シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

「高菜」は意外と栄養豊富な野菜!


スポンサーリンク


冬の食材




こんにちは
寒い季節に美味しくなる野菜に高菜があります。高菜漬けでご存知の方も多いと思います。高菜漬けは買うことが多いのですが、自宅で漬けると難しいものなのでしょうか。
そこで今日は、漬物の話を交えながら『高菜』についてお話をしたいと思います。


冬の野菜、高菜


高菜



 高菜は、中央アジアが原産の野菜で、カラシナの変種といわれています。食べるとピリッと辛味がありますよね。日本へは中央アジアからシルクロードを経由して、平安時代に伝わりました。892年に書かれた「新選字鏡」にも高菜のことを「太加奈」と呼び記載されています。この時代の高菜は、現在のものとは少し違うものだったそうですよ。


 現在、よく見かけるものは、明治時代の終わり頃に中国四川省から伝わった「青菜(せいさい)」から品種改良を重ねたもので、大きな葉で肉厚のものになります。なお、高菜の種類は九州を中心に各地に地方品種がたくさん存在するそうです。



高菜を食べる


高菜漬け


 高菜の食べ方として一般的なのが漬物です。高菜漬けは美味しいですよね。


 高菜漬けは、高菜を塩で漬けることで旨み凝縮し美味しくなります。さらに、栄養価もアップするんです。


 高菜はβカロチンが豊富な野菜ですが、漬けることで倍以上の数値になるんです。その他の栄養素もアップします。ただ、水溶性であるビタミンCは溶け出してしまうので半減してしまいます。ここは少し残念なところです。


 でも、乳酸菌が増えているので整腸作用や抗がん作用に期待ができますよ。



高菜漬け

用意するもの



漬け方

  1. 高菜を洗い、半日ほど天日干しします。

  2. 干した高菜の重さを計り、8~9%の塩を用意します。

  3. ジップロックに干した高菜、塩、ターメリックを入れジッパーを閉じます。(高菜が多い場合はタッパーなどに入れる)

  4. モミながらよく混ぜます。

  5. 重石を乗せ、そのまま涼しい場所で120日くらい漬け込みます。(冷蔵庫に入れると発酵しないので冷蔵しないでください)

  6. 120日くらい漬けたら完成です。


 漬けた高菜は、冷蔵庫に入れて保存してください。




高菜の浅漬け

 浅漬けなら時間をかけずに召し上がれます。


用意するもの

  • 高菜 適量

  • 塩 高菜の重さの2~4%の量(100gなら塩2~4g)

  • 鷹の爪 お好み量

  • 昆布 お好み量



漬け方

  1. 高菜をよく洗い、水気を切ります。

  2. 半日~1日くらい天日干しします。

  3. 天日干しした高菜に、塩をよく揉み込みます。

  4. タッパーなどの容器に、塩を揉み込んだ高菜を入れ、重石を乗せます。

  5. 水分が出てくるので、高菜の高さ以上の水分は捨てます。

  6. 1~3日ほど漬けたら完成です。




さらに簡単な浅漬け


高菜漬け


用意するもの

  • 高菜 5~6枚

  • かつおだしの素 4g

  • 砂糖 大さじ2

  • 醤油 大さじ3

  • 酢 小さじ1

  • 塩 小さじ1/2

  • 水 100cc

  • 唐辛子 お好みで



漬け方

  1. 高菜を食べやすい大きさにカットして耐熱容器に入れます。

  2. 軽くラップをしてレンジ600Wので約4分加熱します。

  3. 別の容器を用意し、高菜以外の材料を入れて混ぜ、レンジで約2分加熱します。

  4. 高菜を水に晒します。

  5. 高菜の水気を絞って調味液と混ぜます。

  6. 粗熱が取れたら密閉容器に入れて冷蔵庫で半日漬けます。

  7. 完成です。



今日の最後に

 高菜は意外と栄養価が高い野菜です。漬物にすることでさらに凝縮され栄養価がアップするんですよ。一方で、ビタミンCや葉酸などは溶け出してしまうので他の食品から摂取しましょう。


 高菜の旬は、12月から3月です。栄養豊富な高菜は、生活習慣予防や皮膚や粘膜の細胞を正常に保ち免疫機能を高める働きなどがあります。今の季節にはピッタリの食材ですね。アクが強い野菜なので、漬物や加熱して食べてください。旬の時季に召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





縁起物のチョロギは栄養豊富な野菜!


冬の食材




こんにちは
チョロギってご存知ですか。おそらく「おせち料理」や「結婚式」などで一度は目にしたことがあると思います。見た目は小さな巻貝みたいでパッとしませんが食感が良く美味しい食材です。
そこで今日は『チョロギ』についてお話をしたいと思います。



チョロギ


チョロギ



 チョロギは、中国が原産とされる野菜で、白い地下茎を食用にします。 味は淡白ですがシャキシャキと歯切れが良く、生姜に似た感じがあります。


 日本へは、17世紀頃に朝鮮半島から渡来しました。当初は塊茎や全草を乾燥させて生薬として使っていたそうで、江戸時代には本格的に栽培が始められました。現在では、九州地方や東北地方などで盛んに生産されています。岩手県釜石市の青ノ木地区では、特産品にもなっています。また、1880年代にはヨーロッパやアメリカへも伝わり、フランス料理などに使われているそうです。


 チョロギの食べ方は、塩漬けにしてから、梅酢で赤く染めてから食べるのが一般的です。お正月には、赤いチョロギを黒豆煮に添え長寿を願います。

 チョロギという名称は和名になり、中国名の 「朝露葱」 を日本語読みしたものが由来になっており「チョロギ」と呼ばれるようになりました。その他にも、韓国語でミミズを意味する「チョロンイ」が転訛したという説もあります。


 日本での漢字表記は、「丁呂木」や「丁梠木」の文字をあてます。さらに、チョロギは縁起物としても扱われるのでおせち料理などに使うときは、「長老木」、「長老喜」、「長老貴」、「千代呂木」などの長寿に関連した漢字が使われます。その他にも、「ネジ芋」、「法螺芋」、「甘露子」、「宝塔菜」という別名も持っています。



チョロギは栄養豊富


チョロギ


 古くから長寿の食べ物とされてきたチョロギは、脳を活性化して脳梗塞・痴呆症等に効能があるといわれています。さらに、天然オリゴ糖が豊富なので、腸内環境を整えてくれます。これにより、腸内の善玉菌を増やし消化力や便通がスムーズになります。


 意外な効能があるチョロギですが、チョロギの食べ方は塩漬けにしてから、梅酢で赤く染めてから食べるのが一般的です。お正月には、赤いチョロギを黒豆煮に添え長寿を願います食べます。では、縁起物のお料理としてお正月にも使えるので、チョロギの梅酢漬けを紹介します。


チョロギの梅酢漬け

用意するもの

  • チョロギ 1㎏

  • 塩 250g

  • 梅酢 500㏄



作り方

  1. チョロギをよく水洗いし、変色した部分を切り落とします。

  2. アク抜きのため、塩漬けにして2日ほど置きます。

  3. 塩漬けにしたチョロギを2時間から半日ほど水にさらして塩抜きをします。

  4. 梅酢に漬け、2~3日漬けたら完成です。


 すぐに食べたい場合は、塩漬けをを省き、少量の酢を入れて沸騰させたお湯でチョロギを3分ほど茹でてから梅酢に漬けます。和え物などに使う場合も、同様に酢を入れて茹でるだけでOKです。お正月の前に一度お試しください。


 また、漬けるときに砂糖やざらめザラメを加えると食べやすくなります。梅酢がない場合は、甘酢でOKです。


参考 甘酢100㏄の分量

  • 酢 100㏄

  • 砂糖 25g

  • 塩 少々


 漬物以外でも、火を通すとホクホクの食感になるため素揚げが美味しいです。また、サッと1分半ほど下茹でをしてアクを抜けば和え物やサラダにも使えますよ。ちなみに、1分半だとシャキシャキ食感になります。お試しください。



今日の最後に

 巻貝のようなチョロギは、とても栄養が豊富な野菜です。中国では古くから漢方薬として使われ、長寿の薬とも呼ばれていました。オリゴ糖が豊富で整腸作用があり、腸内の善玉菌を増やして消化や便通を良くしてくれます。


 チョロギの旬は12月です。サッと下茹ですればシャキシャキ食感、揚げ物などにすればホクホクした食感が味わえます。旬の時期に召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





自然な甘さが魅力「デーツ」とは


デーツ




こんにちは
早いもので今年もあと一ヶ月、もう12月ですね。寒い日が続いていますが、今月もよろしくお願いします。
ところで、ドライフルーツとしてよく見かけるデーツ。聞いたことがある方も多いと思います。以前聞いた話では、お好み焼きのソースにも隠し味で入っているそうです。デーツって意外に知らないことがありそうなので今回取り上げてみたいと思います。
そこで今日は『デーツ』についてお話をしたいと思います。


デーツって?


デーツ



 デーツは、北アフリカペルシャ湾沿岸が原産の果実で、日本ではナツメヤシと呼んでいます。ドライフルーツにして食べることが多く、干し柿のような食感と濃厚な甘みがあります。古代から食用とされていて、メソポタミア古代エジプト では、紀元前6000年代にはすでに栽培が行われていたそうです。古代エジプトでもデーツは主食として食べていたそうで、クレオパトラも好んで食べていたという話があります。また、中国では漢方として用いられており、日本へも薬として平安時代に渡来しました。


 美容や薬効に食されてきたデーツには、ブドウ糖と果糖が約78%も含まれています。そのため吸収と同化作用が早く、食べてから数分のうちにエネルギーを脳と体に与えてくれます。エネルギー源としては最適ということですね。このようなことから、デーツは「自然のキャンディー」と呼ばれています。


 その他にも、、カルシウムやマグネシウム、鉄分や亜鉛、ビタミン群など、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。古くから、旅行者や遊牧民がドライ状にしたデーツを保存食として持ち歩き、食事代わりの栄養補給に食べていたそうです。現代では、手軽に摂れるエネルギー源として朝食などに食べる方もいらっしゃいますね。



デーツは隠し味


デーツ


 デーツは、間食に食べる方も多いようですが、黒糖のような甘さがあり、お料理に加えることでコクを与えてくれます。煮込み料理の隠し味にデーツを使う。砂糖を使わずにデーツを加えて甘味と旨味をプラス、自然の甘味が出て美味しくなります。なので、冒頭にも書きましたが、お好み焼きのソースにも使われているんです。


 もちろん、ヨーグルト、スムージー、シリアル、サラダなどにも使えます。そのままプラスするだけでOKです。ただし、食べ過ぎには注意が必要です。腸がはったり、便秘気味になることがあるので、一日に3粒くらいにしましょう。3粒でも十分な効能は得られるので食べ過ぎに注意してくださいね。



今日の最後に

 デーツは、ナツメヤシともいわれる果実です。生でも食べることができますが、ドライフルーツとして食べことが多いです。ねっとりした食感で非常に甘く、干し柿や黒糖、餡子に似てい ます。


 12月2日は「デーツの日」


 12月の「December」の頭文字である「D」と、数字の2を組み合わせて「デー(D)ツ(2)」の語呂合わから、オタフクソース株式会社さんが制定しました。2020年12月2日からスタートなんですよ。ちなみに、1975年からずっとデーツをソースに使い続けているそうです。


 余談ですが、株式会社オタフクソースでは「デーツで楽しもう クリスマスdays」キャンペーンが開催されているそうです。Twitterまたは、Instagramの「@dates_kun」をフォロー、 「#クリスマスにデーツ」をつけて投稿すると、デーツくんオリジナルグッズとオタフク商品詰め合わせが合計100名にプレゼントされるそうですよ。なお、キャンペーン期間は、12月27日(日)23:59までということです。詳しくは👇



 デーツの日ということもあるので、自然な甘さのデーツを食べてみてはいかがでしょか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





旬の大根! ふろふき大根の「ふろふき」は風呂?


大根




こんにちは
日に日に寒くなりますが、寒い季節は大根が美味しいときでもあります。 大根といえば、おでんなど様々な使い方ができますが、寒いときはふろふき大根が良いですよね。
ところで、ふろふき大根ってどうして「ふろふき」なのでしょうか。
そこで今日は『ふろふき大根』についてお話をしたいと思います。


ふろふき大根


ふろふき大根



 ふろふき大根は、大根を輪切りにして蒸すか茹でて、練り味噌をつけて食べる料理です。 もともとは、蕪を使った料理で、江戸時代に入ってから大根が使われるようになりました。他にも冬瓜や柿なども「ふろふき」に使われています。


 ふろふき大根の名前の由来には諸説あります。


 漆器職人が冬場に漆の乾きが悪く困っていたところ、とある僧から風呂(漆器の貯蔵室をいう)で大根の茹で汁を吹きかけると乾くと教えてもらい、その助言通りにやってみると本当に効果があったそうです。漆は温かい湿気で固まるそうです。


 ところが大量の茹で汁を取るために、茹でた大根が大量にできてしまいました。困り果て近所に配ったところ、美味しいと評判なったそうです。以来、風呂吹きに使われたことから、「風呂吹き大根」と呼ばれるようになりました。


 また、伊勢地方では垢を擦り取る人を「風呂吹き」と呼び、息を吹きかけ垢を吹き飛ばしていました。この様子と、茹でた大根をふうふう吹きながら食べる様子が似ていたことから、「風呂吹き大根」と呼ばれるようになったという説もあります。


 余談ですが、関西では「ふろふき」は安値で体にも良いこともあり「不老富貴(ふろうふき)」と呼ばれることもあるそうです。この場合は、 「不老富貴だいこ」と書き、「ん」は付けないそうですよ。


 名前の由来には諸説ありましたが、漆器職人さんの話が納得できると思います。



ふろふき大根を作ろう!


ふろふき大根


 ふろふき大根はご家庭でも作ることができます。大根自体は出汁で炊くだけなので、おでん大根の下茹でと同じです。それでは作り方を紹介します。


用意するもの (2人分)
  • 大根 10cmくらい

  • 生米 大さじ1/2

  • 昆布 5cm角


調味料A

  • 味噌 大さじ1

  • みりん 大さじ1

  • 醤油 小さじ1

  • 砂糖 小さじ1

  • 柚子の皮 お好みで適量


作り方(下茹で)
  1. 大根の中央部を使用し、4~5cmの輪切りにします。

  2. 皮を少し厚め(3~4㎜程度)に剥いて面取りし、大根の片面に十文字に切り目を入れます。

  3. 鍋に大根がかぶるくらいの水と生米(お米のとぎ汁でもOK)を入れ、中火で20分ほど茹でます。(お米がエグミや臭みをとり、甘みが出ます)

  4. 串がスッと通るくらいまで柔らかく煮たら、火を止めてそのまま冷まします。(大根に透明感を出すため)

  5. 冷めたら一度、鍋の水を捨てます。

  6. もう一度、鍋に水を入れて、水の中で大根を洗います。

  7. 下茹での完了です。


 ふろふき大根はもちろん、おでんや煮物にも使えます。タッパーに入れ水をかぶるくらいまで張り冷蔵庫で保存すれば、1週間くらいの日持ちします。水は毎日、取り換えてくださいね。


作り方(ふろふき大根)
  1. 鍋に昆布を入れて大根をのせます。

  2. 大根がかぶるくらいの水を入れて、沸騰させずにコトコトと30分くらい煮ます。

  3. 小鍋かフライパンに調味料Aを入れて混ぜ合わせ、トロミが出るまで煮詰めます。

  4. 大根を器に盛り付け、練り味噌とお好みで柚子皮を添え完成です。


 練り味噌はひき肉を入れたりしてアレンジ可能です。


 忙しい場合は、レンジを使いましょう!


作り方
  1. 大根を2㎝の厚さに切り、皮を厚めに剥きます。

  2. 耐熱皿に大根と生米をひとつまみ入れ、かぶるくらいの水を入れてラップをします。

  3. 600Wで8分加熱します。(串がスーッと通ればOK)

  4. 大根をさっと水洗いして、耐熱皿にかぶるくらいの水と昆布(または顆粒だし小さじ1/2可)を入れ600Wで3分加熱します。

  5. 耐熱の深皿に調味料Aを入れてラップをせずに600wで2~3分加熱します。

  6. お皿に盛り付けて完成です。


 練り味噌は焦げてしまうので加熱時間を調節してください。忙しいときはレンジがお勧めです。



今日の最後に

 ふろふき大根は、大根は茹でて練り味噌と付けて食べるお料理です。風呂で大根の茹で汁を漆器に吹き付けたことから、ふろふき大根と呼ばれるようになりました。


 大根は一年中出回る野菜ですが、甘みが出て美味しくなるのは冬の大根です。ふろふき大根に限らず煮た大根はさらに甘み増します。寒い夜の一品に大根をたべてみてはいかがでしょか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





「フランスパン」と「バゲット」は同じもの?


スポンサーリンク


フランスパン




こんにちは
パンを買うときに毎回思うのですが、フランスパンとバゲットは何が違うのでしょうか。お店によって呼び方が異なりますが、見た感じ同じは同じですよね。
そこで今日は『フランスパン』についてお話をしたいと思います。


フランスパン


フランスパン



 日本でいうフランスパンは、「パン・トラディショナル」と呼ばれる、小麦粉、酵母イースト)、水、塩で作られるパン全体をいいます。この中に「バゲット」と呼ばれるパンがあり、バゲットはフランスパンの中のひとつの種類になります。


 また、フランスパンの中でも、重さや長さ、切れ目(クープ)の数によっても名称が変わります。



フランスパン


バゲット

 バゲットとはフランス語で「杖」という意味があり、長さが約70~80cm、重さが300~400g前後のフランスパンのこといいます。フランスで一番多く出回っているタイプです。


パリジャン

 バゲットを、太くしたものが「パリジャン」と呼ばれるものです。長さが約50~70cm、重量400~500g前後で、表面に5~6本の切れ目(クープ)が入っています。パリジャンという名前には「パリっ子」という意味があります。


バタール

 バゲットを、短く太くしたものが 「バタール」 という種類になります。長さは約40~50cm、重さは300g程度で、バタールにはフランス語で「中間の」という意味があります。ちなみに、バターは使用していません。


フィセル

 細長くしたものが「フィセル」と呼ばれるものです。長さが約30cm、重さが約120~150g前後で、フィセルとはフランス語で「ひも」を意味します。


ブール

 丸い半球状にしたものを「ブール 」と呼びます。重さが約300gで表面にクロスした切れ込みが入っています。ブールとはフランス語で「ボール」を意味します。


 フランスパンの種類には、他にもたくさんありますがバゲットに似たものを上げてみました。ということで、原材料は全て同じなのに長さや重さで名前が異なるということです。これらを含む小麦粉・酵母・塩・水だけで作られたものが日本でいうフランスパンになります。



フランスパンの日持ち


フランスパン


 フランスパンって硬いのが特徴ですよね。ってことは日持ちも良いと思いますが実際にはどうなのでしょうか。


 フランスパンは日持ちが良さそうに見えますが、常温で2日くらいが目安になります。少し短い感じがしますが、これは日本の湿度などの環境から保存性が悪くなります。カビが発生していなければ、もう少し日持ちしますが味が悪くなるのでなるべく2日程度で食べることをお勧めします。



フランスパンの冷凍

 食べきれない場合は、冷凍保存しましょう。食べやすい大きさにカットし、ラップで包んだら冷凍用保存袋に入れます。冷凍保存袋の中の空気をしっかりと抜き、チャックを閉じ冷凍保存します。保存期間は2週間になります。



食べ方

  1. 食べるときは、ラップは外し、アルミホイルで包み直します。

  2. あらかじめ温めておいたオーブントースターに入れます。

  3. 5分ほど焼いて中まで温まったらホイルを外し、もう1分程度焼きます。

 このやり方なら、風味が損なわれず美味しく焼くことができますよ。フランスパンに厚みで時間が異なるので調節してください。



今日の最後に

 今回はフランスパンとバゲットの違いを取り上げてみましたが、フランスパンは日本人が勝手に付けた名前なので正確にはバゲットになります。なので、フランスパンとバゲットは同じものといって良いでしょう。


 11月28日は、「フランスパンの日」です。「いいフランスパン」の語呂合わせから、「日本フランスパン友の会」が制定したそうです。この機会に、食べてみてはいかがでしょうか。フランスパンって素朴な味で美味しいですよね。
最後までお読みいただきありがとうございました。