シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

冬の定番コーンポタージュ! ところで「ポタージュ」ってどんな意味?


スープ




こんにちは
冬といえば、アレですよね。
そう、コーンポタージュ!冬の定番ですね。缶に入った物を飲む方も多いと思います。
でも少し気になるのが「ポタージュ」。
ポタージュってどんな意味? スープとは違うの?
そこで今日は『ポタージュ』についてお話をしたいと思います。


ポタージュ


ポタージュ



 ポタージュはフランス語で、フランス料理の世界では洗練されたスープ全般を表す言葉です。


 ポタージュの語源はフランス語で「Potage」と書きますが、これはラテン語で飲むことを意味する「Po」と、フランス語で壺や鍋を示す「pot」と、それに「収集する」などを意味する「age」の組み合わせで、「Potage」という言葉が生まれました。


 ポタージュは、「鍋にで煮込んだもの」を意味するので、フランスではコンソメやヴィシソワーズ、ブイヤベース、ポトフなども全て「ポタージュ」に分類されます。


 そんな訳で、「ポタージュ=スープ」ということになります。ポタージュもスープも同じなんですね。


 余談ですが、日本ではトロミのがあるものはポタージュ、澄んだものはコンソメという意味で使い分けていますが、「ポタージュスープをお願いします。」というと「スープスープをお願いします。」となるので注意しましょう。



「ポタージュ=スープ」ならどうして呼び方が異なるの?


スープ


 ポタージュはフランス語で、スープは英語だからなんです。イギリスでは、もともとスープとポタージュの区別がはっきりされていませんでした。しかし15世紀頃のイギリスでトロミのある汁をポタージュと呼ぶようになり、それがフランスにも伝わったのですが、フランスでは総称としてポタージュと呼ぶようになったそうです。


 そういえば、ポタージはトロミが特徴的なお料理で、スープは具よりも汁が多いお料理でしたよね。



簡単コーンポタージュ


コーンポタージュ


用意するもの(4人分)



作り方

  1. 玉ねぎをみじん切りにします。

  2. 鍋にバターを溶かし、玉ねぎを透き通るまで弱火で炒めます。

  3. 炒め終わったら、いったん火からおろし、薄力粉を加えて混ぜ、再び弱火にかけて、もう一度ひと炒めします。

  4. 鍋にコーン・水・コンソメを加えて混ぜ、煮立ったら混ぜながら、 弱火で15分ほどトロミが出るまで煮詰めます。

  5. 牛乳を加えて、こしょうで味を調えます。

  6. 器に盛り、クルトンをのせて完成です。



今日の最後に

 ポタージュは、スープ全般を表す言葉です。トロミのついたコーンポタージュも、澄んだコンソメスープも、パンが浸してあるオニオングラタンスープも全てポタージュの一種になります。スープとの違いは、一般的にはトロミの有無で分けています。


 寒い日にはポタージュで温まってみてはいかがでしょうか。そうそう、コーンポタージュって海外ではメジャーなお料理ではないそうです。美味しいのになぁ。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





冬の旬! 苺の旬は冬?


フルーツ




こんにちは
冬のフルーツって少ないですよね。代表的ものは柑橘類くらいですね。
ところで、苺ってこの時期になると見かけることが多くなるのは何故かなのでしょうか。苺は暖かい季節に実をつけますよね…。
そこで今日は『冬の苺』についてお話をしたいと思います。


苺(イチゴ)


冬の苺



 甘くて美味しい苺は、みなさんご存知のとおり野菜の仲間です。スイカやメロンと同様に草本性として分類されています。人間との関わり合いは古く、石器時代には野生の苺を食用としていました。実をだけではなく、葉や茎、根に至るまで食べていたそうです。栽培がはじまったのは17世紀の頃といわれています。自然に生えている小粒の苺を畑で育てていました。


オランダ


 現在のような苺は、18世紀にオランダで南アメリカ原産のチリ種と、北アメリカ原産のバージニア種とを交配されて生まれました。その後、江戸時代末期にオランダ船によって日本へも持ち込まました。このときに、 オランダ人が日本に持ち込んだため、オランダ苺と呼ばれるようになりました。ちなみに、「野苺」といわれるものは日本にも古くからあります。


 日本で栽培が始められたのは明治5年、このときは定着しなかったそうです。その後明治32年頃に、フランスの品種が導入されたことで本格的に栽培が行われるようになりました。そして数多くの品種が生まれ現在でも次々と新しい品種が登場しています。日本には250種類もあるそうですよ。



苺の旬は冬?


苺の旬


 苺は本来、4~5月に旬をむかえ最も甘くなります。


 では何故、苺は冬に出回るのでしょうか。


 クリスマスやお正月など年末年始のイベントが大きく関わっていることは事実です。これによりビニールハウスや大型暖房機と使い春のように暖かい環境を作り生産を高めているから出荷が多くなるのです。


 その一方で…。

 苺は実が膨らみ収穫されるまでの間が長いほど甘くなる植物なんです。寒い時期は実を太らせるのに時間がかかります。しかしこの間に、しっかりと養分を蓄積されることにもなるため糖度が増します。
 そのため糖度の高い苺は需要が高まり生産も多くなります。苺の旬は冬なので多く出回るという訳でです。これが一番の理由になります。


 反対に暖かくなれば多くの実に養分を使われてしまうので、糖度は低くなりますね。



今日の最後に

 苺が冬に多く出回る理由は、一年で最も甘くなるからです。イベントで需要が高まることは事実ですが、旬の時期だからこそ多く出回ります。冬こそビタミン!苺はビタミンが豊富なので召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





1月20日は大寒! 大寒卵で一年を健康に過ごしましょう


大寒




こんにちは
すごく寒いと思っていたら、大寒だそうです。一年で一番寒くなる時期にあたるので寒いはずですよね。
ところで、大寒はお酒や味噌、醤油などを仕込むのに適した時期だといわれていますが、その他にも何かあるのでしょうか。
そこで今日は『大寒』についてお話をしたいと思います。


1月20日大寒


大寒



 大寒だいかんは、二十四節気の24番目にあたり、一年中で最も寒い時期という意味です。1月20日頃に始り、立春(2月4日頃)の前日までの約15日間が「大寒の期間」になります。日付としていうと1月20日頃が大寒になります。ちなみに、大寒の日付は年により1月19日や21日になることもあるそうですが、2052年までは1月20日から変動しないそうですよ。


 ※二十四節気とは、1年を約15日間ごとに24に分けたものです。「小寒大寒立春」と変わります。


 また、寒さが増すこの時期は、寒中見舞いを出す期間でもあります。小寒~立春までを「寒」といい、寒の時期に出す挨拶状は、寒中見舞いになります。1月8日~2月4日に相手に届くように出しましょう。2月4日からは「余寒見舞い」になりますよ。



大寒に旬な食べ物


大寒卵


 大寒の時期にはキンカン・小松菜・水菜・鶏卵・ワカサギなどが旬をむかえます。野菜や魚は理解できると思いますが、ここで卵が出てくるのは意外だと思いませんか。


 この鶏卵は縁起を担ぐ意味で食べると良いとされています。大寒の日に産まれた卵のことを「大寒の卵」といって、古くから金運や健康運を呼び込む食べ物とされています。


 もともと、この時期の卵は滋養のために食べていたそうです。昔の人は寒さのために産卵数が減った卵には滋養分がたっぷり含まれていると考え、この時期の卵を食べると健康に暮らせると願い食べていました。この風習が残り食べるようになったそうです。実際に、大寒の卵は栄養が多いといわれています。



 1月20日に産まれた卵が「大寒卵」です。健康や金運アップに是非!


 でも、1月20日に産まれて卵なんて店頭では分かりませんよね。どうしても欲しいなら養鶏場で買うしかなさそうです。


 金運アップはさておき、寒中に産んだ卵なら栄養が凝縮されていることは事実ですよ。寒の入り(小寒)から立春の前日までに産まれた卵は「寒卵」と呼ばれ栄養が豊富なのでお勧めします。



二十日正月

 大寒の1月20日は、 年神様がお帰りになる日で「二十日正月」といいます。


 小正月に飾った餅花などを片付けたり、お正月のごちそうを食べ納める日なんですよ。関西では、お正月のブリの頭や骨を、大根・大豆・昆布・ごぼう酒粕などと一緒に煮込んで食べるそうです。このことから「骨正月(ほねしょうがつ)」とも呼ばれています。


 また、二十日正月は「麦正月」といって麦飯を食べる風習があります。その昔は麦飯だけを食べていたようですが、だんだんと麦飯にトロロ汁をかけて食べるようになったそうです。麦飯には、お米以外の作物への豊穣を祈る意味があります。


 残ったお餅やお正月の料理がありましたら、この日に食べ尽くしてお正月を締めくくってくださいね。



今日の最後に

 1月20日大寒です。 一年で最も寒くなる時期になります。そしてこの日に産まれた卵は「大寒卵」といい、栄養が豊富なため食べると健康に暮らせるといわれています。また、風水では大寒卵を食べると金運や健康運に恵まれるとされています。大寒卵は手に入ったら食べてみてくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





冬に食べたい三平汁! 石狩鍋との違いはなに?


スポンサーリンク


冬の料理




こんにちは
寒い日が続くこの時期は、温かい汁物がいいですよね。アツアツで具だくさんの汁物、食べたいですね。
そんな温かい汁物に「三平汁」ってありますよね。鮭などの魚を使ったお料理です。
そして似たようなお料理に石狩鍋がありますが、三平汁とは何が違うのでしょうか。
そこで今日は『三平汁』についてお話をしたいと思います。


三平汁


三平汁



 三平汁は、保存のために塩漬けや糠漬けにした保存食の魚と根菜類を煮込んだ北海道の郷土料理です。魚は、鮭やタラ、ニシンやホッケなどを使い、野菜は大根やジャガイモなどを使います。 魚についている味つけだけで食べます。


 三平汁が誕生したのは江戸時代のことです。当時は、ニシンやハタハタ、タラやカレイなどを、内臓ごと塩漬けにして、そこから出る魚汁で野菜を煮込んだお料理だったそうです。当然のことですが、強烈な臭いだったようですよ。強烈な臭いだったこともあり、次第に内臓は使わなくなったということです。


 現在の三平汁は、塩漬けや糠漬けの魚だけではなく、季節に応じた魚が使われたり、塩味にとどまらず味噌味や酒粕も使われているそうです。



三平汁というネーミング


松前城


 「三平汁」と、少し変わったネーミングですが、この名前には諸説あるそうです。


 松前藩武田信広が1454年(享徳3年) に蝦夷地 ( 北海道 ) に向かう途中で嵐にあい奥尻島に漂着しました。その際に、「 斉藤三平 ( さいとうさんぺい 」 という漁夫が、塩蔵したニシンと野菜を煮込んだ汁物を作りもてなしてくれました。この斉藤三平の名前をとって 「 三平汁 」 と呼ぶようになりました。


 また、南部藩士(青森県南部、岩手県北・中部などの地域名)であった 「 斉藤三平 」 が蝦夷地の開拓に渡りました。そして、本州から海を超えてやってきた人たちに対し奥尻島で振舞った汁が評判となり、この藩士の名前をとって「三平汁」と名付けられました。


 その他にも、秋田名物の 「 しょっつる汁 」 をお手本として作った汁物がありました。このお料理で松前藩の藩主をもてなした武士の名が 「 斉藤三平 」だったことから名付けられた説などもあります。


 諸説ありますが、全てにおいて「斉藤三平」という名前が関わっています。名前の由来は、この方にあることは間違いなさそうです。


 ところで、似たようなお料理の「石狩鍋」との違いは何でしょうか。両者はすごく似通ったお料理ですよね。



三平汁と石狩鍋  

 先ほどもお伝えしたように「三平汁」は、サケやタラ、ニシンやホッケなどの魚を塩漬けや糠漬けにしたものを使い、味は魚の味付けだけになります。


 一方、「石狩鍋」は生鮭を使い、味付けは味噌味になります。そして、最後に粉山椒をふって食べます。


 もうお気付きですね。「加工した魚」と「生の魚」ここが大きな違いになります。さらに味付けも、その一つになりますね。



三平汁を作ろう


三平汁
出典:marukome.co.jp/


用意するもの(4人分)

  • 塩鮭 4切れ(400g)

  • 大根 80g
    にんじん 1/2本

  • ジャガイモ 2~3個

  • 長ねぎ 1本

  • 昆布 8cm角

  • 水 800㏄

  • 酒 大さじ2

  • 塩  少々



作り方

  1. 鍋に水を入れ、昆布を10~20分ほど浸けます。

  2. 大根、にんじんはいちょう切りにして、ジャガイモは一口大に切り、長ねぎは斜めうす切りにします。

  3. 塩鮭は一口大に切り、サッと湯通しします。

  4. 昆布を入れた鍋に大根、にんじん、ジャガイモを入れて中火にかけ、沸騰する直前に昆布を取り出します。

  5. 沸騰したら酒と鮭を加えて蓋をして、ジャガイモがやわらかくなるまで煮ます。

  6. 火が通ったら長ねぎを加えてひと煮し、塩(醤油可)で味を調え完成です。


 鮭の塩分で味が変わりますので、必ず味見をしながら行ってください。



今日の最後に

 三平汁は、塩漬けや糠漬けにした魚を使った郷土料理です。似たお料理の石狩鍋との違いは、加工した魚を使う三平汁で、生の鮭を使うお料理が石狩鍋になります。似たようなお料理でも大きな違いになりますね。


 三平汁の具材はスーパーで入手可能なものばかりです。寒い日に三平汁を食べて温まってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





冬の丑の日も鰻で決まり!


スポンサーリンク


冬の食材




こんにちは
1月も早いもので半分過ぎてしまいました。まだまだ厳しい寒さが続くので、しっかりと栄養を摂ってお体を大事にしてください。
ところで、栄養といえば冬にも丑の日があるそうです。冬に丑の日なんてイメージがわきませんが、何か美味しいものでもあるのでしょうか。やっぱり鰻なのでしょうか。
そこで今日は『冬の丑の日』についてお話をしたいと思います。



冬の丑の日


土用の丑の日



 丑の日いえば夏の土用の丑の日ですが、土用は各季節に年4回の土用があります。立春立夏立秋立冬の以前の18日~19日間が、土用の期間にあたります。


 これは、古代中国から伝わる自然哲学の思想、「五行説」が関係しているそうです。


五行説

 五行説では、四季節に「木」「火」「土」「金」「水」を当てはめています。春は「木」、夏は「火」、秋は「金」、冬は「水」となります。ここで「土」が残ってしまいますが、「土」は各季節の変わり目である立春立夏立秋立冬の「四立」前の約18日間に当てはめられます。この「土」に当たる期間を「土用」というのです。



土用の目安

  • 冬の土用  1月17日頃から

  • 春の土用  4月17日頃から

  • 夏の土用  7月20日頃から

  • 秋の土用 10月20日頃から



 ということで、節目に当たる「季節の終わり」から「次の季節が始まるまで」の期間が土用ということになりますね。


じゃあ、丑の日って何?



丑の日

 丑の日は、子(ねずみ)丑(うし)寅(とら)卯(うさぎ)辰(たつ)巳(へび)午(うま)未(ひつじ)申(さる)酉(とり)戌(いぬ)亥(いのしし)といった干支を、年だけではなく、日にもあてはめたものです。 なので「丑の日」とは、「丑」の干支があてはまる日のことをさします。干支は12種類の動物が存在するため、12日ごとに「丑の日」がまわってくることになりますね。


 上記のことから、「土用」の期間中の「丑の日」を、「土用丑の日」と呼ぶようになりました。


 ちなみに、冬の土用の期間は 1月17日頃から約18日間です。冬の丑の日は邪気を払う縁起物の「赤」をそろえると縁起が良いそうですよ。



冬の丑の日は鰻


丑の日


 冬の丑の日もやっぱり鰻になりますが、天然ものは初冬までなので養殖の鰻になります。養殖ものは管理されたものなので一年中一定の味が楽しめますよ。冬も鰻で決まりですね。


 鰻は苦手という方は、「う」の付く食べ物をどうぞ。牛(牛肉)、うどん、梅干し、瓜などがありますよ。その他にも、土用の入りの日につかれる餡子を包んだ土用餅もあります。



「ひ」の付く食べ物

 実は冬の土用には、未の日に「ひ」の付く食べ物や、赤い食べ物を食べると良いといわれています。


「ひ」のつく食べ物


「赤い」食べ物

  • トマト

  • いちご

  • 赤かぶ

  • ラズベリー

  • リンゴ

  • 唐辛子

  • マグロ

  • エビ

  • カニ

  • タラコなど


 というわけで、冬の土用は未の日に「ひ」の付く食べ物を是非!


 日付は、2021年の1月23日が未の日です。



今日の最後に

 冬の土用は、1月17日頃からになります。丑の日には鰻などの「う」の付く食べ物を食べると良いといわれています。冬の時期で鰻以外なら、牛肉メインの鍋物などはいかがでしょうか。牛肉のタンパク質や脂質を摂取して免疫力をあげる意味でもお勧めです。シメはうどんで決まりですね。


 2021年、冬の土用の丑の日は、1月17日・1月29日です。
「う」の付く食べ物を食べて、寒さに負けないようにしましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net