シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

シシトウは生食可能な野菜!お肌のためには生が一番!



夏野菜




こんにちは
暑いですね!
ところでシシトウを食べるときって加熱が一般的ですが、生食しても良い野菜なのでしょうか。
そこで今日は『シシトウの生食』についてお話をしたいと思います。


シシトウの生食




シシトウの生食

シシトウはピーマンと同じ種類になり、ピーマンは生食が可能な野菜です。したがって、シシトウも生食が可能な野菜になります。特別な「加熱することで分解される毒素」のような成分も含まれていないので、内部のワタや種、ヘタも含めて、すべての部分が生食可能なんです。表面が硬いのと苦味があるので一般的に生食しないだけです。


 シシトウは丸ごと食べることができますが、稀に辛味が強いものがあります。辛みが特に強いのは種やワタの部分なので、丸ごと食べるときは種やワタを取り除いてから食べると良いですよ。


 「生食すると消化に悪そう」と思われるでしょうが、消化は生でも加熱調理後でもあまり変わりありません。それにもう一つ、辛味がある場合も加熱では変わりません。シシトウを加熱するのは、苦味をやわらげることと、柔らかくして食べやすくすることが目的です。


 生食のメリットは、ビタミンCに代表される熱に弱い栄養素をしっかり摂取できることです。ビタミンCはシミや老化を予防する効果あるので、美肌を保ちたい女性には生食はお勧めです。また、疲労回復の効果や、夏バテ防止にも効果があるので暑い季節の生食はお勧めです。もしも生食して食べにくいと感じたら、サッと加熱して食べてみてくださいね。



美味しいシシトウの選び方

ハリとツヤがあり、色が鮮やかなもの
 触ったときに張りと弾力のあるものを選びましょう。また、鮮やかな緑色をしていて表面にツヤがあるものが美味しいシシトウの特徴です。


軸の切り口
 軸が切られた状態で販売されている場合、軸の切り口がシワシワになっていたり、茶色く変色しているものは鮮度が落ちているサインです。緑色のものを選びましょう。



辛いシシトウを見分けるには

 辛いシシトウに当たる確率は10%です。市販のものだと出荷時に選別されるそうなので、確率的にはもっと低くなり当たる確率は数パーセントになります。


 家庭菜園などで収穫したものは10%の確立なので注意が必要ですね。素人が辛いシシトウを見分けるのは難しいことですが、見分ける方法がいくつかあるので参考にしてみてください。



シシトウの形

 曲がっていたり、シワが少ないなど、普通のシシトウと形が違うものは辛味が強くなります。また、痩せていたりする貧相なものも辛い可能性があります。



シシトウの香り

 香りが強いシシトウは辛味が強くなります。生だと分かりにくいので、そのときは数本かるく炙って嗅いでみると比較できます。



シシトウの種

 シシトウの中に入っている種が少ないものは辛い可能性があります。切ってみれば分かりますが、切らずに指でつまむことでも確認できます。種が多いものは中身が詰まっているため硬く感じ、種が少ないとスカスカなのでヘコミます。辛いシシトウを見分けるには、この方法が最適と言えます。



出荷の時期

 辛味の原因にストレスがあります。シシトウは夏野菜ですが暑さに弱い野菜で、厳しい暑さを受けたものや、乾燥して水分が少なかったものはストレスによって辛味が強くなります。このことから夏のシシトウは秋冬に比べると、辛い確率が高くなります。



 上記の4つのポイントを参考に、辛味のないシシトウを選んでみてくださいね。時々ある赤いシシトウは熟成したものです。食べると硬いだけで辛くはありませんので安心してください。



今日の最後に

 シシトウは生食が可能な野菜です。シシトウの生食は意外かもしれませんが、ビタミンなどをそのまま摂取できるメリットがあります。シシトウを食べる機会がありましたら生食をお勧めします。


 シシトウは一年を通して食べることができる野菜ですが旬は6~8月です。ビタミンやβ‐カロテンが豊富なので、美容と健康に召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


脇役では終わらない、パセリの優れた栄養!



パセリの栄養




こんにちは
緑色が鮮やかなパセリ、料理に添えられていますが食べていますか。添えられているからには、特別な栄養でもあるのでしょうか。食べるメリットも気になります。
そこで今日は『パセリ』についてお話をしたいと思います。


パセリの栄養




パセリの栄養

 パセリはお料理の彩り的な存在ですが、実はとても栄養豊富な野菜なんです。特に目を引くのがβ-カロテンとビタミンCです。


 β‐カロテンはニンジンとほぼ同じで、ニンジンが100g中に9000μgなのですが、パセリはこれにも近い量のβ‐カロテンを持っています。


 そしてもう一つ豊富なのがビタミンCです。なんとレモンを上回るほど豊富なんです。その量、レモンが100g中に100㎎なのに対し、パセリは100g中に120㎎も含まれています。見た目的にビタミンがあるようには見えませんよね。これはお料理に添えられていたら食べないと損ですね。


 その他にも、ビタミンE、鉄、カリウム、カルシウムなどのミネラル、さらに食物繊維や葉酸も豊富に含まれています。


 でも…。
 栄養豊富なことは分かりましたが、パセリを100g食べるとなると辛い。ちなみに、パセリ1束は20gくらいなのでやっぱり辛いですね。



食べるメリット

 栄養豊富なパセリには食べるメリットは多く存在します。お料理に添えられる理由も納得できるので参考にしてみてください。



生活習慣病の予防・抗酸化作用

 パセリに豊富に含まれるβ‐カロテンは、活性酸素を体内から取り除く抗酸化作用があります。また、パセリの緑色の色素であるクロロフィルにも、血中の悪玉コレステロールを減らす働きがあり血液をサラサラにしてくれるので効果のアップが期待できます。



美肌効果

 パセリのβ‐カロテンは体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜を強くする働きがあり肌荒れなどを防ぐ効果が期待できます。また、パセリにたっぷりと含まれるビタミンCは、コラーゲンの生成を助け、お肌のハリやツヤを増やしてくれます。



貧血の予防

 パセリは鉄分も豊富に含んでおり、鉄分はヘモグロビンの材料となるほか、ビタミンCが鉄の吸収を助けてくれるという相乗効果があります。貧血の予防に適しています。



むくみの改善

 パセリに含まれるたっぷりのカリウムは、利尿作用があり、体内から余分な水分を排出する機能を高めてくれます。体のむくみ改善に効果があります。



口臭予防

 独特の香り成分である、アピオールやミリスチシンなどの精油成分には、口内の雑菌の繁殖を弱め、口臭を抑える効果があります。その他にも、食欲増進、疲労回復に効果が期待できます。胃に適度な刺激を与えて消化をよくするので、食欲不振時にもお勧めです。



パセリの保存

 添えるだけだとやっぱり余りがちになってしまいます。そして買ってきたままだと2~3日しか日持ちしません。そこで、少しでも長く新鮮さを保つ保存方法を紹介します。


冷蔵保存
  1. 水を入れたグラスや瓶にさします。

  2. ポリ袋をかぶせて輪ゴムで密封します。

  3. 冷蔵庫の野菜室に入れ保存します。

  4. 保存の目安は、2週間ほど可能です。



冷凍保存
  1. ボウルに水を張り水洗いします。

  2. 洗ったらキッチンペーパーで挟むようにして水分をとります。

  3. 茎と葉に分け、冷凍用保存袋に入れます。

  4. 空気を抜いて密閉し、冷凍庫で保存します。


 使うときは、解凍せずそのまま調理に使えます。凍ったまま袋ごと揉むと、簡単にみじん切りができますよ。

保存の目安は、1ヶ月になります。



ドライパセリにして保存
ドライパセリ


  1. ボウルに水を張り水洗いします。

  2. 洗ったら葉先だけを摘みとります。

  3. キッチンペーパーで挟むようにして水分をとります。

  4. 耐熱皿の上にキッチンペーパーを4~5枚敷いて、葉を広げる。

  5. 600Wの電子レンジで3分ほど加熱する。

  6. 電子レンジの扉に付いた水分を拭きとる。

  7. 湿っているのでさらに2~3分加熱します。

  8. レンジから出して粗熱が取れるまで置きます。

  9. きれいなビニール袋に入れ、お好みの細かさになるまで揉んで細かくします。

  10. ビンや密閉容器などに入れて完成です。
         


 保存は冷凍保存がお勧めです。6ヶ月~1年くらい保存可能です。

 また、レンジを使わずに天日干しをする場合は、5日~1週間程度しっかりと乾燥させてください。保存方法と保存期間は同じです。


 余談ですが、パセリを洗うときは水を張ったボウルの中で洗うと良いですよ。パセリの葉の部分には砂が含まれているので、簡単な水洗いだけでは取れないことがあります。洗うときは水を張ったボウルの中が最適です。



今日の最後に

 パセリには多くの栄養素が含まれています。添えられている小さなパセリも食べた方が良いですね。更に、茎の部分もしっかり食べるとパセリの効能はより多く得られます。


 パセリは7月頃までが美味しい時季です。これ以降は冬になってしまうので、美味しいときの召し上がってみてはいかがでしょうか。大量消費を狙うなら、おひたしや炒め物がお勧めです。 最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


旬の今が食べ頃! ズッキーニは生食が可能ば野菜



夏野菜の話




こんにちは
夏野菜の一つ「ズッキーニ」、炒め物など油との相性はとても良いですよね。
ところで、ズッキーニを食べるときには加熱しますが、「生だとどうなの?」って思いませんか。
生食しても大丈夫なのでしょうか。
そこで今日は『ズッキーニ』についてお話をしたいと思います。


ズッキーニの生食




ズッキーニの生食

 ズッキーニは皆さんもご存知の通りカボチャの仲間です。なので加熱するのが当然だと思いますよね。


 実は生食が可能な野菜です。


 加熱して食べるよりも生で食べたほうが栄養価も高くなるので、生食はお勧め食べ方です。ただし、アクがあるので生で食べるときはアク抜きをした方が美味しく食べることができます。


 早速、食べ方を紹介したいのですが、先ずは美味しいズッキーニの選び方から紹介します。



美味しいズッキーニの選び方

 ズッキーニの選び方で重要となるのが若いものを選ぶことです。育ちすぎているものは、皮も硬く種も大きくなっているので若いズッキーニを選びましょう。


ズッキーニを選ぶポイント
  • 太さがキュウリの2~3倍のも

  • 長さは20cm前後までのもの

  • 全体が濃い緑色のもの

  • 上から下まで太さが均一なもの

  • 表面に傷がないもの

  • ツヤのあるもの


 大きなものほど味が落ちるので、大きすぎるものは避けましょう。また、古くなると実がスカスカになるので、これにも注意が必要になります。



購入したら涼しい場所で保存

 ズッキーニの保存に適した温度は、10~20℃になります。冷蔵庫で保存したいところですが、冷蔵保存は冷たすぎるので向いていないんです。なるべく常温で保存しましょう。


 長期保存をしたい場合は、冷凍保存をお勧めします。その際には必ずカットしてから冷凍が条件になります。各保存期間は以下の通りになります。


保存期限

  • 常温での場合 約1週間

  • 冷蔵保存の場合 3~5日

  • 冷凍の場合(生) 2週間

  • 冷凍の場合(加熱) 1ヶ月



生ズッキーニを食べる

 先ほどもお伝えしましたが、生食にはアク抜きをすることで美味しく食べることができます。それではやり方を説明します。



アク抜きのやり方(ズッキーニ1本分)
  1. サッと水洗いした後、ヘタの部分を落として適当な幅の輪切りにします。

  2. ボウルかバットにかぶるくらいまで水を張り、塩(小さじ1/4程度)を入れて混ぜます。

  3. 先ほど切ったズッキーニを入れて10分浸します。

  4. 塩水を捨てて、キッチンペーパーで水分を拭きとったら完成です。


アク抜き


 切り方は輪切り以外でも大丈夫です。スライサーなどでスライスしたり、千切りやみじん切りにしたり、ピーラーで縦長にむけばサラダに使えます。切り方は料理方法に合わせて選んでくださいね。



今日の最後に

 加熱調理が多いズッキーニですが、実は生食が可能な野菜です。生食のメリットは、カリウムやビタミンCを逃さず摂取できることです。夏バテや疲労回復に効果抜群、夏にピッタリの食材です。


 ズッキーニの旬は6~8月です。早い時期の方が美味しいと言われているので、初夏のうちに召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


ポリフェノールたっぷり、ジュンサイ!



ジュンサイ




こんにちは
ゼリーにような感じを持つ食材に「ジュンサイ」と言うものがあります。ヌメリがあって少し不思議な食べ物ですよね。
ところで、ジュンサイって見た目がゼリー!
どのような栄養が含まれているのか気になりませんか。
そこで今日は『ジュンサイ』についてお話をしたいと思います。


ジュンサイの栄養




ジュンサイ

 はじめはジュンサイのことをカンタンに!


 ジュンサイは、淡水沼に自生する水草の一種です。沼の底に根を張って水中で茎を伸ばして成長します。成長が進むと楕円形の葉を水面に浮かべます。春になると芽を出し花が咲きます。


 食用となるのは、この茎から出てくる新芽で、ゼリー状にヌメリを持ったものに覆われています。このヌメリが厚いものほど品質が良いとされています。


 ジュンサイは世界に広く分布している植物ですが、食用としているのは日本と中国くらいです。 多くは輸入品で、日本国内で出回るジュンサイの80%は中国産のものとなります。



ゼリー状のヌメリ

 ジュンサイの特徴であるゼリー状のヌメリはムチンで、粘膜を潤して、強くする効果があります。ジュンサイも新芽を守るためにヌメリを出しているそうです。


 ムチンの効果は、胃粘膜を強化、胃壁を保護し、胃潰瘍や胃炎の予防・改善を促す効果になります。



ジュンサイの栄養

 ジュンサイの栄養成分は、食物繊維やカルシウム、カリウムが含まれています。カリウムやナトリウムなどのミネラルもバランスよく含まれ、体のむくみなどにも効果的です。また、低カロリーなのでダイエット向きの食材として重宝されています。


 ジュンサイで注目すべきはポリフェノールです。 葉の部分に多く含まれ、緑茶に相当するぐらいの豊富なポリフェノールがあります。ジュンサイには20種類以上ものポリフェノールが含まれているそうです。これなら食べるメリットは十分にありそうですね。


 ポリフェノールの効能は、抗酸化作用に優れ、体の老化を防ぎ、動脈硬化などの原因となる悪玉コレステロールを改善し、生活習慣病の予防に役立つ効果があります。



ジュンサイを食べる

ジュンサイの下処理


 採れたての新鮮なものは生でも食べることができるそうですが、ほとんどのものは下処理が必要となります。では、下処理のやり方を説明します。



生のジュンサイ
  1. ボウルに入れ優しく水洗いする

  2. ザルにあげて水を切る

  3. ジュンサイを沸騰したお湯に入れ、1~2分茹でる

  4. 色が鮮やかなグリーンになったら鍋から引きあげる

  5. 冷水に入れ色止めをします

  6. 水を切って完成です


 水洗いするときにヌメリを落とさないように注意しましょう。水に浮かべ手で優しく触れる程度で十分です。



加工済みのジュンサイ(水煮・酢)
  1. 入っている容器(瓶、袋、カップなど)を開け、ザルで水を切ります

  2. 水を張ったボール(ジュンサイ1に対し水10)に移します

  3. 30分~1晩程度、冷蔵庫で寝かせます。(酢の匂いが消えるまで)

  4. 水を切って完成です


 お酢が大丈夫な方は1の後に、酢抜きせずにそのままお召し上がりください。



保存

 ジュンサイは保存期間が長くなると味が落ちてしまいます。なるべく早めにお召し上がりください。



 下処理したジュンサイはタッパーなどに入れ水を張って保存しますが、必ず2日に一回は水を交換しましょう。この方が日持ちします。


 ジュンサイの冷凍保存は可能ですが、一般家庭の冷凍ではゼリー状ものが壊れてしまうそうです。-50℃くらいなら可能らしいです。冷凍は考えない方が良さそうですね。



今日の最後に

 ジュンサイは9月ぐらいまで収穫されます。最盛期であるの7月上旬までが「1番芽」と呼ばれるゼリー状の部分が多く品質が最も高いものです。ポリフェノールがたっぷり含まれているので、旬の時期を逃さないようにお召し上がりください。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


夏の飲み物「ラムネ」! ところで、ラムネの語源ってなんだろう?



夏はラムネ




こんにちは
誰もが子供のころに飲んだことがあるラムネ。時々飲みたくなりませんか。ところで、「ラムネ」と言う名前の語源ってどこからきているのでしょうか。
そこで今日は『ラムネ』についてお話をしたいと思います。


ラムネの話




ラムネの語源って?

 ラムネってどこか懐かしい響きですよね。ラムネと言う名前の元になっているのは、「レモネード」です。


 ラムネの原型となるレモネードが日本に渡ってきたのは、1853年(嘉永6年)のことです。アメリカから来たペリー提督が浦賀に来航した際に、艦上で交渉役の江戸幕府の役人たちに炭酸レモネードを振る舞ったことが最初と言われています。


 日本で初めて製造されたのは、1865年(慶応元年)長崎県の藤瀬半兵衛氏が外国人からレモネードの製法を学び「レモン水」の名で製造されました。しかし、「レモン水」というネーミングは使われず、レモネードが訛った「ラムネ」の呼び名が一般化し販売名になりました。当時は「レ」が「ラ」の発音に聞えて「ラムネ」になったそうです。


 なお、「ラムネ」の名称は、ブランド名とは違い、一般名称や一般的カテゴリ名になります。



ラムネと言えば硝子玉

 ラムネが日本へ渡って来た頃は、コルクで栓をするタイプのものでした。しかし、コルクは高価なことと、時間の経過で炭酸が抜けてしまったのです。そこで密栓ができる栓として硝子玉栓のビンが、ラムネの生みの親でもあるハイラム・コッド氏(1838-1887、イギリス)によって発明されました。硝子玉栓のビンは、1872年にはイギリス、1873年にはアメリカで特許が取得されています。


 日本初は1887年(明治20年)頃のことです。ラムネが製造された当初はイギリスから輸入された舶来品を使っていましたが、日本でも大阪のガラス業者を皮切りに国産ビンの製造が始まりました。


 余談ですが、ラムネに使われる硝子玉はビー玉と言わないそうです。栓に使う硝子玉には2種類あるそうです。規格に合格した玉は「A玉」、フタとしては使用できない規格外の玉を「B玉」と呼ぶそうです。私たちが呼んでいるビー玉の方は、傷や歪みがあるもので規格外のものになり遊び道具としての「ビー玉」になります。栓として使われる硝子玉は「A玉」というものになります。ちなみにビンのくびれは、ビンを逆さまにしたとき(飲むとき)に、早く硝子玉をビンの口まで落として、ガスが逃げるのを防ぐためだそうです。


 歪みがあるビー玉では炭酸が抜けちゃいますもんね。今ではプラスチック製になり、ほとんど見かけないというのが残念なことです。



今日の最後に

 時々飲みたくなるラムネの語源は、英語のレモネードが訛ってラムネになりました。レモネードが渡って来た当時なら訛っても仕方のないことなのかもしれませんね。


 ところで、ラムネとサイダーの違いって気になりませんか。実はこの2つ、同じものなんです。硝子玉入りの瓶の形をしているのがラムネ、それ以外はサイダーに分類されます。中味の違いはないようです。
そんなことで、この夏はラムネを飲んで頑張りましょう!
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク