シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

コンソメキューブ1個で水はどのくらい必要?


コンソメスープ




こんにちは
スープなどを作るときに便利なのが市販のコンソメです。なかでも固形タイプのキューブ状のものはとても便利ですよね。
しかしコンソメキューブを使うときに迷ってしまうのが、水との割合です。コンソメキューブ1個に対して、どのくらいの量が適量なのでしょうか。
そこで今日は『コンソメキューブ1個の量』についてのお話をしたいと思います。


コンソメキューブ1個




コンソメキューブ1個の量

 コンソメキューブ1個に対する水の量は300mlが適量です。1個でスープを2人分とれるように作られています。

 コンソメキューブ1個の重さは5.3gで、これは粉末で考えると大さじ1に相当します。1個に塩分量ですが、2.16g含まれていて、粉末コンソメだと小さじ2杯弱に相当します。凝縮されている分、少し塩分量が多くなっています。

コンソメキューブ1個を大さじや小さじに換算した場合

 コンソメキューブ1個は、小さじ2杯弱程度、約大さじ1/2杯になります。

 レシピにコンソメ大さじ1と書かれている場合は、コンソメキューブ1個と半分程度を目安に使ってください。

コンソメキューブ1個で何人分?

 コンソメキューブ1個に水が300mlなので、これをスープに使うと「2人分」とれることになります。

 素材からも水分が出てくるので、1個で2人分はあくまでも目安と思ってください。水分の多い野菜を使うときは、水を少し控えめするとバランスがとれますね。

1人分作りたい場合は?

 コンソメキューブを砕くのは時間がかかるので、簡単に半分にする方法を紹介します。


用意するもの

  1. コンソメキューブ

  2. ラップ


やり方

  1. コンソメキューブを包み紙から取り出す。

  2. コンソメキューブをラップで二重に包む

  3. レンジに入れて500Wで25秒加熱する。(600Wは20秒)

  4. レンジから出して指でつぶす。(固いときはプラス10秒)


 砕いたコンソメキューブは、1人分 (約2.5g)ずつ量ってお使いください。レンジで過剰に加熱すると焦げる場合があるので注意してください。余った半分はラップで包み保存してください。


粉末にしたくない場合


やり方

  1. コンソメキューブの真ん中に軽く切れ目 (深さ1~2㎜)を入れる。

  2. 指で折り曲げるように割る。

  3. コンソメキューブ1人分の完成です。


切れ目を入れるときの力加減に注意してください。力を入れすぎると半分にならずに割れてしまうことがあります。



今日の最後に

  • コンソメキューブ1個に対する水の分量は300mlです。(2人分の量)

  • コンソメキューブを1個使った場合の塩分量は約2.5gある。

 コンソメキューブ1個を使うと塩が多くなるので塩分量を調節して使ってください。また、コンソメキューブは中華だしの代用にもなる便利な調味料です。幅広いジャンルに使えるので上手に使ってくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました。


www.raruka.net





1人分のご飯を炊きたい! 分量と炊き方を教えて。


お米を量る




こんにちは
もしも一人分のご飯を炊くことになった場合、分量はどのくらいになるのでしょうか。水加減なども難しいですよね。
そこで今日は『一人分 (0.5合)を炊く』についてのお話をしたいと思います。

0.5合を炊く




一人分 (0.5合)を炊く

 0.5合と言われると分かりにくいと思いますが、ご飯茶碗1杯分になります。 炊き上がりのグラムで言うと、150~165gですね。今回は、この0.5合のお米を炊く場合の分量と炊き方を説明します。


お米0.5合の量 (グラム)

  • 生米1合が150gなので、半合=75gです。


0.5合の炊き方

一人分0,5合の炊き方を説明します。

用意するもの

  • お米 0.5合 (75g)

  • 水 100ml (100㏄)

  • 鍋 (なければ蓋付きのフライパン)

  • ガラスの蓋



炊き方

  1. お米を洗って15~30分浸水する。

  2. 鍋に蓋をし強火にかけ、沸騰したら弱火にして10分炊く。

  3. 水がなくなった(蒸気が出なくなる)ことを確認して火を止める。(蓋は開けない)

  4. 5分間蒸らして完成です。


今回の水加減は標準的な量です。90~110ml(㏄)の間で調節してください。新米を炊く場合は、水の量を少し減らしてください。


レンジで炊飯

レンジを使った炊き方

  1. お米と水の分量は同じです。

  2. お米を洗って、深型の耐熱皿に入れて15~30分浸水する。

  3. ラップをかけて、爪楊枝でラップの表面に穴を数箇所空けてる。

  4. 500Wで6~7分加熱する。(吹きこぼれそうになったら一時停止して取り出す)

  5. レンジを低出力の弱にして、再度10分加熱する。

  6. 5分ほど蒸らして完成です。



お米を炊くときの分量

お米の分量 (生米)
グラムCCml
0.5合75g90㏄90ml
1.0合150g180㏄180ml
1.5合225g270㏄270ml
2.0合300g360cc360ml


水の分量
CCml
0.5合100cc100ml
1.0合200cc200ml
1.5合300cc300ml
2.0合400cc400ml


ご飯が少し多いという方は、0.4合で炊いてみてください。
米0.4合=40g=約72㏄=約72ml
0.4合の水量=80ml



今日の最後に

 今回は1合のご飯を炊く多いという方に、1人分の分量を紹介しました。1杯分ほしいときにお使いください。なお、水加減はお好みで調節してみてくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました。


www.raruka.net





サラダの「コールスロー」ってどんな意味?


コールスローの意味




こんにちは
キャベツを使ったサラダで、コールスローというものがあります。この「コールスロー」には、いったいどのような意味があるのでしょうか。そこで今日は『コールスロー』についてのお話をしたいと思います。


コールスロー


コールスロー

 コールスローとは、生のキャベツを細かく刻んで作るサラダのことになります。

 語源となっているのは、18世紀ごろのオランダ語の「koolsalade 」です。オランダ語でキャベツを意味する「kool」と、サラダを意味する「sla」をあわせたものが「koolsla (コールスラ)」になり、これが語源になっています。そして英語読みにしたものが「coleslaw (コールスロー)」となります。

 このキャベツのサラダは、18世紀後半の文献にも登場し、入植したオランダ人からアメリカ合衆国に持ち込まれ、そしてイギリスや日本など世界に広まりました。

 現在では、コールスローはマヨネーズを使って作るのが定番ですが、もともとはヴィネグレットソース (フレンチドレッシング)を使って作られていました。元々は、サッパリと味わえるシンプルな料理でした。ちなみにヴィネグレットソースは、酢とサラダ油を1:3の割合でよく混ぜ、塩と胡椒で味付けしたものです。酢の代わりにレモン汁を使うこともあります。


 上記のことをまとめると、コールスローとは、オランダ語のkoolsaladeを英語にしたものが『コールスロー』です。
キャベツがメインのサラダのことになります。



コールスローのポイント

 コールスローを作るときのポインは、塩をふってキャベツの水分を出すことです。キャベツの水分をしっかりと切ることで、水っぽくならずに味がしっかりします。その後しっかりと水分を切る(絞る)ことも大切です。
では、下準備のやり方を説明します。


用意するもの (2人分)
  • キャベツ4枚 250g

  • 塩 小さじ1/2

  • ボール


作り方
  1. キャベツは太い軸の部分をV字形にカットする。

  2. キャベツを粗みじん切りか千切り(5㎜幅くらい)にする。

  3. ボールに入れて、塩で軽くもみ10分おく。

  4. サッと水洗いして水気をしっかり絞ります。

  5. キャベツの下準備は完成です。


 切り方のポイントは、キャベツの葉脈に対して包丁を直角に入れて、キャベツは繊維を断つように切るとです。こうすると味がしみ込みやすくなり、食感もよくなります。難しい場合は、キャベツ用スライサーやピーラーなどを使ってください。もう一つのポイントは、キャベツの水分をしっかりと水気を切ることです。


保存期限

 キャベツと塩だけのものなら、冷蔵保存で、2~3日保存できます。ドレッシングなどで和えた場合は、2日程度と考えてください。また、マヨネーズを加えた場合は、1日程度になります。

 冷凍保存の場合は、2~3週間程度になります。なお、冷凍するとシャキシャキ感がなくなりますので注意してください。



今日の最後に

 コールスローとは、オランダ語のkoolsaladeが語源になったものです。これを短縮したのがコールスラ (koolsla)で、英語にすると「coleslaw (コールスロー)」になります。本来のサラダは塩で和えだけのたものなので、コールスローは塩キャベツサラダになります。

 春はキャベツが旬です。キャベツを刻んでドレッシングなどで和えて、キャベツをコールスローで美味しく食べてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。


www.raruka.net






マッシュルームの「ホワイト」と「ブラウン」は何が違うの?


マッシュルーム




こんにちは
マッシュルームって白いものと茶色のものがありますよね。何か違いはあるのでしょうか。そこで今日は『マッシュルーム』についてのお話をしたいと思います。


マッシュルームの違い




マッシュルーム

 マッシュルームは4種類ほどありますが、大きく分けると2種類になります。ホワイトとブラウンです。

 ホワイトは全体が白くてカサの表面がなめらかな小型のキノコです。癖がなく淡泊な味で弾力のある肉質が特徴です。ブラウンに比べて日持ちはしませんが、白色を生かした料理にはこちらを使います。

 もう一つはブラウンのマッシュルームです。カサが茶色で軸の部分だけが白いというマッシュルームです。ホワイトに比べて肉質が締まり食感がよく、風味が強いので加熱調理に使われています。ホワイトよりも少し日持ちします。


 この2つの大きな違いは品種(菌の種類)が違うことです。なので、味も香りも全く違うものなんですよ。

 食べ方にも違いがあって、ホワイトは収穫後冷蔵保存で3~4日くらいのものなら生食できます。生食に向いたマッシュルームと言えます。

 一方ブラウンのマッシュルームは、採れたてであれば生食できますが、基本的には加熱用です。加熱することで味が出て深みが増します。マッシュルームの旨味成分はグルタミン酸ですが、加熱するで増加するグアニル酸も含まれています。ブラウンの優れたところはココで加熱に向いていると言えます。

 ホワイトとブラウン共通して、生で食べる場合のチェックポイントは、かさがギュッと閉じている、触ると固い、全体にハリがある、縦に包丁を入れたときに、茎とかさの間に隙間ない、これらのものは新鮮な証です。反対に、かさが開いてくると、生食はできませんので注意してください。必ず加熱してから食べてください。
栄養価の違いは、ほとんどありません。栄養面を考えるなら、どちらを選んでも同じです。なので、使う用途に応じて分けてください。



マッシュルームの下処理

 マッシュルームは買ってきたままでは食べることができません。汚れなどを取り除きましょう。


やり方

  1. 石づきを切り落とす。マッシュルームの軸を上にして持ち、かさから 約1cm上のところをを包丁で切り落とします。

  2. 泥や汚れを乾いたペーパータオルで取り除きます。水洗いは厳禁です。どうしても汚れが気になる場合は、固く絞ったふきんかで軽く拭くか、包丁で取り除いてください。


すぐに食べないときは、ジッパー付きの保存袋に入れて、かさを上にし、しっかり空気を抜いて冷蔵庫の野菜室で保存してください。 2~5℃であれば、数日から1週間程度日持ちします。
冷凍するときは、1ヶ月を目安にしてください。あらかじめカット状態で冷凍すれば凍ったまま調理できます。


使うときは、マッシュルームのカサの表面の薄い皮をむいて使います。皮をむくと食感が柔らかくなり、味がしみやすくなります。またマッシュルーム独特のクセが抑えられるのでやってみてください。
やり方は、マッシュルームを逆さにして、カサの表面を包丁でむけば完成です。 皮をむいたマッシュルームは変色してしてしまいます。そのときはレモン汁をかけておくと変色を防ぐことができます。



今日の最後に

 マッシュルームは大きく分けて2種類あります。ホワイトは生食に向いたマッシュルームで、ブラウンは加熱に向いた品種です。料理によって分けて使うことをお勧めします。

 マッシュルームは秋が本当の旬ですが、実は春も美味しい時期になります。春ものは期間が短いので、見逃さずに食べてみてください。 最後までお読みいただきありがとうございました。


www.raruka.net





旬!グリーンピースはえんどう豆?


グリーンピースの花




こんにちは
シュウマイの上にのっているグリーンピース、料理に彩りを添える名脇役ですよね。ところで、グリーンピースはどのような豆なのでしょうか。そこで今日は『グリーンピース』についてのお話をしたいと思います。

グリーンピース




グリーンピース

 グリーンピースとは、実はえんどう豆が熟す前の若い豆のことを言います。和名はえんどう、または緑豆と呼びます。この熟す前のえんどうを剥いた状態がグリーンピースになります。
ちなみに、グリーンピースを甘く煮たものは「うぐいす豆」と呼ばれ、お菓子に使われています。

 グリーンピースの旬は春から初夏かけてで、4~6月の時期が最盛期になります。この時期に採れたものは加工され缶詰などになります。

 日本で栽培されるようになったには、平安時代あたりからです。平安時代に編纂された辞書「和名抄(わみょうしょう)」に記載されている野豆 (乃良末女:のらまめ)がえんどう豆になります。



グリーンピースの栄養

 グリーンピースの栄養は、「ビタミンB1」や「βカロテン」が豊富に含まれいます。ビタミンB1量は野菜の中でもトップクラスなんです。同じ豆類の中でも枝豆やそら豆の約1.5倍、卵だと5.5倍もの量が含まれます。そして、βカロテンも豊富で動脈硬化心筋梗塞等の生活習慣病を防止する効果があります。

 しかしこれより凄いのは食物繊維です。20~30粒のグリーンピースが、山盛りサラダ1杯分に相当する程の多さなんですよ。その含有量は同じ豆類の大豆よりも多く、食物繊維の総量は7.7g不溶性食物繊維が約90%を占めています。ということは、腸の働きを活発化させてくれるということです。不溶性食物繊維は消化されずに腸まで届くので、便の排泄を促す働きするため便秘も解消に効果があります。また、生活習慣病の予防にも有効なんですよ。



選び方

 栄養が豊富なグリーンピースですが、店頭で生のものを見かけら次のようなものを選んでください。

実エンドウを選ぶポイント

  • 全体にふっくらと膨らみがある。

  • さやの色がみずみずしい緑色をしている。

  • さやの表面やへたが変色していないものを選ぶ。

なお、白っぽい物は成熟した木になっていたもので風味が落ちていますので注意してください。



グリーンピースの下処理

グリーンピースを購入したら下処理をしなければなりません。そのまま冷蔵庫で保存した場合は、2日くらいしか日持ちしないので早めに下処理してください。では手順を説明します。

用意するもの


グリーンピースの茹で方
  1. グリーンピースをさやから取り出します。

  2. ざるなどにあけてきれいに水洗いします。

  3. 鍋にお湯を沸かして塩を加え、グリーンピースを中火で1分30秒~2分茹でます。

  4. 茹で汁を入れたまま鍋ごとグリーンピースを冷まします。(30~60分ほどで冷めます)

  5. 冷めたら水分を切って完成です。


 冷ます目安は素手で茹で汁を触れるくらいです。茹で汁の温度がゆっくりと下がり、グリーンピースにシワができなくなります。冷水を使うとシワになってしまうので注意してください。


保存

 保存は、冷蔵で2~3日保存可能。冷凍なら、1ヶ月ほど保存可能です。水分をしっかり切って、フリーザーバッグに入れ空気を抜いて冷凍してください。

 また、一度開封した缶詰のグリーンピースも冷凍できます。やり方は、水分をしっかり切ってフリーザーバッグに入れて冷凍してください。保存期間は1ヶ月になります。生を処理したときと同じです。


今日の最後に

 グリーンピースは、えんどうが熟す前のもので、これを剥くとグリーンピースになります。栄養価はえんどう豆と同じで食物繊維が非常に多いのが特徴です。他の栄養も豊富なので食べ過ぎないようにしてください。一日30g程で29Kcalが適量と言えます。多くても50g、49Kcalにしてください。

 グリーンピースは春が旬です。栄養が豊富なので、食べやすく工夫してお使いください。カレーに入れたり、素揚げも美味しいですよ。
最後までお読みいただきありがとうございました。


www.raruka.net