シルシ

日々の出来事と写真

セロリの葉っぱは捨てないで!


f:id:raruka:20191106145730j:plain




f:id:raruka:20191106145749j:plain:w330:h220 f:id:raruka:20191106145705j:plain:w330:h220




こんにちは
ところで、セロリって食べていますか?
独特な臭みがあるので嫌いな方も多いと思います。でも食べたほうがいいですよ。意外と栄養が豊富なので!
今日は、セロリのお話です。




セロリ

f:id:raruka:20191106173014p:plain:h220:w330
栄養素は 、みなさんご存知の通りビタミン、ミネラルが豊富です。
注目したいのは「葉っぱ」の部分です。
茎の部分より栄養素が含まれて豊富なんですよ。ミネラル類は2倍くらい多いんです。ビタミンも断然、葉っぱのほうが上です。
ちなみに、茎の栄養素はカリウムが中心、他の栄養素はほとんどありません。

でも葉っぱには一つ問題が…、
それは葉の固さです。
生で食べるのには固すぎる…。

このようときは、加熱調理しましょう。

実は、セロリは加熱に向いた食材なんですよ!
加熱による栄養素の変化はほとんどありません。
カンタンなのは「茹でる」です。
軽く茹でたらサラダや和え物として使ってください。

炒め物やスープには生のまま入れて加熱してください。食べやすくなりますよ。

食べ切れずに余ってしまったら。
冷凍がいいですよ!
洗って水分を切ったら、冷凍用の保存袋に入れて保存しましょう。

1ヶ月は保存できます。

使うときは凍ったまま調理してください。
凍っていると手で砕くことができるので、包丁いらずでラクですよ。


今までセロリの葉っぱを捨てていた方は、この機会に食べてみてはいかがでしょうか。

それでは、気温が下がっているので風邪に注意しましょう。





今日の気になる一品!






スポンサーリンク

カンタン ☆ レンジで焼き芋!


f:id:raruka:20191105151531j:plain




f:id:raruka:20191105151511j:plain:w330:h220f:id:raruka:20191105151450j:plain:w330:h220




こんにちは
気温が下がってきましたね、何か温かいおやつが食べたい!
そんなときは、レンジで焼き芋を作りましょう。
今回は、何分レンジしたらいいのかわからない方には必見です!


カンタン焼き芋

では早速!

  1. さつま芋を洗います
  2. 濡れたままクッキングシートで包む
  3. そのままレンジへ (600wで3分)
  4. 100~200wにして10分加熱 (解凍モードでも可能です)
  5. 完成です!

少ししっとりめの焼き芋になります。フライパンで焼き色を付ければ焼き色感アップです!



火を使いたくない方へ
上記3の後、クッキングシートをしたままトースターで10分
皮もパリッと焼き芋の完成です。



※大きめのさつま芋は、レンジ加熱を少し長めにおこなってください。


おまけ
ふかし芋の場合 (さつま芋・ジャガイモ)

  • 水洗いする
  • 濡れたままラップで包みます
  • 600wで5分加熱
  • 竹串がスーッと通れば完成です(固いようならもう1分加熱)

※今回は200g前後のさつま芋の加熱時間です。
※加熱後はやけどに注意してください。



今回はカンタン焼き芋の作り方でした。寒い季節にピッタリなので試してみてください。

それでは、今日もあと少しです、頑張りましょう。




今日の気になる一品!






スポンサーリンク