シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

サラダ油に「サラダ」と付けられている理由


サラダ油の起源




こんにちは
サラダ油を使っていて、こんなことが気になりませんか。
サラダ油の「サラダ」っていったい何。
サラダにはどのような意味があるのでしょうか。
そこで今日は『サラダ油』についてのお話をしたいと思います。

サラダ油





サラダ油

 はじめに答えからです。

サラダ油の「サラダ」とは、火を加えなくても生でも食べられる食用油と言う意味です。


 昔の日本では、食用油は主に揚げ物等に使っていました。一方、西洋では生野菜に塩や酢を加えた食用油をかけて食べていました。いわゆるドレッシングとして使われていました。欧米化が進む中で、当時の日本の油は、生食に向かない油だったようです。


 そこで西洋のように生食を目的として作られたのが、現在の「サラダ油」です。最初に開発されたのは大正13年1924年)、現在の日清オイリオから発売されました。油精製の度合いを高め、濁ったり固まったりしない、サラサラとした良質の油として開発されたのがこのサラダ油です。


 「サラダ油」と名乗るには日本農林規格JAS)に認定されなければなりません。油菜、ひまわり、トウモロコシなどの定められた材料を、JASに認定された工場で作ってようやく「サラダ油」を名乗ることができるのです。


  原材料は菜種、綿実、大豆、ごま、ひまわり、とうもろこし、紅花、ひまわり、米(米糠)、落花生などを使うと定められています。ただし、2種類以上の原料を混ぜたものは調合サラダ油と呼ばれ、「サラダ油」とは呼ばれないそうです。


 そして、JASの規定では低温で放置しても凝固や白濁などをしない、などの規定があります。サラダ油が凝固や白濁しない理由は、製造過程で長時間冷やし、これによって結晶化したものを取り除いてから出荷することで、低温でも固まらない油に仕上げています。


 このようなことを経て、サラダ油は作られています。「サラダ」は良質な証なんですよ。

 ちなみに、「油」の読み方については、「サラダあぶら」、「サラダゆ」、「サラダオイル」のどれも正しい呼び方です。



ちょっと雑談

お菓子のサラダ味は?

 お菓子に使われている「サラダ」、食べると塩味なのにどうしてサラダと表示されているのでしょうか。


 その答えは製造方法にあります。


 製造過程でサラダ油をかけ、そして塩味を付けるので、「サラダ味」と呼んでいます。「サラダ」とは「サラダ油」のことになります。


 では、どうして「サラダ」と名付けたのかですが、ただ「塩味」と表現するより西洋風に「サラダ味」とした方がオシャレだということで名付けられたそうです。


 「サラダ」と初めて名付けたのは、1961年 (昭和36年) に亀田製菓が発売したサラダ味「サラダホープ」からのようです。このお菓子の登場以降、お菓子業界では「サラダ油と塩」の組み合わせをサラダ味と読んでいるそうです。


 現在では塩味のみの味だけでなく、その名の通りサラダの味を再現した、サラダ味のお菓子も発売されていますね。



今日の最後に

 サラダ油の「サラダ」とは、火を加えてなくても使える精製した食用油のことです。ドレッシングに適した油なんですよ。とはいえ0℃を下回ると固まるので注意してください。
最後までお読みいただきありがとうございました。


www.raruka.net





キュウリの賞味期限はいつまで?


キュウリの賞味期限はいつまで?




 こんにちは

 普段何気なく使っているキュウリですが、賞味期限などはあまり表示されていません。いつまでなら食べることができるのか不安になりますよね。そしてどのような状態だと食べることができないのかも心配になります。そこで今日は『キュウリの賞味期限』についてのお話をしたいと思います。

キュウリの賞味期限




キュウリの賞味期限

 キュウリを常温で保存した場合は、3日くらい日持ちします。


 3日と言うのには条件があり20℃以下の温度だった場合に限られます。キュウリは水分量が多く傷みやすい野菜なので、本来は常温保存には向かない食材なんです。


 この反対に温度を下げると、今度は低温障害をおこしてしまいます。キュウリの低温障害は、スポンジのようにスカスカになった状態や、内部が赤または茶色っぽい状態のものをいいます。赤くなるのは中心部だけで、これはキュウリに含まれるポリフェノールという成分が酵素の働きにより、酸化することで生じる現象です。


 低温障害になってしまったキュウリは食べることは可能ですが、極端に味が落ちてしまうので炒めたり漬物にしか使えません。スカスカや赤または茶色い場合は食べないほうがいいと言えます。




キュウリが傷むとどうなるの?

 キュウリは腐敗すると次のような状態になります。

  • キュウリの内部が濃い赤や茶色になる。

  • 皮が溶けてぬめりがでる。

  • ブヨブヨして白い液体がでる。

  • カビが生える。

  • 異臭がする。


 このような状態は、低温障害とは違い、完全にアウトの状態です。期限に関わらず処分してください。
色の変化は低温障害と混同しやすいので、少しでも色が変わっていたら諦めて捨てたほうがいいでしょう。



キュウリの保存

 高温と低温が適さないと言うことが分かりました。では保存に最適な場合はどこなのでしょうか。


 キュウリにとっての適温は10~13度くらいの場所です。これを兼ね備えている場所はと言うと、冷蔵庫の野菜室なんです。よって保存場所に適している場所は野菜室になります。


 気になる期限ですが野菜室で保存した場合は、立てた状態だと1週間。袋のままキュウリを寝かせて保存した場合には、4日程度が期限になります。


 キュウリを立てて保存すると日持ちする理由は、縦に伸びるキュウリが育っているときと同じ環境にしてあげたからです。自然にきゅうりが育っていた状態と同じになり、自ら鮮度を保とうとするからです。保存するときは、野菜室を開け閉めするたびに立てたキュウリが倒れないように、深さのある容器に収納してあげましょう。


 なお、冬の時期であれば風通しのよい冷暗所での保存が可能です。



1週間で食べきれないときは?

 キュウリの期限は1週間と分かりましたが、1週間では食べきれこともあります。そんなときはどうしたらいいのか。


 解決策は、冷凍保存です。ただし、条件があってキュウリを凍らせると解凍したときに漬物のような感じになってしまいます。冷凍するときには、このことを承知の上でやらなければなりません。冷凍した場合の保存期限は、約1ヶ月です。


 冷凍保存のやり方は、キュウリを洗ってしっかりと水分を拭き取ります。1本ずつラップで包みフリーザーバッグに入れて冷凍してください。解凍方法は、水の中へ入れて3~5分で半解凍状態になります。この状態なら包丁が入るので、そのまま調理してください。


 解凍して食べたけど、なんとなくイマイチ。

 そんな方にお勧めなのが、漬物にするです。なかでもお勧めなのが自家製キューちゃんです。色々と万能に使えるのでお勧めなんですよ。では自家製キューちゃんの作り方を紹介します。


用意するもの

  • きゅうり 

  • 生姜 1カケ千切り

  • 鷹の爪 2本輪切り

  • 醤油 80ml

  • 酒 40ml

  • 砂糖 30g

  • 酢 10ml



作り方

  1. キュウリを4分茹でます。中心部は生の状態でもOK。

  2. 5㎜~1㎝幅の厚さで輪切りにします。

  3. 輪切りにしたキュウリをフキンで包み水分を絞る。

  4. キュウリ以外の材料を煮立たせる。

  5. キュウリを入れて再沸騰させ冷ます。

  6. ジッパー付きの袋かタッパーに全てを入れて密閉する。

  7. 冷蔵庫の野菜室で1~2晩ほど寝かす。

  8. キュウリに味が浸み込めば完成です。


 キュウリは煮過ぎないようにして、沸騰したらすぐに火を止めてください。1週間を目途に食べ切ってください。



今日の最後に

 キュウリの保存期限は、常温で3日くらい。適切な保存方法をした場合は、冷蔵庫の野菜室で1週間です。何かと使うことが多いので知っていて損はないと思います。自家製キューちゃんはお勧めなので是非!
最後までお読みいただきありがとうございました。


www.raruka.net





マスタードが無い! 和からし+あの調味料を使って代用できます。


マスタード




こんにちは
「あると思っていたのにマスタードがない。」
からしはあるけど味が変わってしまう…。」
「買いに行く時間がない。面倒!」こんな経験はありませんか。
このようなときはどうしたらいいのか。
そこで今日は『マスタードの代用』についてのお話をしたいと思います。

マスタードの代用




マスタードの代用

代用の前に、からし (和からし) とマスタード (洋からし) の違いをみたいと思います。


からし

 からしの原料は、オリエンタルマスタード (カラシナ) から作られています。アブラナ科植物の種を粉末にしたものを粉からしといい、これを水で溶いてペースト状にしたものを練りからしといいます。ワサビのようにツンと突き刺さるような刺激の強い辛さが特徴です。主に日本料理に使用されます。


マスタード

 洋からしの原料は、イエローマスタード (シロガラシ) やブラウンマスタードの粒から作られています。西洋で古くから使われてきた辛味調味料です。アブラナ科植物の種にワインやお酢や糖類などを加えて作られるため、和ガラシと比べるとマイルドな辛さです。ホットドッグやサンドウィッチなど、主に西洋料理に使用されます。種類が豊富でイエローマスタードディジョンマスタード、粒マスタードなど様々な種類があります。刺激は弱くマイルドな辛さが特徴です。


 からしマスタードは原料から違うことが分かります。では、このような特徴を備えたからしマスタードですが、双方は互いに代用ができるのでしょうか。

 とは言え、調味料を添加してあるマスタードからしの代用は難しいので、今回はマスタードがないときに、からしを使った代用方法を紹介します。

 マスタードには、調味料が入っているので、からしに調味料を添加してあげれば代用は可能になります。では作る方を説明します。



からしマスタードに変身させる方法

からし+マヨネーズで代用マスタード

 簡単に言うと、からしマヨネーズを作ります。マヨネーズにはお酢と砂糖が入っていますので、マスタード風のような味が簡単にできます。マヨネーズの原料は卵なので、よりまろやかで柔らかい味わいに仕上がります。


基本的な割合

からし+マヨネーズ(3:1)



からし+酢+はちみつで代用マスタード

 練りがらしにお酢とはちみつを加えて作ります。いわゆるハニーマスタードを作る訳です。この中にハーブやスパイス (ブラックペッパー) などを入れると更に美味しくなります。


基本的な割合

からし+ハチミツ+果実酢 (穀物酢)(3:1:1)



 からしマスタードは原料が異なると同時に辛さの種類もまた異なりますので100%の再現はできません。しかし、マスタードと同じようにはちみつや砂糖、お酢を加え味を調整すれば代用になります。急な来客にも対応できるので試してみてください。

 なお、からしが強すぎる場合は、割合を代えるか、空気に触れると辛さが飛ぶので、使う前に練っておいてから混ぜると多少辛みが軽減できます。



ちょっと雑談

自家製マスタードを作る

市販のマスタードはチョット…。
そんな方には、手作りマスタードがお勧めです。材料さえ揃っていれば、とっても簡単なので是非!

自家製マスタードの作り方

材料



作り方

  1. 煮沸消毒した瓶に、イエローマスタードシード、ブラウンマスター ドシード、酢の材料を入れて混ぜる。

  2. そのまま常温で3日間放置する。(3日経つとマスタードシードが膨らむ)

  3. 3日後、塩、ハチミツを加えフードプロセッサーか、すり鉢に入れてつぶす。(大きさお好みで)

  4. 瓶に戻して2~3日寝かせて完成です。


 保存は、冷蔵庫で2週間ほど保存可能です。

 今回は、イエローマスタードシード:ブラウンマスタードシード=1:1で作りました。一般的にイエローマスタードシードはマイルド、ブラウンマスタードシードは辛味や苦味があるのが特徴なので、分量を調節してお好みの味に仕上げてください。

 手作りしても5日くらいでできて、断然美味しいです。それに節約にもなるので是非!



今日の最後に

 即席のマスタードは、からし+マヨネーズ(3:1)でできます。マスタードに近い味は出せるので試してみてください。また、手作りマスタードもお勧めのです。混ぜて待つだけなので挑戦してみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。


www.raruka.net





カレーに付き物! 福神漬けの由来


福神漬けの由来




こんにちは
カレーに付き物の福神漬けですが、どうして福神漬けと名付けらたのか疑問に思いませんか。そこで今日は『福神漬け』についてのお話をしたいと思います。

福神漬け




福神漬

 福神漬けとは、ダイコン、ナス、ナタマメ(鉈豆)、レンコン、キュウリ、シソの実、シイタケまたは白ゴマ、7種類の野菜をみりんやお砂糖、そしてお醤油で漬けたものです。


 福神漬けと名付けられた理由は、明治時代のはじめに上野不忍池の弁財天近くにあった漬物店店主 (1885年頃に山田屋という上野にあった漬物店) が開発して、この漬物を「梅亭金鵞(ばいていきんが)という当時の流行作家が気に入り、命名したと言われています。 ちなみに梅亭金鵞は、幕末から明治中期の作家・編集者。 滑稽本人情本・啓蒙書・諷刺小説などを書いた方です。作品は「柳之横櫛」「七偏人」「西洋新書」など。


※弁財天とは七福神の一人であり、七福神の中の紅一点です。琵琶を弾く姿が妖艶として表されており、そのルーツは古代インドのサラスヴァ―ティーで、水の神とされていました。


 また、江戸時代の初期に僧侶が、上野のお寺の「寮」にて、色んな野菜の切れ端を上手にお漬物して、これを「福神漬け」と名付け巷に広まったという説もあります。


 その他にも、福神漬けがあれば他におかずは不要になるため、お金が貯まるということから、神様のような食べ物ものとされ名付けられた説があります。様々な説が存在しますが、7種類の野菜を使っていることから、「福神漬け」と名付けられたことは間違いありません。



福神漬けの色は?

 福神漬けは、元々は茶色だったようですが、いつの間にか赤い福神漬けが主流になりました。ではどうして赤い福神漬けはあの色なのでしょうか。


 赤い福神漬けの理由は、カレーの付け合わせだからです。


 福神漬けを食べるようになったころは、黄金色の醤油と砂糖とみりんを煮込んだ調味料の色でした。昭和になり、カレーが一般的に定着したころインドの調味料の一つである、赤いチャツネを真似したからが答えになります。醤油を使った福神漬けを赤く染めたことが始まりです。


 現在は、カレー屋さんで赤い福神漬けはあまり見かけなくなりました。オレンジ色のカレー専用福神漬に変わっていますよね。このオレンジ色の理由は、ルーの濃い茶色とご飯の白色との間に映える一方で、主張しすぎない色がオレンジ色が採用されたからです。


 ちなみに、カレーに福神漬けを使ったのは、明治30年代の中頃に、日本郵船の食堂でカレーの付け合わせのチャツネが切れていたため、代わりに福神漬けが使われたことがキッカケだったようです。これについては、文献が残っていないので詳細は不明です。



福神漬けの期限は?

 福神漬けを食べるのは大抵カレーを食べるとき。これだと当然余ってしまいますよね。では開封後の保存期間はどのくらいなのでしょうか。


 開封後は冷蔵庫で保存で、2週間程度です。


 冷蔵するときのポインは漬け汁をそのまま残しておくことです。漬け汁を捨てしまうと日持ちしません。1週間程度しか日持ちしないので注意してください。


 ではもっと長く保存する方法は、冷凍しかありません。長く保存したいなら冷凍がお勧めです。


 やり方は、フリザーバッグに入れ換えて冷凍、空気を抜いて冷凍保存してください。これで1ヶ月以上保存可能になります。解凍は、レンジ解凍がはやいのでお勧めです。お弁当に使いたい場合は、冷凍するときに水分を切ってから冷凍すると、凍ったまま使えるので便利ですよ。



今日の最後に

 7種類の具材を使うので福神漬けと呼ぶようになったのは間違いありません。名付けられた説は梅亭金鵞説が有力です。
 そうそう、北海道、関西、四国、沖縄では「ふくしんづけ」と読まれ、「ふくじんづけ」では通じないそうなので注意してくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました。


www.raruka.net





モヤシの「ひげ根」は取ったほうがいいの?


モヤシ




こんにちは
モヤシの根にあたる「ひげ根」。普段あまり気にしない部分だと思います。よく栄養が豊富と言われていますが、あれって本当なのでしょうか。そこで今日は『モヤシのひげ根』についてのお話をしたいと思います。

モヤシのひげ根




モヤシのひげ根

 実は栄養が豊富なところなのですが、食感や見た目が悪いのでとったほうがいいとされています。モヤシの「根」にあたる部分で食物繊維が多く含まれていて、やや筋っぽいところでもあります。栄養面を重視するならそのまま食べたほうがいいですね。

 ひげ根があることでデメリットもあります。モヤシ全体の味が落ちてしまうということです。それに日持ちも悪くなります。美味しさを重視したい場合や日持ちなどを考えたら取り除きたいところです。


ひげ根にある栄養

ビタミンB2

 皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあります。エネルギーをたくさん消費する人ほどビタミンB2はたくさん必要になります。


ビタミンC

 鉄分の吸収を良くしたり、コレストロールを低下してくれる働きがあり風邪予防にも抜群の効果があります。


タンパク質

 生命の根底を作る最も大切な栄養素がタンパク質です。人間の体は全てタンパク質で構成されています。


カリウム

 血圧を下げてくれる働きがあり、血液循環を調整してくれる大事な大事な栄養素です。


カルシウム

 骨や歯などを作ってくれる栄養素。その他にも、血液凝固、筋肉収縮、神経の興奮の抑制などなどたくさんの働きがあります。


 このようにひげ根には多くの栄養が含まれています。もしひげ根を取り除くのであればそれは、「ヒゲを取る=栄養を捨てる事」になってしまいます。よく言われる、取らないほうがいいということも納得できます。


ひげ根を取るとどうなる

 モヤシ臭さが無くなり舌触りがよくなります。ひげ根を取り除くことにより、風味が出て圧倒的に美味しくなるということです。料理店のモヤシにひげ根がない理由はこのことです。

 ひげ根の取り方は、ひげ根を摘まむか、切り落とします。取り除いたら水にさらします。包丁を使うより摘まんだほうが早く取ることができます。

 ただひげ根を取ることでデメリットが出てきます。それは取り除いた部分からビタミンが出てしまうことです。モヤシの大事な栄養の一つなので、栄養を考えるなら取らないほうがいいと言えます。


ひげ根の変色

 ひげ根が茶色に変わってしまうのは、劣化した証です。少しの変色なら火を通してそのまま食べることが可能です。火を通せば臭いも消えます。変色で注意したいのが、変色して水っぽい状態です。この状態のものは、食べることができないので処分するしかありません。処分の対象はもう一つ。先ほどの火を通した場合のもので、1分くらい煮ても臭いが残っているものは処分の対象になります。食べないでください。


結局のところモヤシのひげ根は取る?取らない?

  • 栄養重視や時間をかけたくない場合は取らない。

  • 美味しさにこだわるなら、ひげ根を取り除く。

 ひげ根を取るのが面倒な方は、根切りモヤシをお勧めします。でも、少し高くなりますが…。
私は美味しく食べたいので、普通のモヤシを摘まんで取り除きます。


今日の最後に

 それぞれにメリット、デメリットがありますが、ひげ根を取り除くと美味しくなるのは事実です。しかし、時間がかかるというのも事実なので、時間に余裕があるときには是非やってほしいですね。
最後までお読みいただきありがとうございました。


www.raruka.net