シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

ホントに大丈夫! 夏のマスクは危険かも…。



夏のマスク




こんにちは
暑い!日中は夏日ですよね。ところで、マスクって着用していますか。
人の有無にかかわらず、ずっと…。
そこで今日は『夏のマスク』についてお話したいと思います。

夏のマスク




夏のマスク

 夏のマスクはもしかしたら危険なのではないのでしょうか。

 マスクを着用することで熱中症への危険性が高まるのでは。


 私が言いたいのは、人気がないにもかかわらずマスクを着用している人です。花粉症対策なのかもしれませんが、気温が上がる時期は危険だと感じます。


 理由は、マスクを着用することで確実に体温と湿気がこもるからです。水分が奪われているのに、気付かないうちに脱水症状なんてことがあると思います。っていうか身内であったんですよ。マスクを着用して外いたら気分が悪くなった子供がいたんです。幸いなことに軽い症状で済んだから助かりましたが、夏日になるととても危険です。



夏のマスク熱中症


 今回はのことは水分補給ができていなかったこともあります。これは私の経験ですが、マスクを着用していることでマスクの脱着が面倒になり水分補給の回数が減ったりしたことがあります。案の定、軽い熱中症になったことがありました。体温調節ができていなかったのでしょう。

 このようなことがあって、今では着用する場所を区別するようになりました。これからは気温が上がるので必要なことだと思っています。



 ところで、今出回っている夏用のマスクがありますが、疑問に思いませんか。
私が思う疑問はコレ!

  • 「通気性がいいマスクはウイルスに効果あるの?」

  • 「本当にマスクとして機能しているの?」

  • 「もしかして建前上だけ?」


 この夏用のマスクは使ったことがないので何とも言えませんが、通気性がいいってことは機能しているのか不安です。



夏のマスクは息苦しい

 マスクは着用していれば吐いた息がこもるため、酸素濃度が低下するそうです。酸欠です。少し歩いただけでも息苦しくなり酸欠状態になります。心臓や脳が危険な状態になってしまいます。


 このことから、気温が上がる時期は人が密集していない所ではマスクを外した方がいいと思います。飛沫の心配がないのなら外した方がいいと思います。



今日の最後に

 まだまだ感染の恐れがある現在、夏でもマスクは必要です。しかし、気温が上がっているのでマスクの必要性を見極めることが重要だと思います。「マスク着用中は喉の渇きに気付きにくくなる」とも、「人が密集していない場所ではマスクを外すなど無理はしないように!」とも言われています。夏のマスク着用には十分に注意しましょう。

つぶやき

  • マスクを着用したら日焼け対策は?

  • マスクの部分だけ白くなるの?

  • 日焼け止めを使った方がいいのかな?

  • UVカットのマスク、洗濯したら効果がなくなる?

マスク着用したまま日焼けしたら…。コワイ。
今年の夏は自粛かな。

最後まで読んでくださりありがとうございました。



www.raruka.net





お酢の賞味期限!開封後はいつまで日持ちするの?


お酢の賞味期限




こんにちは
ご家庭に1本はあると思う「お酢」。使い出すと癖になりますよね。私は毎日使っています。
ところで、お酢ってどのくらい日持ちするのでしょうか。長く持つと聞いたことはあるんですが…。
そこで今日は『お酢の期限』についてお話したいと思います。


お酢の期限




お酢の期限

 はじめに、お酢は腐る?


 答えは、お酢は腐りません。


 酢の主成分は酢酸で、強い酸性なので腐ることはありません。しかし、腐敗しませんが保存状態によっては酸化により品質が劣化することがあります。この劣化があるので、お酢には賞味期限があります。 お酢の期限は以下の通りになります。参考にしてみてください。
※今回は味の期限である「賞味期限」についてです。



お酢の賞味期限

開封お酢
 お酢の賞味期限は、開封の状態で一般的に2年程度となっています。保存は30℃以下の冷暗所で保存しましょう。



 開封したお酢の賞味期限は、原材料や環境によって異なります。

穀物酢や米酢
  • 冷暗所の場合は、開封後約6ヶ月です。

  • 冷蔵庫の場合は、開封後約12ヶ月です。



純玄米黒酢や純リンゴ酢
  • 冷暗所の場合は、開封後約3ヶ月です。

  • 冷蔵庫の場合は、開封後約6ヶ月です。



すし酢やらっきょう酢
  • 冷暗所の場合は、開封後約3~4ヶ月以内です。

  • 冷蔵庫の場合は、開封後約6~8ヶ月以内です。



カンタン酢・マリネの素・ポン酢・南蛮漬けの素など調味酢
  • 冷蔵保存が条件で、開封後約3~4ヶ月以内にお使いください。



 このように温度や原材料によって劣化の速度が異なるので注意しましょう。基本的には腐るものではありませんが、賞味期限が過ぎると旨味がなくなってしまうので早めに使い切ってください。


 また、長期保存していると白いま膜ができることがあります。これはバクテリアセルロースと言って人体には無害ですが気持ち悪いようなら、防止策をとるか全て破棄してください。


防止策

  • 酢500mlに対して小さじ1杯程度の塩を入れます。


 塩で菌の繁殖は防げますが、開封したものはなるべく冷蔵庫で保管しましょう。



お酢の劣化

お酢が劣化しているのか見分け方を紹介します。


見た目
 お酢の中に白い膜のようなものが見られるようになります。これは先ほどもお伝えしましたが、空気中の酢酸菌によってセルロースによる現象です。1度発生してしまうと完全に取り除くことはできませんので注意しましょう。


臭い
 お酢は、劣化すると特有のツンとした臭いが無くなります。これは腐っていると言うことではなく、劣化によってお酢の臭いだけが消えてしまう現象です。このような場合は、風味が落ちているので料理への使用は控えましょう。


 劣化したお酢は美味しくないので、お掃除などに使いましょう。シンクを洗えばピカピカに!洗濯槽に入れればカビとりになります。

 また、 畳のお掃除にも使えますよ。掃除機で畳のホコリを吸い取り取り、水500ccにお酢大さじ3を加えた酢水を作り雑巾に含ませてしっかりと絞ります。あとは畳の目に沿って拭いていくだけです。ご活用ください。



今日の最後に

 今回は意外と忘れ去られているお酢の期限についてお話しました。腐らないといえ、劣化は進みます。味に影響を与えるので、保存は冷蔵保存で1年以内に使い切りましょう。

 お酢には疲労回復効果があるのは有名ですよね。わずか大さじ1杯でいいそうなので、これからの季節は毎日お酢を摂って元気に過ごしましょう。
最後まで読んでくださりありがとうございました。



www.raruka.net





手作りおにぎりは傷みやすい!3時間後は危険!



おにぎりは傷みやすい




こんにちは、手軽に食べることができるおにぎり。でも心配なのが食中毒です。直接手で触るので心配ですよね。気温も湿度も上がるので注意しなければなりません。そこで今日は『おにぎりの腐敗』についてお話したいと思います。

おにぎりの腐敗




おにぎりの腐敗

 答えからです。

 手作りおにぎりは、夏場の温度で2~3時間で傷み始めます。

 気温が低くくても、半日程で傷み始めます。


 2~3時間で傷み始めるので朝に作ったおにぎりは、お昼は危ないということになります。これは、おにぎりに限らずお弁当全体に言えることなんですよ。


 また、冷蔵庫(10℃以下)に入れた場合は、夏冬かかわらず1日が限度になります。


 このようなことから、おにぎりの保存は4~5時間が限度と言えます。ご飯自体は保存性に優れた食材とは言えないので注意しましょう。



おにぎりが腐っているか見分けるポイント

食べてしまってからでは手遅れになります。そうならないためにも見分けるポイントを説明します。

見た目・状態

  • ネバネバしている

  • 糸をひくような感じがある

  • カピカピの状態

  • 酸っぱい味


臭い

  • 酸っぱい臭い


※少しでも当てはまっていたら諦めて処分しましょう。



おにぎりの腐敗を遅らせる

 1~2時間で腐敗は始まります。残念ながら防ぐことはできないので、遅らせる手段をとりましょう。


その一つの方法に「お酢」を使うがあります。ですがおにぎりに関してはあまり有効ではありません。理由は、温度が高いからです。いくらお酢を使っていても、温度が上がっていては効かないのです。なので、お酢に頼ることはお勧めできません。参考までに、酢飯は温度管理されていても1日で破棄が常識とされています。



腐敗を遅らせるポイント
  • おにぎりを握るときは、十分に手洗いをしラップを使って握りましょう。

  • 具材は傷みにくいものを使いましょう。

  • 握ったら1度ラップを外して冷ましましょう。

  • 冷めたら新しいラップで包みましょう。

  • 海苔は食べる直前に巻きましょう。

  • 必ず保冷バッグを使い、中には十分な大きさの保冷剤を入れましょう。



保冷剤代わり


 保冷剤がない場合は、ペットボトルに水を入れて冷凍して保冷剤の代わりにしましょう。夏場は傷みやすくなりますので、20℃以下の環境にすることが大切です。また、お弁当なら抗菌シートが有効です。8時間程度持つので使ってみてくださいね。何よりも、早めに食べることが重要ですね。



今日の最後に

 手作りおにぎりは、夏場の温度で2~3時間で傷み始めます。4~5時間が保存の限度になります。 気温が低くい時期でも、半日程で傷み始めます。また、冷蔵庫で保存していたとしても1日が限度なので注意しましょう。ちなみに、コンビニのおにぎりは6~8時間くらい、保存料が使われていると思いますが6~8時間が限度です。コンビニのおにぎりにも注意が必要ですね。

 当たり前のことですが、気温が上がっているので食中毒に対して再認識しましょう。
最後まで読んでくださりありがとうございました。



www.raruka.net





コンニャクは長期保存が可能! その理由とは



コンニャクの保存




こんにちは、低カロリーで食物繊維が豊富な食材コンニャク。このコンニャクの賞味期限が長いことご存知でしょうか。そこで今日は『コンニャクの賞味期限』についてお話したいと思います。

コンニャクの賞味期限




コンニャクの賞味期限

 コンニャクの賞味期限は、開封の状態で60~90日です。


 3ヶ月は意外ですよね。しかもこれは賞味期限なので、消費期限期限とは異なるんです。消費期限はならこれ以上で、保存状態さえよければ1年以上保存できます。でも水分がコンニャクから出てしまい(離水)、食感が損なわれてしまうので食べてもあまり美味しくありません。
ではどうして長く保存できるのでしょうか。



長期保存ができる理由

 その秘密は、コンニャクの性質とパックに入っている水にあります。

 コンニャクはアルカリ性の食品で、当然のことですがパックの中の液体もアルカリ性なんです。しかも、pH11以上という極めて高いアルカリ性をなんです。アルカリ水は殺菌作用があるため、この水に浸けておくことで長く保存できるということになります。

 なので、冷蔵室がいっぱいのときは、未開封に限り冷蔵室へ入れなくても大丈夫です。直射日光の当たらないなるべく涼しい場所で保管できます。



開封後のコンニャク

 しかし、1度開封してしまうと日持ちが悪くなります。そこで、できるだけ長く保存するには、パックに入っていたアルカリ水を捨てないことがポイントになります。


 開封後に余った場合は、タッパーにこの水を入れます。そして余ったコンニャクを浸けて保存すれば、1~3週間は日持ちします。コンニャクを開封するのときは水を捨てないように注意しましょう。


 もしも水を捨ててしまった場合は、水道水を入れて乾燥から守ってください。保存期限は、2日に1回は水をかえて5~6日くらいになります。なお、水道水を使っているので、コンニャク自体のアルカリ水が水に溶けていきます。そのためコンニャクの食感が悪くなってしまいますが、傷んでいるわけではないので安心してくださいね。


コンニャクが傷むと

 ちなみに、傷んだコンニャクは次のような状態になります。

  • 酷い悪臭

  • ヌメリがでる

  • ドロっとしている(弾力がなくなる)

  • 形が崩れている

  • 浸している水に膜が張っている


 このような状態のものは絶対に食べないようにしてください。腐っている証拠です。

 もしも、開封前のコンニャクでも、袋が膨張していれば腐っている可能性が高いので、袋を開けて上記の状態がないか確認しましょう。



下処理

コンニャクの下処理


 高濃度の液体によって日持ちすることはわかりましたが、食べる場合には下処理をしなければなりません。その方法を紹介します。


下処理方法
  1. コンニャクを水で洗い、食べやすい大きさにする

  2. ボウルなどにコンニャクを入れ、塩をまぶしよく揉む

  3. 水分が出たら水で洗い流す

  4. 鍋にコンニャクを入れ、かぶるくらいの水を入れて火にかける

  5. 沸騰したら中火にして、4~5分程茹でる

  6. ザルにあげて流水でしっかりとアクと臭みを洗う

  7. 完成です


 この他にレンジを使っても下処理ができます。レンジを使う場合は、鍋の代わりに耐熱皿を使います。

  1. 耐熱皿にコンニャクを入れ、かぶるくらいまで水を張ります

  2. ラップをして100gあたり500Wで2分を目安に加熱します

  3. ザルにあげて水洗いして完成です


レンジだけでもエグミが消えて美味しくいただくことがポイントです。



今日の最後

コンニャクの期限

  • 開封の状態で、60~90日

  • 開封後のアルカリ水に浸けて、1~3週間

  • 開封後に水道水に浸けて、5~6日

  • ラップに包んで保存、2~3日


 コンニャクは高濃度のアルカリ水で守られています。保存する場合は、入っていた水を捨てないことがポイントです。強い外装のものなら腐らないと言われています。ただ90日もすれば、確認に味が落ちてしまうのでお勧めはしません。

 コンニャクは食物繊維とカルシウムの塊です。便秘解消やダイエットにコンニャクを食べてみてはいかがでしょうか。
最後まで読んでくださりありがとうございました。


www.raruka.net





手作りゼリーはどのくらい日持ちするの?



ゼリーの消費期限




こんにちは、気温が上がって暑いですね。
暑くなると食べたくなるのが冷たいゼリー。市販のゼリーも美味しいのですが、手作りゼリーもいいですよね。ところで、手作りのゼリーってどのくらい日持ちするんでしょう。気温が上がっているので心配ですよね。一見、傷みそうなものは入っていないので日持ちしそうに見えるんですが…。
そこで今日は『手作りゼリーの消費期限』についてお話したいと思います。


ゼリーの消費期限




手作りゼリーの消費期限

 手作りゼリーの消費期限は、冷蔵庫で保存した場合に限り、製造日を含めて2日以内です。



理由
  • 2日以上経過してしまうと味が落ちてしまう。

  • 2日を過ぎると雑菌が繁殖し始める。


 ゼリーはゼラチンを使って作られています。それにプラスして水分がとても多い食品です。ゼリーは菌が繁殖しやすい環境が整ってしまっているんです。ゼリーは水分の多い生菓子なので、手作りのゼリーは長期保存ができない食品になります。


 寒天で作ったゼリーも日持ちしません。理由は、ゼラチンの場合と同じです。寒天は菌の培養にも使われるほど菌が繁殖しやすい素材、手作りなら菌の繁殖も速くなります。なので、2日が限度になってしまいます。


 アガーを使った場合も同様です。日持ちしないので注意が必要です。


 牛乳を使った場合のゼリーは、上記のゼリーよりも更に短くなります。牛乳が入っているので、いくら火を通していても、完全に殺菌することは難しくなります。牛乳を使用したものはその日のうちにお召し上がりください。


 また、市販のゼリーも開封してあるものは、2日程度になります。こちらも理由は同じで、雑菌の繁殖が原因です。開封したら2日以内に食べ切るようにしましょう。


 どうしても食べ切れないのなら冷凍保存しましょう。生菓子なので本来の食感は損なわれてしまうので、それを承知で冷凍するならOKです。食べるときは、半解凍にしてシャーベット状にして食べると美味しくいただけます。2週間程は冷凍保存できますよ。



冷凍を前提としてゼリーを作る
アガー


 食感を失うことなく冷凍したいときは、作るときにゼラチンや寒天の代わりにアガーを使用することで冷凍可能になります。


 アガーとは海藻の抽出物であるカラーギナンを原料とした凝固剤です。アガーを使用することで解凍しても水っぽくならず、なめらかな食感をそのまま保つことができます。例えば、凍ったままお弁当箱に詰めれば保冷剤の代わりになり、食後のデザートにする場合に便利です。解け出す水分も少なめになりますよ。
こちらも冷凍期間は2週間になります。



ゼリーが腐ると

 ゼリーは一般的に腐ることはほとんどありません。腐るとしたらフルーツや牛乳などを使ったときです。添加したものによって腐敗スピードが変わってくるので注意しましょう。


 腐敗よりもコワイのは菌の繁殖です。菌は塊になるまで目に見えないので作りたてのゼリーではわかりません。しかし確実に菌は生きているので増殖させないようにしましょう。



今日の最後

 手作りゼリーの消費期限は、2日以内です。

 牛乳などを使った場合は、その日のうちが消費期限になります。どうしても食べ切れないのであれば冷凍しましょう。

 これからの暑くなると菌の繁殖条件が整います。冷蔵庫で保存していたからと過信せずに早めに食べ切ることをお勧めします。
最後まで読んでくださりありがとうございました。


www.raruka.net