シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

お盆にお団子をお供えする理由


お盆とお団子





こんにちは
暑い日が続きますが、気付けばもうお盆なんですね。お盆といえば美味しい食べ物を連想してしまうのは私だけでしょうか。

そういえば、お盆の食べ物の中に「お団子」がありますよね。

でも、「お盆にお団子は関係あるの?」と思いませんか。

いったい、お団子を食べる風習にはどのような意味があるのでしょうか。

そこで今日は『お盆とお団子』についてお話をしたいと思います。

お盆のお団子




見出し

 お盆のお供えものは一般的に「五供(ごく)」といい。香、灯、花、水、食べ物が供えられます。なかでも食べ物のお供えには、果物や野菜、そうめんなどがあり地域によってもさまざま、ですがお団子をお供えることはほぼ共通しているんです。


 お盆にお供えするお団子には3種類あります。

  1. ご先祖様の御霊をお迎えする、お盆の初日(13日)にお供えするものを「迎え団子」

  2. ご先祖様が精霊棚に滞在している期間にお供えするお団子のことを「お供え団子」

  3. ご先祖様をお見送りする際にお供えするものを「送り団子」


 このように3種類のお団子をお供えします。どうして3種類も用意するのかは、それぞれに違う意味合いをもっているからなんです。



お迎え団子

 お盆入りの13日の午後に、ご先祖様をお迎えするためにお供えします。ご先祖様がこの世に戻って来られるまでの道中の、お疲れを癒していただけるように、餡子をまぶしたり、甘い醤油タレがついたお団子をお供えします。13日の夕方前までに用意します。



お供え団子

 お盆期間中の14日∼15日に、ご先祖様がゆっくりと滞在してもらえるようにとお供えします。ゆっくり休んでもらう意味から、きなこや餡子を使い甘めの味付けをします。おはぎをお供えする地域もあります。また、8月15日にそうめんを食べるところもあり、地域や宗派などによっても異なります。



送り団子

 お盆の明けの16日の朝に、ご先祖様のお見送りをするときにお土産としてお供えします。持ち帰って好きな味つけで食べてもらう意味があるので、味を付けない白いお団子を作り、三角形のピラミッド型に積み上げてお供えします。数や段数に決まりはなく、20個で4段を2つ作りお仏壇の左右にお供えしたり、一般的には13個もしくは6個を見た目良く積み上げます。(13個は仏教の十三仏を表すといわれています。)



お団子の食べ方

 お供えものは基本的に、お下がりとしていただくことが良いとされています。なので、お供え団子もお供えした当日にさげて、感謝し家族で分けあってお下がりとしていただきます。


 お団子が固くなってしまった場合は、お汁粉やぜんざい、スープなどの汁物に入れて火を通すと柔らかくなり美味しくいただけます。



お団子の作り方

 お供えのお団子は買えば済むことですが、大切なご先祖様をお迎えするお料理なので手作りしてみましょう。



用意するもの



作り方

  1. 上新粉に、熱湯を少しずつ注ぎ混ぜます。(上新粉300gに対して、熱湯220㏄程度が目安)

  2. ある程度まで生地がまとまり、触れられる温度なで下がったら、やわらかくなるまで手で捏ねます。(耳たぶくらいのやわらかさ)

  3. 捏ねた後に、半分に分けて棒状にのばします。

  4. 棒状のものを包丁で半分に、さらに半分にし、16等分くらいにします。

  5. わけたものを、一つずつ丸めお団子にします。

  6. 鍋に水を8分目ぐらい入れ、沸騰させて、お団子を茹でます。(3~4分茹でる)

  7. 生地が浮いたら冷水にさらして冷まします。

  8. 「てり」を出すために、お団子を少し風に当てて完成です。



みたらし餡

用意するもの

  • 濃口醤油  80cc

  • 砂糖 120g

  • 出汁(なければ水でも可) 210cc

  • みりん 30cc

  • 片栗粉 30g



作り方

  1. 材料を全て鍋に入れてよくかき混ぜる。

  2. 鍋に火をつけてる。

  3. 沸いてきたら弱火にし、3分ほどよく練る。

  4. 餡が冷めれば完成です。



今日の最後に

 お盆のお団子は、ご先祖様をお迎えしてゆっくり休んでもらう意味があります。現在では、お供え物のお団子については厳密に行われていないようですが、ご先祖様に感謝をする意味でも、お盆期間中に一度くらいはお供えすると良いでしょう。時間がとれない場合は、市販のお団子でも構わないと思います。


良いお盆休みを、お過ごし下さい。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


夏の彩りほうずき! 実は栄養豊富な食べ物だった


ほうずき





こんにちは
この時期に良く見かけるものに「ほうずき」があります。生花にすると赤い色が映えて綺麗ですよね。
このほうずきですが、食べることができるってご存知でしょうか。私は子供のころ食べたましたが、とても不味かった記憶があります。
そこで今日は『ほうずき』についてお話をしたいと思います。


ほうずき




ほうずきの話

 お盆の頃に赤く色付くほうずきは、 古くから日本人と関わりが深い植物で、日本最古の歴史書である「古事記」にもほおずきが登場します。その昔は、薬草として利用されていて、平安時代には鎮静剤として使われていたそうです。江戸時代には、1粒を丸飲みすると持病が治るといわれていたそうです。(真実かどうかは?)


 「ほうずき」の名前の由来は、赤く膨らんだ姿が人の頬を連想させた説。
実を取り除き皮だけにしたものを、口で膨らませて遊ぶ子供の様子から「頬突き」と呼んだ 説。
「ホホ」というカメムシの類がつきやすい植物だったため、「ホホ付き」と呼んだ説があります。


 ほおずきは漢字で書くと「鬼灯」や「酸漿(さんしょう)」の字があてられます。それぞれの理由は下記のとおりです。


  • 鬼灯は、実が赤く怪しげな提灯の印象から「鬼灯」と書きます。

  • 酸漿は、ほおずきの根が漢方等で鎮咳剤や利尿剤に用いられることから、漢方の漢字がそのまま使われています。



 その昔は薬として使われていたんですね。このように古くから親しまれているほうずきですが、実は食べることができるんですよ。実際には食用の品種を食べるといったほうが良いですね。



食用ほおずき


食用ほおずき


 普段、鉢植えなどで見かけるものは観賞用で、その他に食用のほうずきがあり、ショクヨウホオズキ、オオブドウホオズキ、シマホオズキなどがあります。売り場では、「ストロベリートマト」、「フルーツホオズキ」、「オレンジチェリー」などの表示で売られています。ヨーロッパでは、栄養価も高く、健康と美容に効果がある食べ物として古くから食べていたそうですよ。


 食用ほうずきの特徴は、実を包む殻が枯れた感じ(上の写真)で、パリパリと外皮がむけます。外皮をむくと中に表皮がオレンジ色の丸い実が入っています。果肉もオレンジ色で、実の皮はミニトマトよりも柔らかく、中には白い小さな種がたくさん入っています。味はフルーツのように甘酸っぱい味が特徴です。イチゴより甘いといわれています。



ほうずきの栄養は?

 やっぱり気になるのが栄養価です。食用ほおずきには、美容に良いといわれるビタミンA、ビタミンC、そしてカルシウムやマグネシウムなどが豊富に含まれているそうです。また、イノシトールという栄養素を含んでいますので、脂肪肝動脈硬化の予防、神経細胞の働きを助ける作用があります。栄養をみると、食用ほうずきは食べるメリットがあると言えますね。


 ここで注意事項、ナス科のホオズキ属に入るほうずきには、アルカロイド類が含まれています。それは食用ほうずきにも、観賞用のほうずきと同様にアルカロイドが少量含まれています。妊娠中の女性が食べた場合は、流産の恐れがあるのでご注意ください。



ちょっと雑談

お盆には「ほうずき」

 「ほうずき」といえば、お盆の飾りです。どうして、ほうずきを飾るのかご存知でしょうか。これには理由があるそうなので紹介します。



提灯のような道しるべ

 お盆の迎え火や提灯とともに、精霊が迷わずに戻ってくる道しるべとして、ほおずきが飾られるようになりました。


ほおずきの空洞にはご先祖様の魂が宿る

 お盆にお家に戻ってきたご先祖様の精霊は、体を持たないためどこか宿る空間が必要です。家に戻ってきたご先祖様の精霊は 、ほおずきの中に宿ってお盆を過ごすと考えられています。


華やかに

 お供えものに彩りを与えるために、ほおずきを使いました。



盆棚や仏壇にほおずきを飾る

 ほうずきを飾る方法は、次の2つの方法があります。


  • 吊るして飾る

  • 実の部分をばらして飾る



ほおずきの処分方法

 ほおずきの処分方法は、川に流すが昔からの風習です。


 しかし現代では難しそうなので、お焚き上げしてもらうか白い紙で包んで廃棄することが多いようです。



4つの片付け方

 鬼灯は主に4つの片付け方があるので紹介します。


  1. 川へ流す 。

  2. 土に埋める。

  3. 白い紙に包んで、塩でお清め(塩をふる)ってから処分する。

  4. お寺でお焚き上げをしていただく。


 1と2は、現代では難しそうなので、お焚き上げしてもらうか白い紙で包んで廃棄することをお勧めします。



今日の最後に

 ほうずきは食べることができます。ただし食用品種に限られます。スーパーフードと呼ばれるほど、とても栄養価の高い果実です。


 食用ほうずきの旬は夏から秋にかけてです。生食やジャムなどに加工して召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。






スポンサーリンク


夏にピッタリ「心太」 えっ!この漢字はなんて読むの?


夏の涼





こんにちは
夏とはいえ暑すぎると思いませんか。水分をしっかり摂ってくださいね。
話は変わりますが、この漢字ご存知でしょうか。


「心太」


私は、読めませんでした。


そこで今日は『心太』についてお話をしたいと思います。



心太とは?

 


 「心太」と漢字で書かれてもわかりませんよね。


 誰もが知っている食べ物で、天草を原料として、これを煮溶かして、型に流し込み成型して作る食品です。日本の夏の風物詩です。








「心太」は、「ところてん」です。




心太


 心太は、原料の天草(テングサ)を煮溶かして固めた状態のものです。西暦538年仏教伝来の頃に中国から伝えられたといわれています。日本史に登場するのは、西暦701年に制定された「大宝律令賦役令」の中に貢納品として「心太(ココロフト/ココロブト)」と言う名で登場しています。


 心太の由来は、原料の天草(テングサ)を煮るとドロドロに溶け、冷めると煮こごる藻であるところから、「こごる藻葉(コゴルモハ)」と呼び、固めたものを「ココロフト」と呼んでいました。「ココロフト」の「ココロ」は「凝る」が転じたもので、「フト」は「太い海藻」を意味しているそうです。


 その後、「ココロタイ」⇨「ココロテイ」⇨「ココロテン」と呼び名を変えて、江戸時代に現在の呼び名である「トコロテン」に転化したといわれています。


 心太という表記は、凝固させることを「凝(こご)る」と呼び、「こごる」が「ここる」になり最終的に「こる」と呼ばれるようになり、「心」の字があてられたといわれています。「太」の字は、「太い海藻」』を意味しているそうです。


  • 心=凝る

  • 太=太い海藻


 現在でも「心太」をそのまま使い、「心太(ところてん)」と表記します。



ちょっと雑談

心太と寒天の違い

 心太と寒天は食感も見た目も似ていますが、実はどちらも同じ原料の天草を使っています。何が違うかというと製法に違いがあります。


 心太は、天草をじっくり煮出して抽出した液を、冷やし固めると心太ができます。ここまでは同じ工程。寒天はこの後に、心太を戸外で1週間~2週間、凍らせて乾燥を繰り返すと棒寒天になり製品になります。


違い


 栄養にも違いがあり、心太は栄養がそのまま残っているのでミネラルが豊富で、磯の風味も感じられます。一方、寒天は乾燥し水分を抜いた分、ミネラルが減ってしまいます。ですが寒天はほとんど匂いがないので万人に受け入れられ、お料理やお菓子にも使うことができます。



今日の最後に

 「心太」を、ところてんと読む理由は、その昔ココロフトと呼んでいたものが時代とともに変わりトコロテンになりました。しかし、漢字はそのまま使われているので現在でも「心太」の漢字を使います。


 心太は90%以上が水分でできています。そのためとってもヘルシーな食材です。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類の食物繊維を含んでいるので、便秘解消やダイエット目的の方にお勧めです。暑い日に冷えた心太を召し上がってみてはいかがでしょうか。お酢をかけて食べれば疲労回復効果が期待できますよ!
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


お盆の飾り! キュウリとナスを使う理由




夏野菜




こんにちは
夏真っ盛りで暑いですが、もうすぐお盆ですね。お盆といえば、キュウリとナスです。
「キュウリとナス?」 と思われるかもしれませんが、キュウリとナスはお盆に欠かせないお飾りですよね。
ところで、あのお飾りはどうしてキュウリとナスなのでしょうか。食べ物を使わなくてもいいと思いますが。
そこで今日は『お盆の精霊馬』についてお話をしたいと思います。

キュウリとナス




精霊馬と精霊牛

 お盆に使われるお飾りの名前は「精霊馬(しょうりょううま)」と「精霊牛(しょうりょううし)」といいます。キュウリとナスを用いて、馬や牛型の人形を作り、キュウリを馬、ナスを牛に見立てています。「牛馬」と呼ばれることもあります。ご先祖様はこれに乗って家族の元に帰ってきます。


 どうして馬と牛なのかは、馬は足がはやいので、少しでもはやく家族の元へ帰れるようにと願いを込めて。


 牛は少しでもこの世に長く滞在してもらうようにの願いがあります。また、たくさん荷物を運べるので、お土産をたくさん持ち帰れるようにの願いもあります。


 このような願いから馬と牛の人形を飾ります。ただし、地域によっては反対になるところもあり、行きが牛、帰りが馬としている地域もあります。


 作り方も地域よって違いがありますが、キュウリやナスに麻幹(おがら)や割り箸、爪楊枝などを足代わりに突き刺して四本足に仕上げるのが一般的な作り方になります。



どうしてキュウリとナスを使うの?

 今回の謎、どうしてキュウリとナスなのか。


 このナスとキュウリについては、はっきりとした答えはないそうです。


 もともとは、平安時代頃に貴族の間で行われるようになり、当時は麦わらや瓢を用いて馬と牛を作っていました。江戸時代に入り旬の美味しいものをお供えするという意味で、ナスとキュウリをそのままお供えしました。


 野菜を使う理由は、お盆は先祖の霊をお迎えする法事です。お供え物も仏教に沿う必要があるので、お供え物の基本となる五供のうちから選ぶ必要があります。キュウリとナスは野菜なので、宗教の心配はなくなります。(仏教において「香」「花」「灯明」「水」「飲食」が基本のお供え物といわれ「五供(ごくう)」と呼ばれています)


 キュウリとナスはお盆の時期に採れる野菜です。旧暦のお盆時期の7月は農業の最盛期で、収穫を感謝するという意味でもキュウリとナスが選ばれたと考えられます。


 このような理由から、キュウリとナスをお供えすることが定着したと思われます。また、沖縄ではサトウキビをお供え物に用いるので地域によって異なります。



「精霊馬」と「精霊牛」の作り方


精霊馬と精霊牛


 「精霊馬」と「精霊牛」は 一般的には、お盆と呼ばれる「8月13日∼8月16日」の4日間に飾るものとされています。ご先祖様をお迎えするお飾りなので心を込めて作りましょう。


用意するもの

  • キュウリ 1本

  • ナス 1個

  • 割り箸(爪楊枝や竹串でも可)


作り方

  1. 割り箸1本を四等分にします。( 爪楊枝を使う場合は、8本用意してそのまま使う)

  2. ヘタの方を頭に見据えて、四等分にした割り箸もしくは爪楊枝をお腹にあたる部分に4本刺すます。

  3. 完成です。


 足の長さを見ながら割り箸もしくは爪楊枝の長さを調整すると、バランスの良い「精霊馬」と「精霊牛」を作ることができますよ。 


処分の方法

  • 16日のお送りの日に他のお供え物と一緒に送り火で燃やす

  • 16日のお送りの日に精霊流しとして川や海に流す

  • 土に埋める

  • お寺に処分してもらう

  • 半紙など白い紙で包み、塩で清めて処分する



今日の最後に

 どうしてキュウリとナスを使うのかに関しては明確な答えはありませんでした。宗教上の理由を考慮する野菜を使ったと考えられます。


 お盆は13日の夜にご先祖様がやってきて、16日の明け方にお帰りになります。精霊馬と精霊牛は13日の午前中に精霊棚の正面から向かって右側に飾りましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


夏野菜!「ズイキ」はどんな食べもの?


ズイキ





こんにちは
毎日、暑いですね。
ところで「ズイキ」という食材をご存知でしょうか。あまり聞き慣れない食材なので、今回とり上げてみたいと思います。
そこで今日は『ズイキ』についてお話をしたいと思います。


ズイキ




ズイキとは

 ズイキと言われても分からないかもしれませんが、ズイキ(芋茎)はサトイモやハスイモなどの葉柄(ようへい)の総称です。


 葉柄とは、葉を支える柄の部分です。葉の一部が変化したもので、茎ではありませんが似た感じのものです。



赤ズイキ

 ズイキは、大きく分けると3種類あり、ヤツガシラなどの赤い茎は赤ズイキ、ヤツガシラなどを軟白栽培した白ズイキ(白ダツ)、ハスイモの茎である青ズイキに分けられます。一般的には赤ズイキが広く周知されています。


 そして、収穫後に乾燥させたものが「芋がら(いもがら)」または「干しずいき」になります。 ちなみに、私は芋がらと言われて何か理解できました。



名前の由来

 少し変わった名前のズイキですがこの名前の由来は2つの説があります。


  1. 芋の中心から出た茎ということで「髄茎(ずいき)」と呼んだ説。

  2. 南北朝時代臨済宗の禅僧「夢窓国師漱石」の詩、「いもの葉に置く白露のたまらぬはこれや随喜の涙なるらん」に由来する説があります。



ズイキの栄養

 ズイキの栄養に関してはカリウム・カルシウム・鉄分・食物繊維が豊富に含まれています。古くは、「昔は出産後の女性に食べさせると体力の回復が早い」、「古血を洗う」などその栄養効果に期待されていました。このような効能を持つズイキですが、食べるときには一手間かける必要があります。



ズイキのアク抜き

 生のズイキは強いアクがあるので、アクを抜くことが必要になります。ではアク抜きのやり方を説明します。


用意するもの

  • ズイキ



やり方

  1. 酢水を用意します。(酢は適量)

  2. ズイキを水洗いします。

  3. 手で外側の皮を剥く。(残ったらピーラーを使う)

  4. 食べやすい長さにカットします。

  5. カットしたらすぐに酢水に浸けます。(すぐに変色する)

  6. 水に10分程浸けます。

  7. 浸けていた酢水を捨てて、鍋に新しい酢水を入れてます。(2リットルの水に対し、1/4カップの酢)

  8. 10分程、茹でます。 (食べてみてエグミを感じなければOK)

  9. ザルに上げて、水洗いします。

  10. 手で握って水気を絞ります。

  11. アク抜き完了です。



 8で味見をしてみてエグミがあるようなら、もう一度酢水で茹で直しになります。すぐに食べない場合は、タッパーに入れて冷凍保存してください。1~2日保存できます。


 また、酢水に浸けて冷蔵保存すれば、1週間くらいは日持ちします。


 長期保存なら冷凍保存。水を切った状態で冷凍保存してください。


 ちなみに、干したもの(芋がら)は、表面の汚れを洗い、一晩水に浸けて戻します。戻したら熱湯に酢を加え10分程度茹でてから水洗いし、水気を絞れば使えます。



今日の最後に

 ズイキ(芋茎)は、サトイモやハスイモなどの葉柄(ようへい)のことを総称してズイキと呼びます。食べ方は、外皮を剥き茹でてから、和え物や煮物、汁物など幅広いお料理に使えます。


 ズイキの旬は、9月ごろまでです。食物繊維が多いのですが鉄・カリウム・カルシウムなどの栄養素も含まれているため、血液の循環を良くする効能があります。タンパク質を含むものと合わせれば夏にピッタリな食材になります。生のものは9月までになりますので、美味しいときに召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net



スポンサーリンク