シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

旬のリンゴ! 加熱したら栄養は、「減る?」「 減らない?」どっち!


スポンサーリンク


リンゴ




こんにちは
リンゴが美味しい季節になりましたね。甘酸っぱい香りに誘われて、ついつい食べてしまいます。
ところで、リンゴを食べるときはほとんどが生だと思いますが、加熱したら栄養面などはどうなるでしょうか。加熱して減ってしまったら勿体ないですよね。
そこで今日は『リンゴの加熱』についてお話をしたいと思います。



リンゴ


リンゴ



 リンゴは、アダムとイブの物語にも登場するほど歴史がある食べ物で、その起源は約8000年前ともいわれています。栄養価が高いことから紀元前1300年にはエジプトで栽培が始まっていたそうです。そしてヨーロッパや中国などへ伝えられ、世界中に広まったと考えられています。以後品種改良が進み、現在では世界中で約15000種もの品種があるそうです。


 日本へは、平安時代中期(900年頃)に中国から渡来しました。 当時は現在のようなリンゴとは異なり、「和リンゴ」という粒の小さな野生種のリンゴだったそうです。主に観賞用として植えられていました。 日本での本格的なリンゴ栽培は、明治初期に政府によってアメリカやフランスから導入され全国に広まりました。


 リンゴの歴史はこのへんにしまして、リンゴを加熱したら栄養はどうなるのかについての話に移りたいと思います。



リンゴの栄養は熱に強い?


リンゴの加熱


 みなさんもご存知のとおり、リンゴは栄養豊富な食べ物です。イギリスの一地方では「1日1個のリンゴは医者いらず」といわれていたほどです。


 主な栄養素は、ビタミンA、ビタミンC、カリウムペクチンセルロースポリフェノールクエン酸やリンゴ酸になります。この中で加熱に弱そうなものはビタミンCですが、リンゴのビタミンCは酸化型なので加熱しても破壊されず栄養がそのまま残ります。また、ポリフェノールも熱に強く、加熱しても栄養が失われません。熱に強いものばかりですね。ただ、酵素に限っては加熱に弱いので生で食べたほうが良いといえます。



加熱で増える!

 リンゴには、クチンという成分が含まれています。ペクチンは水溶性の食物繊維で、整腸作用や粘膜保護、コレステロールを下げるといった効果をもたらしてくれます。実はペクチンは加熱することによって6~9倍にもなるんです。100℃以上で加熱が条件ですが、煮たり焼いたりすれば効果を発揮してくれます。また、女性の方に嬉しいエイジングケアに欠かせない、抗酸化作用も8~9倍にアップするんですよ。


 その他にも良いことがあります。腸内で善玉菌のエサになるオリゴ糖が増え、これによって善玉菌の活動が2倍になり便秘の改善が期待できます。さらに、加熱することでポリフェノールの吸収率も上がります。こうやってみると、リンゴって加熱した方がメリットが大きいといえますね。



温かいリンゴを食べる

 リンゴを加熱して食べることは手間がかかると思われそうですが、実は意外と簡単なんですよ。というのも、リンゴを薄めに切ったら、耐熱皿に並べて600Wで1分半ほど加熱するだけなんです。これだけでリンゴの栄養がアップするんです。これならすぐに出来そうですよね。


 その他にもやり方があるので簡単な方法を2つ紹介します。



まるごとレンジで加熱する場合
  1. リンゴを洗い、芯をくり抜きます。

  2. くり抜いたところに、砂糖とバターを交互に入れます。

  3. 耐熱皿にのせてラップをして600Wレンジで4分30秒加熱します。

  4. 完成です。



フライパンを使う場合
  1. リンゴをお好みの厚さにスライスします。

  2. バターを溶かしたフライパンに並べて蓋をします。

  3. 3分程度焼いて、少し色が付いたら裏返し、グラニュー糖を振りかけます。

  4. 色が付いたら、もう一度裏返します。

  5. 水分が飛んだら完成です。


 どれも手間のかかるものではないので試してみてくださいね。



今日の最後に

 リンゴは加熱すると栄養素がアップします。特にペクチンは6~9倍にも増えるます。ペクチンを効率的に摂取するなら加熱するのが一番です。


 リンゴが美味しい季節です。リンゴは先ほどの整腸作用をはじめ、疲労回復や美容効果、抗アレルギー作用などに効果的!まさに医者いらずの食べ物です。美味しい時期に召し上がってみてはいかがでしょうか。リンゴを食べるタイミングは朝か昼がベストですよ!
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


栄養満点の豆乳! 10月12日は豆乳の日


スポンサーリンク


豆乳の日




こんにちは
10月って寒暖の差が大きいですね。体調管理が大変です。みなさん風邪をひかないようにしましょうね。
話は変わりますが、10月12日は豆乳の日ということをご存知ですか。あまりピンと来ない方も多いと思うので豆乳について取り上げてみたいと思います。
そこで今日は『豆乳』についてお話をしたいと思います。




豆乳の日


豆乳の日



突然、言われても「豆乳の日ってなに?」と思いますよね。


 豆乳の日は、日本豆乳協会が2008年(平成20)に制定されました。(正式には、2012年登録とのこと)12日を、とう(10)にゅう(2)の語呂合わせで読んで豆乳の日になったそうです。ちなみに、この記念日は一般社団法人、日本記念日協会により認定・登録されているとのことです。



豆乳

 豆乳は、豆乳は大豆を原料として、豆腐に固める前の乳液の状態のものをいいます。別名で「ソイミルク」とも呼ばれています。豆乳はJAS規格で3種類あり、無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料に分かれています。 ちなみに、豆乳を煮詰めた汁を濾して残った繊維質のものが「おから」になります。


 豆乳の起源は分かっていませんが、豆腐が作られるようになったのが約2200年前の中国でのことですから、これよりも古い時代からの豆乳はあったといわれています。日本へ豆腐と豆乳が伝わったのは奈良時代のことで、この時代の記録に豆腐羹(とうふかん)という精進料理で紹介されています。ちなみに、豆腐羹とは豆腐のスープという意味です。鎌倉時代には禅宗の僧侶たちの食膳に豆乳が出されていたそうですよ。


 現在のように豆乳が世間に知れ渡るようになったのは1975年(昭和50)からのことです。昔の豆乳は青臭さとエグミがあり普及しなかったそうですよ。その後昭和57年~58年の豆乳ブームで一気に広まったそうです。


 このような歴史で豆乳は時代とともに広まり、日本豆乳協会が2008年に豆腐の日を制定し、2012年に正式に登録されました。豆乳の日には豆乳について、消費者の理解や関心をより高める狙いがあったそうです。


 古くから飲まれていたものならメリットがあるはずですよね。では実際に豆乳にはどのような効能があるのでしょうか。



豆乳は栄養満点


豆乳の栄養


 豆乳は、一晩水に浸けた大豆をすりつぶし、水を加えて煮た汁を濾した飲み物です。なので豆乳には、多くの栄養素が含まれているんです。そこで注目すべきは、大豆タンパク質とイソフラボンです。


大豆タンパク質

 大豆には植物性タンパク質が33%含まれていて、ほとんどが水溶性なので豆乳にはタンパク質が溶け込んでいます。植物性タンパク質なので吸収速度がゆっくりになり満腹感が持続します。間食の予防としてもダイエットの強い味方になってくれます。また、大豆タンパク質は血清コレステロールの低下作用、血小板の凝集性の抑制作用など、全身の血流改善に効果があります。


イソフラボン

 大豆イソフラボンは、大豆の胚芽に含まれている植物性化合物でポリフェノールの一種です。女性ホルモンの代表であるエストロゲンに似た構造をしていることで、ホルモン依存型のがん予防にも効果が期待されています。また、イソフラボンの代替ホルモンとしての働きは、骨粗鬆症予防にも効果があります。


 その他にもレシチンサポニンオリゴ糖などの栄養素がたくさん含まれているので、美肌など美容効果、ダイエット効果、貧血予防の効果。血行促進効果、便秘解消の効果などがあります。豆乳は、このような効能を手軽に摂れるところが良いですよね。



飲むときの注意点

 豆乳に含まれるイソフラボンは、体内でイソフラボンアグリコンに変化します。これにより体に悪い影響を与えてしまうので注意が必要です。


 イソフラボンアグリコンは1日に70~75㎎が摂取量の目安とされ、ホルモンバランスなどへ影響を及ぼします。毎日飲むならコップ1杯の200~300㎖くらいを目安に摂ると良いでしょう。メリットがあればデメリットもありますが、摂取量さえ守ればプラスに働くので心配ありませんよ!


飲み過ぎによる悪い影響

  • 月経周期の乱れ

  • 子宮内膜増殖症

  • 男性の女性化

  • 下痢を引き起こす

  • アレルギー症状の発症



豆乳を飲むタイミング

 ダイエット効果を上げたい場合は、食事前の空腹時がお勧めです。間食の代わり飲んでもOKです。


 コレステロールを下げたい場合は、食後の摂取がお勧めです。乳に含まれる大豆タンパク質は、コレステロールに吸着して体の外へ排出する作用があるのでコレステロールを下げてくれます。



今日の最後に

 今回は豆乳の日(10月12日)にちなんで豆乳を取り上げてみました。多くの効果・効能を持つ豆乳、最近では凄く飲みやすくなっていますのでコップ1杯の200~300㎖を目安に飲んでみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


ジャガイモ! メークインの由来とは


スポンサーリンク


味覚の秋




こんにちは
秋ということで気温が下がっていますね。朝晩は肌寒いくらいなので体調管理に注意してくださいね。
気温が下がると食べたくなるのが煮込み料理でしょうか。野菜をたっぷり入れて煮込むとヘルシーで良いですよね。
ところで、煮込み料理によく使うメークインってどうしてこの名前が付けられているのでしょうか。
そこで今日は『メークイン』についてお話をしたいと思います。


メークイン


メークイン



 メークインは、男爵薯とともに親しまれているジャガイモの品種です。メークインの起源は、19世紀末にイギリスのベンサムで、サドラー氏が栽培したのが始まりといわれています。その後エリザベス一世がイギリス全土に広げ、1900年にサットン商会が世間に紹介したと記録が残っています。


 日本へは大正時代の初期(1917~1918年頃)にアメリカを経由して渡来したといわれます。ジャガイモの産地である北海道では東部の厚岸群大田村(現 厚岸町)で、この頃に試作されたというと記録が残っています。 北海道で本格的な栽培が始まったのは、大正14年に厚沢部で試作が行われて、それから全国に広がったと言われています。一般的に広まったのは昭和30年代以降で関西で人気になったことがきっかけです。



どうして「メークイン」なの?

 メークインの名前の由来は、「May Queen」と呼ばれていたところからきています。中世ヨーロッパに伝わる春の村祭り(メーデー)に、村娘の中から選ばれる女王(Queen)にちなんだもが由来になっているそうです。


 5月の女王ということでQueenが付けられていたんですね。


 日本では他にも数多くの呼び方があり、「メイクイン」、「メイクイーン」、「メークィン」、「メークィーン」、「メークイーン」などと呼ばれています。しかし、正しくは「メークイン」ということです。



メークインと煮崩れ


煮崩れ


 メークインは煮崩れしにくいといわれています。ですが、熱を加えれば煮崩れは起きます。これは細胞が分離することが原因で、ジャガイモはほとんどがデンプンなので煮るとで糊化して膨らみます。膨らむとそれまで密着していた細胞が離れてしまい、このときに煮崩れが起きます。


 メークインはデンプンが比較的に少なく、細胞を接着する働きのあるペクチンが溶け出しにくいので煮くずれしにくいのですが、長時間煮込んでしまえば崩れてしまうので注意が必要です。



解決策

 強火で煮ることはNG!強火だと鍋の中でジャガイモ同士がぶつかり合うので煮崩れが起きます。かと言って弱火だと煮込み時間が長くなって崩れてしまうのでこれも避ける必要があります。


 ではどうしたら良いのかというと、煮る場合は強火~中火くらいで落し蓋をすれば解決できます。これだと短時間で味が染み込むので煮込む必要がなくなり煮崩れが少なくなります。


 もう一つは先に火を入れれば煮崩れを防ぐことができます。先ずは、ジャガイモの皮を剥き、食べやすい大きさにカットしたら、耐熱皿にのせラップをかけて電子レンジで加熱します。500Wで4~5分くらい加熱してスーッと串が刺さればOKです。後は、完全に冷ましてから料理に投入してください。ペクチンは温度が下がると結合力が強くなるのでここがポイントです。


 これはメークイン男爵イモ、問わず使えるのでお試しください。



今日の最後に

 メークインの名前は、ヨーロッパの春の祭り「メーデー」で選ばれる女王に由来しています。 原産国にあたるイギリスでは、「May Queen(メイ・クイーン)」、日本では「メークイン」と呼びます。


 ジャガイモの旬は春と秋です。メイクイーンの甘みある種類でねっとりした食感で荷崩れしにくいので、煮込み料理に適しています。美味しい時期に召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


秋の食材! エゴマの栄養がすごい


スポンサーリンク


エゴマの葉




こんにちは
エゴマってよく耳にしますよね。スーパーにもエゴマ油として並べられています。だいたいエゴマってどのようなものなのでしょうか。
そこで今日は『エゴマ』についてお話をしたいと思います。


エゴマってなに?


エゴマの葉



 エゴマは紫蘇とそっくりな葉をしてますが、それもそのはずシソ科に分類される植物です。(上の写真☝)


 インドや中国雲南省が原産地で、青紫蘇の変種とされています。 日本へも古くから伝わり縄文時代には使われていたそうです。さらに奈良時代からは全国で栽培も行われていたということです。主に種を取ることが目的で、種から採れる油は灯火として使用されていたそうです。食用油として使われるようになったのは、平安時代初期からということです。また 灯火以外にも、和紙にエゴマ油を塗付し防水性を高め、雨具として使っていたそうですよ。


 生活の中に密着していたエゴマは 徳川中期まで利用されていましたが、江戸時代後期には安価で生産効率の良い菜種油が登場し、次第に使用頻度が少なくなりました。その後時を経て、現代になりエゴマの言い伝えから再び脚光を浴びるようになりました。



エゴマで10年延びる

 古くからエゴマは栄養が高いことが知られており、「エゴマを食べると寿命が10年延びる」といわれていました。 別名もあり「ジュウネン」と呼ばれていたそうです。


 実際にどのような効能があるかというと、動脈硬化や糖尿病、脳梗塞心筋梗塞などの病気を予防する効果があるそうです。



エゴマのα‐リノレン酸

 エゴマにはα‐リノレン酸という成分が多く含まれていて、α‐リノレン酸EPAに変化すると、血管の壁に入り溜まっっているコレステロールを排出してくれます。同時に傷ついた血管の修復も行ってくれます。簡単にいうと、の血管のトラブルを改善し予防も行ってくれることになります。これによって上記でお伝えしたような多くの効能がもたらされます。



アレルギーを抑制する効果

 α‐リノレン酸は、悪い働きをするリノール酸に対して働き、体内でリノール酸が過剰になることで発症する疾患を抑制してくれます。アレルギー抑制は現代人とって嬉しい効能ですね。



エゴマの効能



エゴマの摂り方


エゴマ


 エゴマは体に良いものですが、摂り過ぎると下痢など起こす場合があるので適量を守って食べる必要があります。1日の摂取量の目安は、小さじ1杯です。


 簡単な方法としてはサラダ・おひたし・和え物に加えると、まろやかな味になり食べやすくなります。


エゴマドレッシング(ベース)

 基本となるのはエゴマ油、酢、塩の3点です。あとはお好みでアレンジしてみてください。


用意するもの

  • エゴマ油 大さじ1

  • 酢 大さじ1

  • 塩 適量

  • 黒胡椒 適量(お好みで)


作り方

  1. ボウルにエゴマ油と、酢入れて混ぜる。

  2. 混ぜたら塩と、黒胡椒加えて、よく混ぜる。

  3. 完成です。


 あとは、レモン汁やおろしにんにく、味噌や醤油などを入れても合いますよ。



今日の最後に

 エゴマは古くから使われてきた植物で、主に油を取るために栽培されてきました。今では実に限らず葉も食べていますが、昔の人は葉のクセを嫌がり実から採れる油だけを目的としていたそうです。余談ですが、葉は大葉と似ているので迷ったときは、香りで判断すると良いですよ。


 エゴマの収穫時期は、葉が夏、実は秋に採れます。実はそのまま食べることができ栄養が豊富なので是非お試しください。簡単に摂取したいならエゴマ油が楽です。ただし、取り除きないように注意してくださいね。(1日に小さじ1杯程度!)
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク


秋の野菜! 「ハヤトウリ」はどんな野菜なの?


スポンサーリンク


秋の味覚




こんにちは
10月ということもあり日に日に気温が下がっていますね。秋を感じます。
話は変わりますが、「ハヤトウリ」という野菜をご存知でしょうか。秋に収穫される野菜なんですよ。初めての方もいらっしゃると思うので紹介したいと思います。
そこで今日は『ハヤトウリ』についてお話をしたいと思います。




ハヤトウリとは


ハヤトウリ



 名前だけ聞くと日本原産に思えますが、ハヤトウリはメキシコ南部から熱帯アメリカ地域が原産のウリ科の野菜になります。マヤやアステカの人たちによって栽培されてきた瓜でなんですよ。世界各国へは、スペイン人によって 広められました。ウリ科の植物ですが、形は西洋梨に似ていて、緑色のものと白色のものがあります。表面はでこぼことしていて、縦に溝のような筋が入っています。


 日本へは、大正6年(1917年)に鹿児島に伝えられ栽培が始まりました。名前の由来は、薩摩隼人の瓜ということで、「ハヤトウリ(隼人瓜)」という名前が付けられたそうです。※薩摩隼人は薩摩(鹿児島県)出身の武士のことです。


 また、ハヤトウリは 一株から100~200個以上も実が収穫できることから別名「センナリウリ(千成瓜)」とも呼ばれているそうです。もともと南国の植物なので、現在は鹿児島や沖縄など南の地方を中心に栽培が行われています。主な用途は、味は淡白でくせがないことから、漬物、炒め物、煮物などにして食べること多くなります。



ハヤトウリの栄養や効能

 ハヤトウリは、ウリ科だけあってほとんどが水分で、その他にカリウムやビタミンCを含みます。水分が多いので低カロリーになり、100gでわずか20kcalほどしかありません。さらに食物繊維が豊富なのでダイエット食としても最適です。


 また、パントテン酸なども含まれていますので、高血圧、むくみ予防、筋肉の収縮の正常化、肌や髪の健康維持、ストレスの緩和、免疫力を高めるなどの効能があります。主な栄養は次のとおりになります。


カリウム

  • 塩分を体から排出し、高血圧やむくみを予防します。


ビタミンC

  • 風邪の予防、疲労回復、肌荒れ防止に効果があります。


パテントン酸



ハヤトウリを食べる


ハヤトウリを食べる


選び方

 表面に傷や色のムラがなく、みずみずしい肌のものを選びましょう。余り大きくないものが良品といわれています。反対に、表面にシミがあるものや、シワが寄っているものは、収穫してから時間が経っているものなのでお勧めできません。


保存方法

 ハヤトウリの保存は、冷蔵庫ではなく、冷暗所での保存が最適です。乾燥させないように新聞紙で包み、風通しのよい涼しい場所で保存しましょう。保存期間は、2~3週間を目安にしてください。


食べ方

 ハヤトウリはそのままでも食べることができますが、実に苦味があるので、使う前に下処理をしましょう。塩もみをするだけなので簡単ですよ。その際に、皮を剥くと、ヌメヌメしたアクが出てきて、触ると手が荒れてしまうことがあるので手袋をしましょう。



下処理は簡単、塩もみでOK!

  1. 表面の硬い皮をピーラーなどで剥きます。

  2. 縦半分に切り分けて、中央にある種を取り除きます。

  3. 塩を実の表面にすり込みます。

  4. 流水でアクを洗い流します。

  5. 完了です。


 塩もみをしても苦味が気になる場合は、4~6等分に切って2分くらい熱湯で茹でるとアクがなくなります。あとは、食べやすい大きさにカットして、サラダや炒め物などに使ってください。



簡単、ハヤトウリの浅漬け

用意するもの

  • ハヤトウリ

  • 白だし 大さじ2

  • 醤油 大さじ1

  • 塩 ひとつまみ

  • 塩昆布 適量



作り方

  1. 下処理したハヤトウリを、5~6㎜の厚さに切ります。

  2. 切ったハヤトウリをビニール袋に入れます。

  3. 続いて、白だし、醤油、塩、塩昆布を加えます。

  4. しっかりと口を閉じて、そのまま冷蔵庫で一晩漬ければ完成です。


 苦みが気にならない方はアク抜きは省略しても構いませんよ。手軽にできるのでお試しください。



今日の最後に

 今回はハヤトウリの基本的な情報をお伝えしました。アク抜きさえ行えばクセのない野菜なので和洋中問わず使えます。


 ハヤトウリの旬は、10~11月になります。先ほど取り上げた効能の他にも、食欲増進効果や整腸作用、風邪の予防にも効果があります。調理方法も簡単ですし、万能な野菜として使ってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




スポンサーリンク