シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

みんな大好き給食の揚げパン! 60年前に作られていた!


学校




こんにちは
1月も後半、はやいですね。
ところで、1月24日は「学校給食記念日」なんだそうです。こんな記念日があるなんて知りませんでした。給食なんて懐かしいなぁ、食べにくいから嫌いだったけど、もう一度揚げパンが食べたい。
でも、揚げパンって誰が考えたの?
そこで今日は『給食の揚げパン』についてお話をしたいと思います。


学校給食記念日


学校給食



 1月24日は、学校給食記念日です。本来は学校給食が始まった「12月24日」が学校給食記念日ですが、ちょうど冬休みと重なってしまうため1ヶ月後の1月24日にしたそうです。さらに、1月24日から1月30日までの一週間が学校給食週間になるそうです。


 学校給食は明治22年山形県鶴岡市の私立忠愛小学校でお弁当を持参できない子供のために、学校で調理した食事を出したことがはじまりです。その後、昭和18年の戦争による食料難で給食はストップされましたが、戦後の食料難の最中、1946年(昭和21年)にララ基金(アジア救済公認団体)から学校給食用に脱脂粉乳や缶詰などの物資が送られ、この年の12月24日に試験給食が再開しました。


 これにより、12月24日を「学校給食感謝の日」と定めたそうです。食料が豊かになった現在は、この記念日を学校給食のありがたさや、給食に携わる人々の苦労、食べ物の大切さなどを考える日(週間)としています。



給食の揚げパン


揚げパン


 給食といえば揚げパンを思い浮かべる方が多いと思います。当時は主食というより、おやつ感覚でしたよね。 そんな揚げパンは、東京の小学校に勤めていた調理師さんによって考案されました。


 今から60年以上前の昭和27年に、大田区鵜の木の嶺町小学校にいた調理師さんの篠原常吉さんが、流行性の風邪によって欠席した児童にやわらかくて少しでも美味しいパンを食べさせてあげようと、コッペパンを揚げて砂糖をまぶして作ったのがはじまりです。


 揚げたコッペパンは、わら半紙に包まれ病気で欠席した児童の元に届けられ、次第に学校中で美味しいと評判になり、「揚げパン」という名前で学校給食の正式メニューとなりました。


 揚げパンって比較的に新しいメニューかと思っていましたが、60年の歴史があったなんて意外でした。それにしても考案した調理師さんの気持ちは今後も大切にしたいですね。いい話でしたね。



給食の揚げパンを作ろう!


揚げパン


 揚げパンを作るときは、「高温で揚げる」ことがポイントです。さっそく、作り方を紹介します。



用意するもの(4人分)

[A]
* きな粉 大さじ5

  • きび糖(砂糖) 大さじ4

  • 塩 少々



作り方

  1. きな粉、きび糖、塩を混ぜ合わせておきます。

  2. コッペパンを油で揚げます。(190℃で片面、15秒くらいずつ)

  3. パンを油から上げて、油を切ったら、[A]をまぶします。

  4. 完成です。


 フライパンで揚げる場合は、途中で数回ひっくり返しながら揚げてください。天ぷら鍋で揚げる場合は、すくい網などで沈めて揚げると綺麗に揚がります。きな粉のほかにも、ココア、抹茶、グラニュー糖などを使っても美味しいのでお試しください。



今日の最後に

 給食メニューの揚げパンは、1952年(昭和27年)に大田区の立嶺町小学校 に勤務していた調理師さんの篠原常吉さんが欠席した児童に考案したメニューです。当時は砂糖だけだったそうですが、その後はココア味や抹茶味なども登場したそうです。


 1月24日は学校給食記念日、1月24日から1月30日までは、全国学校給食週間です。給食を食べたことを思い出して、美味しかった、ありがたかった、調理員さんに感謝などを考えてみてはいかがでしょうか。 最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





牛乳を使った鍋料理! 飛鳥鍋はどんな料理?


スポンサーリンク


鍋料理




こんにちは
鍋料理ってたくさんの種類がありますが、今回取り上げてみたいのが「飛鳥鍋」です。牛乳を使った鍋料理のようですが、古い歴史を持つ料理のようですのでご紹介いたします。
そこで今日は『飛鳥鍋』についてお話をしたいと思います。


飛鳥鍋


飛鳥鍋
出典:gurutabi.gnavi.co.jp



 飛鳥鍋(アスカナベ)は、奈良県飛鳥地方や橿原地方に伝わる郷土料理のひとつです。 牛乳を使った鍋料理で、現在の「ミルク鍋」のルーツともいえるものです。


 1,300年以上前の飛鳥時代、中国の旧王朝・唐の使臣が今でいう練乳によく似た乳製品を飛鳥の都に伝えました。この乳製品を天皇に献上したところ喜ばれ、後に乳牛が宮中で飼育されるようになりました。そして明日香村の近く、談多武峰(とうのみね)で修行に励んでいた僧侶たちが、寒さをしのぐために牛乳で鶏肉を炊いて食べたのです。これが「飛鳥鍋」のはじまりといわれています。



クリーミー飛鳥鍋


●●●●飛鳥鍋
出典:www.asahibeer.co.jp


 飛鳥鍋作り方は意外と簡単です。牛乳に鶏ガラスープを入れるだけなんです。それでは作り方を紹介します。


用意するもの(3~4人分)

  • 鶏肉 300g

  • 白菜 3~4枚300g

  • 春菊 1束

  • 長ネギ 1束

  • ゴボウ 15cmくらい

  • 椎茸 2個

  • 人参 3切


鍋つゆA

  • 水 600cc

  • 牛乳 200cc

  • 鶏ガラスープの素 大さじ1

  • 醤油 小さじ1

  • 白味噌 大さじ2



作り方

  1. 白菜・鶏肉は一口サイズ、長ネギは斜め切り、豆腐は角切り、春菊はザク切り、人参は輪切り、椎茸は石づきを取ります。

  2. ゴボウの皮を剥き、薄く斜めに切りにして水に晒してアクを抜きをします。

  3. 鍋に鍋つゆAを入れ加熱します。

  4. 沸騰してきたら火を少し弱めて鶏肉を加えます。(アクが出るのですくってください)

  5. アクが出なくなってきたら、ゴボウを加えます。

  6. ゴボウが柔らかくなってきたら、他の具材を加え煮込みます。

  7. 飛鳥鍋の完成です。


 白味噌はお好みで加減してください。また、白味噌がない場合は普段使っている味噌で代用してくださいね。具材は一例ですのでお好みのものを使って美味しく召し上がってください。



今日の最後に

 飛鳥鍋は、1300年以上もの歴史を持つ飛鳥地方に伝わる郷土料理です。飛鳥の僧侶達が栄養補給のために、牛乳で鶏肉を煮て食べたことがはじまりといわれています。牛乳をベースにした鍋ですが、ガラスープと味噌を加えることで食べやすくなり美味しくいただくことができます。寒い夜に飛鳥鍋を召し上がってみてはいかがでしょうか。温まりますよ!
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





冬の定番コーンポタージュ! ところで「ポタージュ」ってどんな意味?


スープ




こんにちは
冬といえば、アレですよね。
そう、コーンポタージュ!冬の定番ですね。缶に入った物を飲む方も多いと思います。
でも少し気になるのが「ポタージュ」。
ポタージュってどんな意味? スープとは違うの?
そこで今日は『ポタージュ』についてお話をしたいと思います。


ポタージュ


ポタージュ



 ポタージュはフランス語で、フランス料理の世界では洗練されたスープ全般を表す言葉です。


 ポタージュの語源はフランス語で「Potage」と書きますが、これはラテン語で飲むことを意味する「Po」と、フランス語で壺や鍋を示す「pot」と、それに「収集する」などを意味する「age」の組み合わせで、「Potage」という言葉が生まれました。


 ポタージュは、「鍋にで煮込んだもの」を意味するので、フランスではコンソメやヴィシソワーズ、ブイヤベース、ポトフなども全て「ポタージュ」に分類されます。


 そんな訳で、「ポタージュ=スープ」ということになります。ポタージュもスープも同じなんですね。


 余談ですが、日本ではトロミのがあるものはポタージュ、澄んだものはコンソメという意味で使い分けていますが、「ポタージュスープをお願いします。」というと「スープスープをお願いします。」となるので注意しましょう。



「ポタージュ=スープ」ならどうして呼び方が異なるの?


スープ


 ポタージュはフランス語で、スープは英語だからなんです。イギリスでは、もともとスープとポタージュの区別がはっきりされていませんでした。しかし15世紀頃のイギリスでトロミのある汁をポタージュと呼ぶようになり、それがフランスにも伝わったのですが、フランスでは総称としてポタージュと呼ぶようになったそうです。


 そういえば、ポタージはトロミが特徴的なお料理で、スープは具よりも汁が多いお料理でしたよね。



簡単コーンポタージュ


コーンポタージュ


用意するもの(4人分)



作り方

  1. 玉ねぎをみじん切りにします。

  2. 鍋にバターを溶かし、玉ねぎを透き通るまで弱火で炒めます。

  3. 炒め終わったら、いったん火からおろし、薄力粉を加えて混ぜ、再び弱火にかけて、もう一度ひと炒めします。

  4. 鍋にコーン・水・コンソメを加えて混ぜ、煮立ったら混ぜながら、 弱火で15分ほどトロミが出るまで煮詰めます。

  5. 牛乳を加えて、こしょうで味を調えます。

  6. 器に盛り、クルトンをのせて完成です。



今日の最後に

 ポタージュは、スープ全般を表す言葉です。トロミのついたコーンポタージュも、澄んだコンソメスープも、パンが浸してあるオニオングラタンスープも全てポタージュの一種になります。スープとの違いは、一般的にはトロミの有無で分けています。


 寒い日にはポタージュで温まってみてはいかがでしょうか。そうそう、コーンポタージュって海外ではメジャーなお料理ではないそうです。美味しいのになぁ。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





冬の旬! 苺の旬は冬?


フルーツ




こんにちは
冬のフルーツって少ないですよね。代表的ものは柑橘類くらいですね。
ところで、苺ってこの時期になると見かけることが多くなるのは何故かなのでしょうか。苺は暖かい季節に実をつけますよね…。
そこで今日は『冬の苺』についてお話をしたいと思います。


苺(イチゴ)


冬の苺



 甘くて美味しい苺は、みなさんご存知のとおり野菜の仲間です。スイカやメロンと同様に草本性として分類されています。人間との関わり合いは古く、石器時代には野生の苺を食用としていました。実をだけではなく、葉や茎、根に至るまで食べていたそうです。栽培がはじまったのは17世紀の頃といわれています。自然に生えている小粒の苺を畑で育てていました。


オランダ


 現在のような苺は、18世紀にオランダで南アメリカ原産のチリ種と、北アメリカ原産のバージニア種とを交配されて生まれました。その後、江戸時代末期にオランダ船によって日本へも持ち込まました。このときに、 オランダ人が日本に持ち込んだため、オランダ苺と呼ばれるようになりました。ちなみに、「野苺」といわれるものは日本にも古くからあります。


 日本で栽培が始められたのは明治5年、このときは定着しなかったそうです。その後明治32年頃に、フランスの品種が導入されたことで本格的に栽培が行われるようになりました。そして数多くの品種が生まれ現在でも次々と新しい品種が登場しています。日本には250種類もあるそうですよ。



苺の旬は冬?


苺の旬


 苺は本来、4~5月に旬をむかえ最も甘くなります。


 では何故、苺は冬に出回るのでしょうか。


 クリスマスやお正月など年末年始のイベントが大きく関わっていることは事実です。これによりビニールハウスや大型暖房機と使い春のように暖かい環境を作り生産を高めているから出荷が多くなるのです。


 その一方で…。

 苺は実が膨らみ収穫されるまでの間が長いほど甘くなる植物なんです。寒い時期は実を太らせるのに時間がかかります。しかしこの間に、しっかりと養分を蓄積されることにもなるため糖度が増します。
 そのため糖度の高い苺は需要が高まり生産も多くなります。苺の旬は冬なので多く出回るという訳でです。これが一番の理由になります。


 反対に暖かくなれば多くの実に養分を使われてしまうので、糖度は低くなりますね。



今日の最後に

 苺が冬に多く出回る理由は、一年で最も甘くなるからです。イベントで需要が高まることは事実ですが、旬の時期だからこそ多く出回ります。冬こそビタミン!苺はビタミンが豊富なので召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





1月20日は大寒! 大寒卵で一年を健康に過ごしましょう


大寒




こんにちは
すごく寒いと思っていたら、大寒だそうです。一年で一番寒くなる時期にあたるので寒いはずですよね。
ところで、大寒はお酒や味噌、醤油などを仕込むのに適した時期だといわれていますが、その他にも何かあるのでしょうか。
そこで今日は『大寒』についてお話をしたいと思います。


1月20日大寒


大寒



 大寒だいかんは、二十四節気の24番目にあたり、一年中で最も寒い時期という意味です。1月20日頃に始り、立春(2月4日頃)の前日までの約15日間が「大寒の期間」になります。日付としていうと1月20日頃が大寒になります。ちなみに、大寒の日付は年により1月19日や21日になることもあるそうですが、2052年までは1月20日から変動しないそうですよ。


 ※二十四節気とは、1年を約15日間ごとに24に分けたものです。「小寒大寒立春」と変わります。


 また、寒さが増すこの時期は、寒中見舞いを出す期間でもあります。小寒~立春までを「寒」といい、寒の時期に出す挨拶状は、寒中見舞いになります。1月8日~2月4日に相手に届くように出しましょう。2月4日からは「余寒見舞い」になりますよ。



大寒に旬な食べ物


大寒卵


 大寒の時期にはキンカン・小松菜・水菜・鶏卵・ワカサギなどが旬をむかえます。野菜や魚は理解できると思いますが、ここで卵が出てくるのは意外だと思いませんか。


 この鶏卵は縁起を担ぐ意味で食べると良いとされています。大寒の日に産まれた卵のことを「大寒の卵」といって、古くから金運や健康運を呼び込む食べ物とされています。


 もともと、この時期の卵は滋養のために食べていたそうです。昔の人は寒さのために産卵数が減った卵には滋養分がたっぷり含まれていると考え、この時期の卵を食べると健康に暮らせると願い食べていました。この風習が残り食べるようになったそうです。実際に、大寒の卵は栄養が多いといわれています。



 1月20日に産まれた卵が「大寒卵」です。健康や金運アップに是非!


 でも、1月20日に産まれて卵なんて店頭では分かりませんよね。どうしても欲しいなら養鶏場で買うしかなさそうです。


 金運アップはさておき、寒中に産んだ卵なら栄養が凝縮されていることは事実ですよ。寒の入り(小寒)から立春の前日までに産まれた卵は「寒卵」と呼ばれ栄養が豊富なのでお勧めします。



二十日正月

 大寒の1月20日は、 年神様がお帰りになる日で「二十日正月」といいます。


 小正月に飾った餅花などを片付けたり、お正月のごちそうを食べ納める日なんですよ。関西では、お正月のブリの頭や骨を、大根・大豆・昆布・ごぼう酒粕などと一緒に煮込んで食べるそうです。このことから「骨正月(ほねしょうがつ)」とも呼ばれています。


 また、二十日正月は「麦正月」といって麦飯を食べる風習があります。その昔は麦飯だけを食べていたようですが、だんだんと麦飯にトロロ汁をかけて食べるようになったそうです。麦飯には、お米以外の作物への豊穣を祈る意味があります。


 残ったお餅やお正月の料理がありましたら、この日に食べ尽くしてお正月を締めくくってくださいね。



今日の最後に

 1月20日大寒です。 一年で最も寒くなる時期になります。そしてこの日に産まれた卵は「大寒卵」といい、栄養が豊富なため食べると健康に暮らせるといわれています。また、風水では大寒卵を食べると金運や健康運に恵まれるとされています。大寒卵は手に入ったら食べてみてくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net