シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

お盆の飾り! キュウリとナスを使う理由




夏野菜




こんにちは
夏真っ盛りで暑いですが、もうすぐお盆ですね。お盆といえば、キュウリとナスです。
「キュウリとナス?」 と思われるかもしれませんが、キュウリとナスはお盆に欠かせないお飾りですよね。
ところで、あのお飾りはどうしてキュウリとナスなのでしょうか。食べ物を使わなくてもいいと思いますが。
そこで今日は『お盆の精霊馬』についてお話をしたいと思います。

キュウリとナス




精霊馬と精霊牛

 お盆に使われるお飾りの名前は「精霊馬(しょうりょううま)」と「精霊牛(しょうりょううし)」といいます。キュウリとナスを用いて、馬や牛型の人形を作り、キュウリを馬、ナスを牛に見立てています。「牛馬」と呼ばれることもあります。ご先祖様はこれに乗って家族の元に帰ってきます。


 どうして馬と牛なのかは、馬は足がはやいので、少しでもはやく家族の元へ帰れるようにと願いを込めて。


 牛は少しでもこの世に長く滞在してもらうようにの願いがあります。また、たくさん荷物を運べるので、お土産をたくさん持ち帰れるようにの願いもあります。


 このような願いから馬と牛の人形を飾ります。ただし、地域によっては反対になるところもあり、行きが牛、帰りが馬としている地域もあります。


 作り方も地域よって違いがありますが、キュウリやナスに麻幹(おがら)や割り箸、爪楊枝などを足代わりに突き刺して四本足に仕上げるのが一般的な作り方になります。



どうしてキュウリとナスを使うの?

 今回の謎、どうしてキュウリとナスなのか。


 このナスとキュウリについては、はっきりとした答えはないそうです。


 もともとは、平安時代頃に貴族の間で行われるようになり、当時は麦わらや瓢を用いて馬と牛を作っていました。江戸時代に入り旬の美味しいものをお供えするという意味で、ナスとキュウリをそのままお供えしました。


 野菜を使う理由は、お盆は先祖の霊をお迎えする法事です。お供え物も仏教に沿う必要があるので、お供え物の基本となる五供のうちから選ぶ必要があります。キュウリとナスは野菜なので、宗教の心配はなくなります。(仏教において「香」「花」「灯明」「水」「飲食」が基本のお供え物といわれ「五供(ごくう)」と呼ばれています)


 キュウリとナスはお盆の時期に採れる野菜です。旧暦のお盆時期の7月は農業の最盛期で、収穫を感謝するという意味でもキュウリとナスが選ばれたと考えられます。


 このような理由から、キュウリとナスをお供えすることが定着したと思われます。また、沖縄ではサトウキビをお供え物に用いるので地域によって異なります。



「精霊馬」と「精霊牛」の作り方


精霊馬と精霊牛


 「精霊馬」と「精霊牛」は 一般的には、お盆と呼ばれる「8月13日∼8月16日」の4日間に飾るものとされています。ご先祖様をお迎えするお飾りなので心を込めて作りましょう。


用意するもの

  • キュウリ 1本

  • ナス 1個

  • 割り箸(爪楊枝や竹串でも可)


作り方

  1. 割り箸1本を四等分にします。( 爪楊枝を使う場合は、8本用意してそのまま使う)

  2. ヘタの方を頭に見据えて、四等分にした割り箸もしくは爪楊枝をお腹にあたる部分に4本刺すます。

  3. 完成です。


 足の長さを見ながら割り箸もしくは爪楊枝の長さを調整すると、バランスの良い「精霊馬」と「精霊牛」を作ることができますよ。 


処分の方法

  • 16日のお送りの日に他のお供え物と一緒に送り火で燃やす

  • 16日のお送りの日に精霊流しとして川や海に流す

  • 土に埋める

  • お寺に処分してもらう

  • 半紙など白い紙で包み、塩で清めて処分する



今日の最後に

 どうしてキュウリとナスを使うのかに関しては明確な答えはありませんでした。宗教上の理由を考慮する野菜を使ったと考えられます。


 お盆は13日の夜にご先祖様がやってきて、16日の明け方にお帰りになります。精霊馬と精霊牛は13日の午前中に精霊棚の正面から向かって右側に飾りましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


夏野菜!「ズイキ」はどんな食べもの?


ズイキ





こんにちは
毎日、暑いですね。
ところで「ズイキ」という食材をご存知でしょうか。あまり聞き慣れない食材なので、今回とり上げてみたいと思います。
そこで今日は『ズイキ』についてお話をしたいと思います。


ズイキ




ズイキとは

 ズイキと言われても分からないかもしれませんが、ズイキ(芋茎)はサトイモやハスイモなどの葉柄(ようへい)の総称です。


 葉柄とは、葉を支える柄の部分です。葉の一部が変化したもので、茎ではありませんが似た感じのものです。



赤ズイキ

 ズイキは、大きく分けると3種類あり、ヤツガシラなどの赤い茎は赤ズイキ、ヤツガシラなどを軟白栽培した白ズイキ(白ダツ)、ハスイモの茎である青ズイキに分けられます。一般的には赤ズイキが広く周知されています。


 そして、収穫後に乾燥させたものが「芋がら(いもがら)」または「干しずいき」になります。 ちなみに、私は芋がらと言われて何か理解できました。



名前の由来

 少し変わった名前のズイキですがこの名前の由来は2つの説があります。


  1. 芋の中心から出た茎ということで「髄茎(ずいき)」と呼んだ説。

  2. 南北朝時代臨済宗の禅僧「夢窓国師漱石」の詩、「いもの葉に置く白露のたまらぬはこれや随喜の涙なるらん」に由来する説があります。



ズイキの栄養

 ズイキの栄養に関してはカリウム・カルシウム・鉄分・食物繊維が豊富に含まれています。古くは、「昔は出産後の女性に食べさせると体力の回復が早い」、「古血を洗う」などその栄養効果に期待されていました。このような効能を持つズイキですが、食べるときには一手間かける必要があります。



ズイキのアク抜き

 生のズイキは強いアクがあるので、アクを抜くことが必要になります。ではアク抜きのやり方を説明します。


用意するもの

  • ズイキ



やり方

  1. 酢水を用意します。(酢は適量)

  2. ズイキを水洗いします。

  3. 手で外側の皮を剥く。(残ったらピーラーを使う)

  4. 食べやすい長さにカットします。

  5. カットしたらすぐに酢水に浸けます。(すぐに変色する)

  6. 水に10分程浸けます。

  7. 浸けていた酢水を捨てて、鍋に新しい酢水を入れてます。(2リットルの水に対し、1/4カップの酢)

  8. 10分程、茹でます。 (食べてみてエグミを感じなければOK)

  9. ザルに上げて、水洗いします。

  10. 手で握って水気を絞ります。

  11. アク抜き完了です。



 8で味見をしてみてエグミがあるようなら、もう一度酢水で茹で直しになります。すぐに食べない場合は、タッパーに入れて冷凍保存してください。1~2日保存できます。


 また、酢水に浸けて冷蔵保存すれば、1週間くらいは日持ちします。


 長期保存なら冷凍保存。水を切った状態で冷凍保存してください。


 ちなみに、干したもの(芋がら)は、表面の汚れを洗い、一晩水に浸けて戻します。戻したら熱湯に酢を加え10分程度茹でてから水洗いし、水気を絞れば使えます。



今日の最後に

 ズイキ(芋茎)は、サトイモやハスイモなどの葉柄(ようへい)のことを総称してズイキと呼びます。食べ方は、外皮を剥き茹でてから、和え物や煮物、汁物など幅広いお料理に使えます。


 ズイキの旬は、9月ごろまでです。食物繊維が多いのですが鉄・カリウム・カルシウムなどの栄養素も含まれているため、血液の循環を良くする効能があります。タンパク質を含むものと合わせれば夏にピッタリな食材になります。生のものは9月までになりますので、美味しいときに召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net



スポンサーリンク


夏の果実! 「幸水梨」はどのくらい日持ちするの? 


梨の花





こんにちは
日本の梨の代表的品種の「幸水梨」。甘く水分が多くて美味しいですよね。
ところで、幸水梨は日持ちしないと言われていますが、どのくらい保存できるのでしょうか。長持ちさせる保存方法も知りたいところです。
そこで今日は『幸水梨』についてお話をしたいと思います。


幸水梨




幸水梨の保存

 梨は、日本の果実のなかでも歴史が古く、弥生時代には食べていたそうで、江戸時代には多くの品種が栽培されていたという記述が残っています。


 梨は大きく分けて和梨洋梨、中国梨の3つに分類されます。国産の梨で一般的には「赤梨系」と「青梨系」に分かれて、 今回ご紹介する幸水梨は赤梨の代表的品種です。赤梨には「幸水」「豊水」「新興」「新高」「あきづき」「南水」などがあります。


 幸水梨は、果樹研究所で「早生幸蔵」と「菊水」を交配させて生まれ、1959年(昭和34年)に命名・登録されました。名前の由来は、早生幸蔵の「幸」と菊水の「水」をとって付けられたそうです。


 幸水は、果皮が緑色に薄い茶色が混じるような色で、形は少し扁平気味の球形でお尻が深くくぼんでいるのが特長です。食感はやわらかく、甘味が強い果汁も特徴の一つです。



幸水梨の日持ち

 では本題の幸水梨の日持ちについてですが、夏に出荷される幸水梨は、日持ちが良いとは言えません。


 これは幸水梨や季節に限ったことではありませんが、収穫された梨は自らの糖分や水分を使って呼吸するようになるので、収穫後は日に日に品質が落ちてしまいます。収穫後も生きているので、日持ちが悪くなります。


 日持ちが悪い幸水梨をできるだけ長く保存するにはどうしたら良いのか、それはやっぱり高温の場所は避けて冷暗所での保存が一番なんです。洋梨と違い、日本の梨は追熟しないので冷蔵庫での保存をお勧めします。



幸水梨の冷蔵保存

やり方

  1. 乾燥に弱いのでひとつずつラップや新聞紙に包みます。

  2. チャック付きの袋などの密閉できる袋に入れる。

  3. ヘタの部分を下にして、空気を抜いて口を閉じる。

  4. 冷蔵庫の野菜室で保存します。


 ヘタの部分を下に向ける理由は、梨はヘタの部分から水分が抜けてしまう特徴があるからです。水分を維持させるために逆さまにします。また、梨はお尻の方が甘みが強いので、逆さまにすることで全体に甘みが均一になります。



幸水梨の保存期間(丸ごと)

  • 常温保存 3∼4日

  • 冷蔵保存(野菜室) 1週間∼10日


カットした幸水

  • 冷蔵保存 3~4日


冷凍保存方法

  1. 砂糖水や塩水にさらして酸化防止をしてラップで包みます。

  2. チャック付きの保存袋に入れて冷凍庫へ入れます。


 1ヶ月ほど保存可能です。食感が失われてしまうので、コンポートやシャーベットなどで召し上がってください。



今日の最後に

 幸水梨は収穫後も呼吸をしているため日持ちが悪くなります。常温保存では3~4日しか日持ちしません。保存するならなるべく冷蔵庫の野菜室での保存をお勧めします。


 幸水梨の旬は、8月から9月上旬になります。色が均一で皮にツヤがありキズがないもの、ヘタがピンと立ってずっしりと重量感があるものが美味しい幸水梨です。幸水梨に限らず梨は夏バテなど疲労回復に役立つアスパラギン酸を含んでいます。夏の水分補給に召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


野菜のささげを「大角豆」と書くのはどうして?


大角豆の話





こんにちは
暑い日が続きますね。暑いので食欲がなくなります。

話は変わりますが、「大角豆」ってご存知でしょうか。

その前に、この漢字が読めない…。「だいかくまめ」かな?

いったい、大角豆とはどんな豆なのでしょうか。

そこで今日は『大角豆』についてお話をしたいと思います。


ささげ




大角豆とは

 「大角豆という豆なんてあったかな?」と思い調べてみたらありました。


 漢字で「大角豆」と書いて、「ささげ」と読むそうです。


 ささげを、漢字で「大角豆」と書くことを初めて知りました。


大角豆(ささげ)




 ところで、この漢字はどうして大角なのでしょうか。ささげって、インゲンにそっくりな豆ですよね。


 大角にはどんな意味があるのでしょうか。


 ささげとは、アフリカ原産のマメ科に植物です。日本へは平安時代に中国を経て渡来し、栽培がはじまったそうです。主な生産地は関東以南の暖地で栽培されています。


 ささげは、小豆の代わりにお赤飯に使うところもあります。これは茹でても皮が真ん中が割れないので代わりに使います。この、真ん中が割れないことは武士の間で縁起が良いとされ好まれたようです。(真ん中が割れると、「腹切れ」→「切腹」を連想する)



漢字で大角豆と書く理由

 大角豆と書く理由については、豆の端が四角っぽい形をしていたことに由来して付けられたそうです。また、大角豆(ささぎ)地区が由来になったという説もあります。



ささげの由来

 「ささげ」という名前の由来は諸説あります。


  • 細い牙のような形を「細々牙(さいさいげ)」と呼んでいたものが、「ささげ」に変化した説。

  • 畑で実っている様子が、手に持ったものを捧げるときの姿に似ていたため「捧げる(ささげる)」が変化して「ささげ」となった説。


 他にも、「その昔は神様への捧げものだった」、などの説もあります。



「ささげ」と「小豆」の違い

 サヤ付きだとインゲンにそっくりで、豆のみだと小豆にそっくりな「ささげ」は、小豆とはどのような違いがあるのでしょうか。


 この2つは違う植物の豆なのですが、両者はササゲ属の植物なので、親戚のような感じなんです。栄養価は、「ささげ」は葉酸亜鉛マグネシウムが少し多くに含まれています。なので、両者の栄養に大きな差はありません。


 味の違いは、どちらにも違う風味、食感、味があります。ささげの方が小豆よりも少し固めの食感になります。


 煮たときの違いは、小豆は煮たときに中央部分から割れることが多く、ささげは火を通してもしっかりと形を保っています。なので、お赤飯や煮物にささげを使う理由はここです。


 ということで、見た目は似ていますが料理に使うと両者に差が出てきます。お料理によって使い分けてください。



今日の最後に

 漢字で大角豆と書く理由は、豆の端が四角い形をしているからです。また、大角豆(ささぎ)地区が由来している説も気になりますが、地元の方もはっきりとは分からないそうです。


 ささげの旬は9月くらいまでです。ささげはビタミンやミネラルが豊富で、夏にピッタリの食材です。和え物やサラダ、油との相性も良いので、旬の時期に召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


夏はやっぱり麦茶! ところで麦茶はお茶なの?


麦茶の話





こんにちは
暑い日が続きますね、しっかりと水分補給できていますか。
夏の水分補給といえば麦茶ですよね。冷えた麦茶は何よりも美味しいです。
ところで、麦茶ってどうして「茶」の字が付くのでしょうか。原料は大麦ですよね。
そこで今日は『麦茶』についてお話をしたいと思います。

麦茶はお茶?




麦茶はお茶?

 麦茶の原料である大麦は古くから栽培されていて、日本には縄文期の末期(約2500年前)に、栽培植物として伝播し、広く全国に広まったそうです。麦茶の起源は、平安時代に上流階級の間で流行した「麦湯」という飲み物にあります。



 麦湯は、炒って粉にする糒加工(ほしいかこう)したものをお湯の中に溶かした飲み物。平安初期に書かれた「和妙類聚抄」の中に、「米麦を乾かし、これを炒って粉にし、湯水に点じて服す。」との記述があります。また、麦を糒加工したものを「みづのこ」、「はったい」、「炒り粉」、「香煎」、「麦こがし」などと呼んでいたそうです。



 江戸時代の1697年(元禄10年)に出版された本朝食鑑に、「当今、生麦を香ばしく炒り、鮗ィ(むぎこがし)を磨き、篩にかけて粉末にし、夏月、冷水を飲むとき、これを加えて練って服用している。砂糖を和して食べることもある」と記されていることから、この時代に現在に近いものに変化したと考えられます。江戸時代末期になると、麦茶は、町人衆の気軽な飲み物になり、お茶がわりとして商品化され、現代の喫茶店のような「麦湯店」ができ一気に広まりました。


 明治時代になると一般家庭で大麦を炒って麦湯を作るようになり、家庭で作る飲み物へと姿を変えていきます。そして大きな変化が起こったのが昭和38年のことです。


 東京五輪の前年、高度成長期で一般家庭に冷蔵庫が普及していくなか、常陸屋本舗が大型コーヒー焙煎機を輸入し、初のティーバッグ麦茶を『江戸麦茶パック』と称して発売しました。さらに2年後の昭和40年には、石垣食品が水出し用のティーバッグ麦茶を発売され麦茶は日本の夏に欠かせない飲み物になりました。


 一般的に『麦茶』という呼称が浸透したのは、昭和40年(1965年)頃からです。なお、名称は太平洋戦争前は、東日本は「六条大麦を使用した麦湯」、西日本は「裸麦使用の麦茶」と呼んでいたそうです。



麦から作るのに「茶」の字が付くのはどうして?

 日本茶中国茶、紅茶はすべて「チャノキ」の葉から作ります。茶葉を使うことが日本の茶の定義であるのに「茶」を付けるのはヘンですよね。


 しかし、その答えは日本人の昔からの風習にあるようです。


 日本人は昔から、「お茶=植物の葉などを乾燥し、お湯で成分を浸出した飲み物」という考えをもっていて、この意味から麦茶も「お茶」という分類で使っています。他にも、ドクダミ茶や甘茶などがあります。


 ということで麦茶は「茶ではない、お茶」になります。



麦茶の効能

 「夏だから冷たい麦茶」だけではなく、夏に麦茶を飲む理由はちゃんとあります。麦茶には熱くなり過ぎた体を冷やす効果があり、麦茶を飲むと体温を下げて体のほてりを逃がす効果があります。加えて、カリウムなどのミネラルが含まれているため、汗で失われたミネラルを補給することができます。これは疲労回復や夏バテ予防にもなるということです。他にも多くの効能があります。



  • ほてった身体を冷やす

  • 血行を促進する

  • 抗酸化作用

  • 胃を守ってくれる

  • 発ガン性物質に対して効果がある

  • 虫歯を予防することが出来る

  • ノンカフェインだから安心して飲むことができる



今日の最後に

 麦茶に、茶の字が付いているのは日本人の風習だったようですね。そして夏に麦茶を飲む理由はしっかりした根拠があるからといえます。


 まだまだ暑い日は続きます。麦茶を飲んで夏バテしないように頑張りましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク