シルシ

日々の出来事と写真

【牡蠣】生食用と加熱用の違いとは?


f:id:raruka:20191130132441j:plain:w330:h220 f:id:raruka:20191130132459j:plain:w330:h220 f:id:raruka:20191130132423j:plain:w330:h220




スポンサーリンク



こんにちは
スーパーなどで見かける「生食用」や「加熱用」に疑問を抱いたことはありませんか。そこで今日は、この時季食べる事が多い「牡蠣」の生食用と加熱用の違いについてお話したいと思います。

f:id:raruka:20191130211350j:plain:w330:h220


牡蠣の生食用と加熱用

同じ牡蠣なのに生食用と加熱用は何が違うのか。
答えから言ってしまえば、「キレイ」かどうかです。
キレイと言っても汚れだけではなく殺菌処理されているかどうかです。



生食用は、指定されている清浄海域で採取したもので、かつ殺菌設備が整った工場できちんと殺菌されたものです。工場の中でも厳しい基準をクリアしたものが「生食用」として出荷されます。
なので、生のまま食べても問題ありません。



加熱用は、条件が付いた海域で採取されたものです。加熱用は上記の生食用の処理はされていないので加熱調理が必要という意味です。生食は絶対にNGです。



この2つ違いは殺菌処理されているか、されて無いかの違いです。
生食用は半生状態でも食べることが可能ですが、加熱用はしっかりしっかりと火を通さないと食中毒の原因になるので注意しましょう。
以上が生食用と加熱用の違いです。




もう一つ、牡蠣についての心配(その2)

牡蠣は1日に何個まで食べてもいいの?


f:id:raruka:20191130213003j:plain:w200:h133

牡蠣は栄養価の高い食べ物です。食べ過ぎてしまうと中毒症状が出てしまいます。
牡蠣は亜鉛を多く含んだ食材です。取り過ぎると気持ちがわるくなって吐いたり、めまいを引き起こします。1日18個以上摂ると、亜鉛過剰症になるので注意してください。

一日の適量 ⇨ 10個(約200g)


最後に、生食用と表示されていても加熱したほうが安全性は上がります。私は必ず加熱する調理法をお勧めします。
今が旬の牡蠣を食べて元気に過ごしましょう。
読んでいただいてありがとうございました。







鍋料理に白菜を使う理由


f:id:raruka:20191129151050j:plain




f:id:raruka:20191129151028j:plain:w330:h220 f:id:raruka:20191129150943j:plain:w330:h220






こんにちは
今日も寒いですね。温かいものが食べたくなりますよね。鍋料理なんか最高ですね。
ところで鍋料理には何故白菜が多く使われているのでしょうか。
ということで、今日は白菜の話です。


f:id:raruka:20191129173821j:plain:w330:h220


鍋料理と白菜

鍋料理の定番、白菜の栄養は水分が95%くらい。あとは食物繊維とカリウム、カルシウムとビタミンKくらいです。



白菜って栄養少ないの?



似たような野菜、キャベツを見てみると、わずかですがキャベツのほうが上でした。



では何故白菜が鍋料理の定番になったのか。
白菜は味を吸収してくれるからです。簡単にいうと鍋つゆが染み込むからです。
鍋料理にはたくさんの具材が入り出汁が出ます。白菜はこの旨味成分が入った出汁を吸収してくれるので鍋料理に多く使われているという訳です。それに出汁や他の食材の味を邪魔しないのも好まれた理由の一つです。


では似た野菜であるキャベツはどうでしょうか。
キャベツの細胞は細かく出汁などの水分は浸み込みにくい特徴があります。なので鍋料理にはあまり向かないということです。
しかし最近ではキャベツが多く鍋料理に使われるようになりました。これは出汁の味付けが濃くなってきたからです。出汁が濃いので浸み込ませる必要がないと考えたられます。



鍋料理の白菜を食べたときに熱い汁が出てくる、あれは鍋料理の旨味が詰まったものです。
しかし、白菜はキャベツに比べると栄養価が低いのは事実です。
栄養を考えるなら使うわけてみてはいかがでしょうか。

水炊きなどは「白菜」

濃いスープは「キャベツ」

このような使い分けで栄養も摂ることができます。

※白菜やキャベツは長時間の浸水や加熱時間は避けましょう。栄養成分が溶け出したり、加熱により破壊されます。
サッと煮る程度がいいですよ。



最後に、白菜が多く使われている理由は素材の特徴に関係していた訳です。
白菜とキャベツ、スープの味付けによって使い分けてみてはいかがでしょうか。

それでは、週末です、温かい鍋料理を食べて楽しく過ごしてください。よい週末を!
読んでいただいてありがとうございました。







スポンサーリンク