが原産の偶発実生として発見された品種です。1850年ごろアメリカ・ニュージャージー州のプロボー氏によって発見され、1855年オハイオ州で「デラウェア」と命名されました。日本へは、1872年(明治5年)にフランスから農林水産省の前身である内務省勧業寮により持ち込まれました。


 現在のデラウェアは種なしが特徴ですが、もともと種ができなわけではなく、ジベレリンと言うホルモン剤に房を浸けることで、種ができないように処理されたものです。


 デラウェアの名前の由来については、デラウエア州ではなく歴史上の人物、デラウエア卿に由来しているそうです。


 現在、日本でデラウェアは、巨峰に次いで多く作られている品種で、価格的にも手頃で親しまれています。



美味しいデラウェアの選び方

 美味しいデラウェアを選ぶポイントは3つです。参考してみてください。


1.果皮

赤紫色が濃く、皮に張りがあるものを選びましょう。


2.果実

粒の大きさが揃っているものを選びましょう。(表面に白い粉を付いているものが新鮮)


3.ツル

緑色、または黄緑色をしたものを選びましょう。(古いと茶色に変色)



 この3つがポイントです。番外編として試食OKなら、房の下側を食べてみて甘みがあれば全体が美味しい葡萄です。



デラウェアの保存

 デラウェアは常温保存だとあまり日持ちしません。なので冷蔵か冷凍での保存をお勧めします。


  • 常温 洗わずに新聞紙やキッチンペーパーで包に冷暗所で保存。期限は2~3日。

  • 冷蔵 洗わずに、傷んだ粒を取り除き、ラップでひと房ずつ包み冷蔵庫の野菜室で保存。期限は3~5日。

  • 冷凍 傷んだ粒を取り除き、洗って水気を拭き取る。ラップで包み、保存袋に入れて冷凍保存する。期限は2~3週間。


※果実を一粒ずつ保存する場合は、冷蔵、冷凍ともに果軸を2∼3mm残し、果実に果軸をくっつけたまま保存しましょう。切り離すと傷みがはやくなります。



今日の最後に

 デラウェアは意外と古い歴史をもった葡萄です。日本へ渡来したのもの明治5年なのでかなり昔ですね。


 デラウェアの旬は9月くらいまでです。デラウェアに限らず葡萄といえばブドウ糖です。疲労を回復したり、脳の働きを活発にし、集中力を高めてくれる効果があります。暑い季節ですし水分補給をかねて、召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


野菜の「オクラ」は日本語?


オクラの花





こんにちは
8月に入り一気に暑くなりましたね。
暑い日はやっぱり野菜が良い!オクラなんて良いですよね。おひたしやサラダ、それにご飯とも相性が良い!万能な野菜です。

ところで、オクラって日本語に思えるのですが、何語なのでしょうか。
そこで今日は『オクラ』についてお話をしたいと思います。


オクラの語源




オクラ

 オクラは、アフリカ北東部の熱帯地域が原産とされる野菜です。 古くは紀元前にエジプトで栽培が行われていたほど歴史のある野菜です。アメリカ大陸へは18世紀に伝わり、19世紀になってから栽培が行われるようになったそうです。


 日本へは江戸時代末期にアメリカから渡来しました。当初は観賞用であったり、第二次大戦中は完熟した種子をコーヒー豆として代用していたそうです。一般家庭の食卓に並ぶようになったのは1960∼70年頃からといわれています。


 独特の粘りは、粘り成分であるペクチンやムチンで整腸作用があります。加えてペクチンには血糖値の上昇を抑えたり、コレステロール値の低下などの効果があります。また、ビタミンやミネラルが豊富なので夏バテや疲労回復にも効果を発揮します。



オクラの語源

 一般的にカタカナで「オクラ」と書かれていて、日本語のようにも思えますが、実は英語なんです。



英語では「okra」と表記し、「オークラ」と発音します。



 英語のokraについては、ガーナ地方で使われているトウィ語でこの野菜のことを「nkuruma(ンクラマ)」と呼んでいて、これが語源になったそうです。


 一方、オクラの和名は「陸蓮根(おかれんこん)」や「アメリカネリ」です。漢字表記の「陸蓮根」の由来については現在でも不明ですが、「おかれんこん」については「okra」の発音から「おーかれ(んこん)」となったという説があります。


 「アメリカネリ」は、「アメリカ」から渡来したアメリカから来た、ネバネバする食べ物ということで「アメリカネリ」と呼ばれていました。


 というわけで、オクラは英語名です。発音は「オークラ」。なので日本での発音と少し異なりますね。



オクラコーヒー

 先ほど少し出てきたので、オクラコーヒーの作り方を紹介します。


※はじめにオクラをカラカラになるまで、天日干ししておきましょう。


用意するもの

  • 干したオクラ 多め

  • フライパン


作り方

  1. 種を取り出す。

  2. フライパンで炒る。はぜるので蓋をする。

  3. 全体に焦げ茶色になったら完成です。


 コーヒーミルで挽いてからドリップしてくださいね。コーヒーとは少し異なりますがカフェイン無しなので安心して飲めます。試してみてください。



今日の最後に

 オクラは日本名と思われていますが英語名です。また、昔は「陸蓮根(おかれんこん)」や「アメリカネリ」と呼んでいましたが、現在では陸蓮根と書いて「オクラ」と呼びます。


 オクラの旬は8月までです。夏バテの改善・予防、整腸作用といった効果があります。美味しいときに召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


夏の麺! 冷麦(ひやむぎ)の起源は「截麦」


夏の涼





こんにちは
夏の麺といえば素麺だと思いますが、似たものに「ひやむぎ」という麺がありますよね。素麺とほとんど同じなのに、どうして「ひやむぎ」と呼ぶのか不思議に思いませんか。
そこで今日は『冷麦(ひやむぎ)』についてお話をしたいと思います。

冷麦




冷麦(ひやむぎ)

 「ひやむぎ(以降、冷麦)」は、素麺と同じく小麦粉と塩、水を原料とした麺の一種です。 素麺との違いは、簡単にいうと太さの違いで冷麦の方が太くなります。これは、冷麦がうどんの製法の一つだからです。


 冷麦の起源は、 素麺より遅い室町時代のことで、この頃に登場した「截麦(きりむぎ)」というものが起源といわれています。


 截麦は、うどんや蕎麦と同様に、生地を包丁で切って麺にしたものをいいます。(素麺は油を伸ばして細い麺にする製法なので、ここで麺にする過程が違ってきます。)


 室町時代中期の文明12年(1480年)に、一条兼良が書いたといわれている往来物に「尺素往来(せきそおうらい)」があります。その中に、『索麺は熱蒸、截麦(きりむぎ)は冷濯(ひやしあらい)』とあり、素麺は蒸して熱いうちに食べ、截麦は冷たくして食べるものと記されています。この「截」とは、「切ってつくる」製法を意味して、「冷」は「冷濯」などの、「冷たくして食べる」食べ方を意味します。


 この時代から包丁などの刃物で切って作る麺を「截麦(きりむぎ)」と言って、この截麦を熱したものを「熱麦(あつむぎ)」と呼び、冷やしたものを「冷麦(ひやむぎ)」と呼んでいました。熱麦と呼ばれなくなったのは、温かくして食べるのは「うどん」と同じなので次第に廃れました。


 現在では、機械による製造が多いた太さで区別しているそうです。



機械製麺

  • 素麺 直径1.3mm未満

  • 冷麦 直径1.3mm以上∼1.7mm未満

  • うどん 長径1.7mm以上


延べ麺

  • 素麺 長径1.7mm未満

  • 冷麦 長径1.7mm未満

  • うどん  長径1.7mm以上



素麺や冷麦を茹でるときの吹きこぼれ


吹きこぼれ防止


 吹きこぼれは、麺から流れ出るデンプン質を含んだお湯が、沸騰したときに起こる対流によって起きます。これを食い止める方法がいくつかあるので紹介します。



菜箸を十字にして鍋の上に置く

泡が菜箸に触れて泡が消えます。


急須のフタを鍋の底に入れる

急須のフタには小さな穴があいているので、発生した泡がフタの中に集まり、急須の小さな空気穴から割れやすい大きな泡となって出るので吹きこぼれを防ぎます。


フライパンで茹でる

底の深い鍋だと、泡同士の膜が増えてしまい吹きこぼれてしまいますが、底の浅いフライパンなら、膜になる前に空気で冷やされるので吹きこぼれません。


予熱で茹でる

沸騰したら鍋の火を止めて蓋をする。余熱だけで素麺を茹でていきます。


 吹きこぼれでお悩みの方は試してみてください。ちなみに、「差し水」はNGです。理由は、温度が下がってしまい、素麺が美味しく茹であがらないからです。



今日の最後に

 冷麦の起源は、室町時代に登場した「截麦(きりむぎ)」にあります。 うどんを細くして切ったものを「截麦(きりむぎ)」と呼び、その截麦を茹でて冷たい状態にしたものを「冷麦(ひやむぎ)」と呼ぶようになりました。これが冷麦の起源になります。ちなみに、温めて食べるのを「熱麦」と呼びます。


夏本番です。冷たい冷麦を食べて頑張りましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


ソフトクリームのコーンって何からできているの?


ソフトクリーム





こんにちは
暑い日にはソフトクリームが食べたくなりませんか。やわらかい食感の冷たいソフトクリーム、食べたいですよね。

ところで、ソフトクリームといえばコーンですが、コーンって何からできているのでしょうか。やっぱりトウモロコシなのでしょうか。

そこで今日は『ソフトクリームのコーン』についてお話をしたいと思います。

ソフトクリームのコーン




ソフトクリームのコーン

 ソフトクリームの起源は中国と言われています。4000年前、当時貴重だった牛乳を煮詰めて、雪で冷やし固めて食べたのがはじまりといわれています。


 13世紀に入ると、25年間ものアジア横断の旅を終えたマルコポーロが、イタリアへアイスミルクの製法を持ち帰り、ヨーロッパへ広まりました。その後16世紀になると冷やす技術が進化し、氷や雪を原料としない純粋なシャーベットが作れるようになりました。


 そして、1686年にイタリアの菓子職人フランソワ・プロコープ氏が、フランスのパリに「カフェ・プロコープ」を開店し、現在のアイスクリームの原型とも言われるアイスクリームを売り出しました。当時は高級な食べ物だったそうです。


 その後、1846年にアメリカの主婦ナンシー・ジョンソンさんが、画期的な発明をします。樽に氷と塩を入れて冷やし固める「手回し式アイスクリームフリーザー」を発明したのです。この発明によって、一般の家庭でもアイスクリームが作れるようになり、アイスクリームは一気に世界中へと広まったそうです。 当時のアイスクリームはしっかりと凍らせることは技術的に無理だったようで、むしろソフトクリームに近い食感のものでした。



 現在のようなソフトクリームは1931年にアメリカで誕生しました。


  「昔のようにフリーザーから直接、作りたてのアイスクリームを手渡すことができないだろうか」と考え出されたのが、「オートマティック・ソフトサーブマシン」です。これは掃除機からとったモーターを使い、アイスマシンとフリーザーを1つの箱の中に入れた機械でした。この機械の発明によりソフトクリームが誕生しました。


 日本にソフトクリームが初めて登場したのは1951年7月3日のことです。当時日本に進駐していたアメリカの軍隊が、明治神宮外苑で開催したカーニバルで、コーンカップにもられたソフトクリームが売られたことが最初です。その後、数ヶ月で日本各地の百貨店をはじめとした大食堂などで、ソフトクリームが販売されるようになったそうです。



ソフトクリームのコーン

 ソフトクリームといえば、コーンカップに盛りつけられた形ですよね。そして、パリパリのコーンって何故か美味しい!ソフトクリームのコーンって何からできているのでしょうか。


 一般的にソフトクリームのコーンはトウモロコシが原料と思われていますが、実はコーンの主原料は小麦粉なんです。小麦粉に、砂糖や油脂などを混ぜ合わせ、コーンの形をした型に入れ焼いて作られています。あの香ばしい香りも焼くことで得られます。


「コーンなのにトウモロコシじゃないの」と思われますが、ソフトクリームのコーンは円錐形をした容器という意味のコーンです。道路に置いてある円錐標識もコーンで、同じ意味を持ちます。


  • ソフトクリームのコーン 「cone」

  • トウモロコシ      「corn」


円錐標識





コーンカップの起源


コーンカップ


 ソフトクリームのコーンは、1904年にアメリカのセントルイス万国博覧会で作られたことがはじまりです。



 セントルイス万国博覧会が開催されてその会場でバナー・バター製造所のオーナー ジョージ・バング氏がアイスクリームを販売していました。


 当時のアイスクリームは紙皿に載せての販売するスタイルでしたが、猛暑でアイスクリームは飛ぶように売れて用意していた紙皿が全て無くなってしまいました。


 困っていると、隣でウエハース状のワッフルを焼いて販売していた店主のアーネスト・A・ハムウィさんが、紙皿の代わりに売り物であるワッフルを円錐状に巻いてアイスクリームを盛って販売することを提案しました。


 このアイデアは、「器まで美味しく食べることができる」ということで会場中に広まり大ヒットとなりました。このワッフルとの出会いが現在のコーンカップへと繋がり起源になります。ちなみに、この時、提供された形状は現在のものと同じ形です。



今日の最後に

 ソフトクリームのコーンは、小麦粉に砂糖や油脂を混ぜて焼き上げて作られています。主原料は小麦粉なんですよ。


 現在では、小麦粉に硬さを出すために砂糖・油脂・ベーキングパウダーといった糖分やデンプンを加えてコーンの形になった型に入れて高温で焼き上げているそうです。気温が上がる季節、ソフトクリームを食べて乗り切りましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク