シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

旬の葉生姜! 保存方法はどうしたらいいの?



葉生姜




こんにちは
この時季に出回る生姜に、葉生姜というものがあります。緑色の茎のような葉がついている小さな生姜です。
この葉生姜には賞味期限が表示されていません。葉生姜はどのくらい日持ちするのでしょうか。それに保存方法も気になります。
そこで今日は『葉生姜の保存』についてお話したいと思います。

葉生姜の保存




葉生姜の保存

 葉生姜の保存についてお話する前に、新生姜のことからです。


葉生姜ってなに?

 葉生姜は、新生姜が指くらいのサイズに成長したときに、葉を付けたまま出荷される生姜で6~8月ごろに出回ります。主に小生姜と呼ばれる小ぶりの生姜品種が用いられ、代表的な品種として谷中生姜があります。


 葉生姜の特徴は、根茎が柔らかく、辛味も普通の生姜ほど辛くなく風味が良いのが特徴です。また、成長した生姜よりも栄養が多いのも特徴の一つです。


 用途は主に、甘酢漬けにして赤みを出してお料理に添えられます。魚料理に添えられているものを見たことがあると思います。その他にも、天ぷらなどにも使われます。


 谷中生姜の「谷中」とは、東京都台東区にある地名で、この地で葉生姜が多く作られていた事から、谷中生姜と呼ばれるようになりました。



葉生姜の選び方

葉生姜の選び方


 店頭で葉生姜を選ぶときは次のようなものを選びと、新鮮で美味しい葉生姜です。ポイントは大きさと色です。


選び方

  • 葉の緑色が濃く、みずみずしいものを選ぶ

  • 根の部分が白く、茎の付け根が赤いものを選ぶ。

  • 全体的に乾燥していないものを選ぶ。



 葉生姜を選ぶときは、根が小さい物を選びましょう。生姜は育つと辛味が強くなるので、爽やかな辛さを楽しみたいなら小さめの方がお勧めです。



新生姜の保存方法

 葉生姜は鮮度が落ちやすい食材です。そこで少しでも長持ちさせる保存方法を紹介します。


冷蔵保存方法

  1. 葉と根の部分を包丁などでカットする

  2. 葉は保存袋、根はキッチンペーパーか新聞紙で包む

  3. それぞれを冷蔵庫の野菜室に入れる



冷蔵保存した葉生姜は、2日程度保存できます。乾燥に弱いので注意しましょう。



コップに立てて一週間保存

  1. コップに水を適量注ぐ

  2. 葉生姜をそのまま立てて常温保存する



 コップにさすやり方は乾燥から守ることができるので、1週間程度日持ちできます。この間、できるだけ毎日水を替えてくださいね。



新生姜の下処理

やり方

  1. 茎は好みの長さに切り、水で洗いして水分を拭く

  2. 根が繋がっている場合は、包丁で1本ずつに切る

  3. 繋がっていた部分の間に汚れが残っていたら再び水洗いして水分を拭く

  4. 根の薄皮を剥く、またはスプーンで皮をこそげとる

  5. 完成です



 余談ですが、緑の葉を最後まで剥くと白い茎が見えてきます。白い茎は食べることができるので、お試しください。



今日の最後に

 新生姜はそのままでは日持ちする食材ではありません。少しでも日持ちさせたい場合は、水の中に立てて入れ保存しましょう。一週間くらいは日持ちするのでお勧めです。


 葉生姜は6~8月までが旬になります。柔らかく辛味もマイルドなので、酢漬けやそのまま味噌を付けて食べてみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





ヤングコーンはどんなもの? 保存方法も教えて!



トウモロコシ畑




こんにちは
初夏の季節に見かけるヤングコーン。缶詰の方がお馴染みでしょうか。
ところで、ヤングコーンってどのようなものかご存知でしょうか? そこで今日は『ヤングコーン』についてお話したいと思います。


ヤングコーン




ヤングコーン

 ヤングコーンは簡単に言うと、トウモロコシの子供です。

 トウモロコシは、1株で3本以上の実をつけます。実際に出荷されるのは穂先の2本で、3本目以降は先の2本を太らせるため摘果されてしまいます。この摘果された若いトウモロコシがヤングコーンです。ヤングコーンは、別名ベビーコーンやミニコーンとも呼ばれています。


<摘果(てきか)とは>
よい果実を得るために、余分な果実を幼いうちに摘み取ることです。


 ヤングコーンの特徴は、 皮をむいたらそのまま全体を食べることができます。ひげ付きの場合は、ひげも食べることができるんですよ。トウモロコシに比べると甘味は弱いものの、シャキシャキとした歯ごたえと特有の風味が味わえます。タイなど海外からの輸入品が多く、国内産のものが出回るのは1ヶ月程度なのも特徴です。



ヤングコーンはヘルシー

 ヤングコーンは、トウモロコシの子供なので低カロリーでとってもヘルシーなんです。カロリーは1本(10g程度)あたり、3kcalと低カロリーです。食物繊維も豊富なのでダイエットに最適な食材と言えます。


 ヤングコーンはダイエット効果だけではなく、動脈硬化の予防・貧血の予防・肺がん・直腸がん・子宮頸がん・心臓病の予防・高血圧の予防などにも効果がある食材です。トウモロコシよりも食べやすく、トウモロコシの持つ効果がそのままなのが嬉しいですね。



美味しいヤングコーンの見分け方と保存方法

 この時季は、国産の新鮮なヤングコーンが出回ります。美味しいヤングコーンの見分け方を紹介します。


  • 皮が乾燥して変色したりしていないかをチェックしましょう。

  • ハリがありみずみずしいものを選びましょう。

  • 色が綺麗で大きすぎないものを選びましょう。



保存方法
  1. キッチンペーパーた新聞紙で包み、ビニール袋に入れえる

  2. 冷蔵庫の野菜室に、立てて保存する

保存期間は、2~3日です。



冷凍保存
  1. ヤングコーンの外皮を剥く

  2. お湯沸かし塩を入れて固めに3分間茹でる

  3. ザルにあげて自然に冷ます

  4. 冷凍用保存袋に入れて冷凍室で保存する


 冷凍保存の期限は1ヶ月です。
調理するときは、かるくレンジで加熱するか、凍ってままお使いいただけます。



ヤングコーンの茹で方

ヤングコーン


 ヤングコーンは、生で食べても大丈夫ですが少し抵抗がある方は、茹でた方が柔らかくなり食べやすくなります。

茹で方
  1. 皮をむかずに茶色いひげだけを切ります。

  2. 鍋にお湯を沸かします。

  3. 沸騰したら皮付きのまま、弱火で5分間茹でます。

  4. ザルにあげて完成です。


 皮付きで茹でる理由は、旨味を逃さないためです。茹で上がったら皮を剥けばひげも食べることができます。



今日の最後に

 ヤングコーンとは、3本目以降の若いトウモロコシです。国産のものは5~6月にしか収穫できないので、この時季に食べてみてはいかがでしょうか。
栄養豊富なので、バテ気味の方にお勧めです!
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





オクラは生で食べても大丈夫!



夏野菜




こんにちは
夏に美味しくなる野菜にオクラがあります。ネバネバ感がいいですよね。
ところで、オクラってよく茹でますよね。茹でないと食べることができないものなのでしょうか。
そこで今日は『オクラの加熱』についてお話したいと思います。

オクラの加熱




オクラの加熱

 「オクラは必ず加熱するもの」ではなく、

 オクラは生でも食べることができます。


 オクラを茹でて下処理する理由は、硬いので食べやすくするためです。新鮮なものなら生で食べても大丈夫です。でも、買って3日以上経ったものや、夏の終わりから秋のものは皮が硬いので柔らかくするために加熱した方が食べやすくなります。なので、必ずしも茹でる必要はありません。



 オクラの下処理でもう一つよく行うことがありますよね。塩でこするという作業!


 塩を使う理由は、オクラの表面にある産毛を除去するためです。塩をまぶして指でやさしく擦り、産毛を除去して食感をよくします。産毛は獲れたての新鮮なものに多いので、スーパーで購入するものなら時間が経っているのでやらなくても大丈夫なんです。塩で下味を付ける目的があるなら行った方がいいですね。


 ということで、オクラは生で食べても大丈夫です。でも、ヘタの周りもガクは取ってくださいね。



 下処理しなくてもいいと言いましたが、オクラの下処理には大切な役割もあるんです。


 それは、食感をよくすることと緑色を鮮やかにすることです。特に見た目は大切なので、サッと茹でて鮮やかな緑色に仕上げることは視覚的に重要なポイントです。また、直径1㎝以上の太さのものは、皮も種も硬くなりますので、柔らかくするためにも加熱する必要があります。お料理をワンランクアップさせるためには、下処理が重要になります。


 では、オクラの下処理方法をご紹介します。


オクラの下処理方法
オクラの下処理


  1. ヘタの周り(ガク)の硬い部分を包丁で面取りするように削りとります

  2. 軸の硬い部分(ヘタ)も切り落とします

  3. オクラをサッと水洗いしてボウルに入れ塩をまぶす

  4. 表面を優しくこするようにして産毛をとる(まな板の上で板ずりしてもOKです)

  5. 沸騰した湯にオクラを入れて1分間茹でます



冷まし方

 粘りを逃さず、歯ごたえのよさを出したい場合は、取り出したオクラを氷水にサッと浸けてからザルにあげます。水分をを拭きとって完成です。


 柔らかくネバネバを楽しみたい場合は、1分間茹でてザルにあげ、そのまま冷まします。(余熱で更に柔らかくなるのでそのまま放置します)熱がとれたら完成です。



保存

 すぐに食べないときは冷蔵庫で保存してください。保存期間は2~3日です。(カットした場合も同様です)


 冷凍保存する場合は、フリザーバッグなどに入れて3週間になります。



注意!生食できない状態

 次のものは傷んでいる状態のものです。購入直後であっても下記のようなものは処分しましょう。また、生のオクラは1度カットしてしまうと1日くらいしか日持ちしません。カットして残った場合は処分することをお勧めします。


傷んだ状態

  • 表面にヌメリがある

  • 切ると中まで変色していた

  • 水分が抜けて柔らかい

  • 異臭がする



今日の最後に

 オクラは生で食べても大丈夫です。ちょうど今の時期、6~7月のオクラは皮が柔らかいので生食に向いています。8月に入ると硬くなるので生食なら今のうちです。


 オクラの旬は6~8月です。ネバネバの成分であるムチンは内臓の粘膜や肝臓、胃腸の保護を行ってくれます。また、疲労回復・夏バテ防止にも効果を発揮してくれます。現在では1年中食べることができますが、美味しいときに旬のオクラをお勧め致します。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





「おかひじき」ってどんな食材?



海岸




こんにちは
「おかひじき」と言う食材をご存知でしょうか。なんとなく聞いたことはあるけど、使ったことはないと言う方が多いと思います。
そこで今日は『おかひじき』についてお話したいと思います。


おかひじき




おかひじき

 「おかひじき」は、日本各地の砂浜(海岸)などで自生している野草です。海藻のヒジキに似ていることから「おかひじき」と呼ばれるようになりました。また、別名を「ミルナ(水松菜)」とも呼ばれていて、ミルナと言う呼び名は同じく海藻の「ミル」に似ていることから付けられています。全国各地に自生していますが、山形県など東北地方では伝統野菜として栽培が盛んです。



意外と栄養豊富!

 「おかひじき」は見かけによらず栄養が豊富なんです。カリウム・カルシウム・食物繊維・β‐カロテン(ビタミンA)が豊富に含まれています。


 ここで注目したいのがβ‐カロテンです。おかひじきは、緑黄色野菜の一種なのでβ‐カロテンが豊富で100gあたり、生だと3300µgも含まれています。(加熱後は3200µg)チンゲン菜や小松菜、ケールよりも多く、ニラとはほぼ同じ含有量になります。


 β-カロテンはみなさんご存知の通り、体内でビタミンAに変換されて作用し、皮膚や粘膜の健康を維持してくれます。また体の酸化を防いだり、免疫を活発にさせる働きも報告されています。おかひじきには、ビタミン類も多いので、β-カロテンとビタミン類で美肌効果も期待できます。


 その他にも、カリウムやカルシウム、マグネシウムも豊富に含まれているため、骨など身体の基礎となるパーツを作る上でも効果的です。骨粗しょう症などを予防し、丈夫な身体づくりを助けてくれます。栄養豊富なおかひじきは、積極的に摂りたい食材です。



おかひじきの食べ方

おかひじきのお味噌汁


 おかひじきは、炒め物や天ぷらなどに使う場合はそのままでも大丈夫ですが、サラダなのどに使う場合は買ってきたままでは固くて、アクもあるので下処理をする必要があります。では、やり方を説明します。


やり方

  1. 根を摘み取って、枝分かれしているところで切ります。

  2. 鍋にたっぷりと湯を沸かして、約1~2%の塩を入れる。

  3. 30秒~1分ほど茹でます。

  4. 冷水にさらして引き締め、水気を切り完成です。


 汁物に使うときも、この程度に下茹でしたものを使うほうが、食感的に美味しくなります。

 保存する場合は、タッパーなどの保存容器に入れて冷蔵で保存してください。保存期間は2~3日です。

 冷凍保存する場合は、茹でた後にしっかりと水分を切って冷凍保存しましょう。保存期間は、1ヶ月です。

※購入時のままの状態で保存する場合は、冷蔵庫の野菜室で4~5日程度保存できます。



今日の最後に

 ビタミン類やミネラルが豊富で、陸の海藻とも呼ばれるおかひじきは、見かけによらず優れた食材です。この時期、免疫を活性化してくてるのも嬉しいですね。

 4~6月が路地物の旬にあたります。栽培ものは10月くらいまで美味しくいただけます。暑い季節にサッパリとサラダなどに使ってみてはいかがでしょうか。また、β‐カロテンは、脂質とともに摂取することで吸収率が高まりますので炒め物もお勧めです。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





大葉と青じそはどこが違うの? お刺身に添えられている理由も教えて!



大葉と青じそ




こんにちは
お刺身に必ずと言ってもいいほど添えられている大葉。少し地味な存在ですよね。
この大葉、違う名前で青じそとも呼ばれています。大葉と青じそとでは、何か違いがあるのでしょうか。
そこで今日は『大葉と青じそ』についてお話したいと思います。


大葉と青じその違い




大葉と青じそ

 大葉と青じその違いは、 「青じそ」は植物名で、「大葉」は商品名という違いです。


 青じそは、実や芽、穂や茎も含めた全体を表す植物名です。


 一方、大葉と言う言葉は1960年(昭和35年)頃に愛知県の生産者が「大葉」という商品名を付けて葉の部分を売り出したことがきっかけで、「大葉」と言われるようになりました。青じそは、様々な成長段階で利用できる食材なので、「芽じそ」と「葉じそ」を区別する意味で商品名として付けたそうです。よって、大葉は青紫蘇(アオジソ)の商品名と言うことになります。(1961年(昭和36年)、静岡県の生産組合が大葉と名付けて売り出した説あります)


 ちなみに、関西で大葉と呼ぶことが多い理由は、大葉が最初に出回ったのが大阪の市場だったので、関西では「大葉」と呼ぶことが多いそうです。関東・中部は「紫蘇(シソ)」と呼ぶことが多いそうです。
とある調査での割合は、「しそ」と呼ぶのは29都道府県、「大葉」と呼ぶのは22都道府県のようです。



簡単にまとめると



青じそがお刺身に敷かれる理由

 お刺身に青じそ(大葉)が添えられているというより敷かれている理由は、防腐・殺菌作用のためです。


 青じそに含まれている香りの成分であるぺリアルデヒドは防腐作用・殺菌作用に優れています。お刺身に敷くことで腐敗を送らせ、また一緒に食べることで食中毒予防にもなります。


 その他にも、消化酵素の分泌を促し、食欲を増進させて胃の調子を整える作用もあります。お刺身に青じそが添えられているのは理にかなっていると言えます。



ちょっと雑談

β‐カロテンはトップクラス

 青じそのβカロテンはトップクラスの含有量です。その含有量はブロッコリーの約13倍と非常に多く、緑黄色野菜の中でもトップクラスです。1/2束を食べれば1日の必要量を満たしくれます。


 参考までに、ニンジン100gには9100μg、青じそ100gには11000μgとはるかに上回ります。


 β‐カロテンはビタミンCと同じく、抗酸化作用が期待できるため、美肌づくりやアンチエイジングに役立ちます。β-カロチンは油と一緒に摂ると吸収しやすくなるのでドレッシングをかけてサラダにするとより効率的に摂取できます。


β‐カロテンの効果

老化防止
皮膚や粘膜などの上皮細胞の形成や働きに大きく関係し、肌荒れ予防が期待できる。


ガン予防
抗酸化作用が余分な活性酸素を取り除き、ガンの増殖を抑制する。


風邪予防
胃腸や気管などの粘膜を正常に保ち、健康な皮膚を作り、細菌やウィルスの侵入防止。



今日の最後に

 大葉とは、青じその葉の商品名です。もしもスーパーなどで迷うことがあったら、この二つは同じものなので安心してください。


 青じそは6~9月が旬になります。優れた殺菌作用があり、風邪予防などにも効果があります。凄く高価なものではないので、毎日少しずつ摂るようにしてみてはいかがでしょうか。ちなみに、青じそ1枚のβ‐カロテンは、1日の所要量の6分の1に相当します。 最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net