シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

「11月16日は自然薯の日」、自然薯は栄養満点な食材!


スポンサーリンク


晩秋




こんにちは
自然薯の日というものがあることをご存知でしょうか。私は全く知りませんでした。
自然薯に記念日を設けるなんてユニークですね。世の中にはいろいろな記念日があるものですね。
そこで今日は『自然薯』についてお話をしたいと思います。



自然薯の日


自然薯



 「自然薯の日 」は、 静岡県熱海市で自然薯の食事処「麦とろ童子」を営む清水元春氏が制定した記念日です。「いいいも」と読む語呂合わせから11月16日に制定したそうです。冬を前に自然薯を食べて体力をつけてもらおうとしたそうですよ。



自然薯ってどんな食べ物?

 自然薯(ジネンジョ)は、日本が原産のヤマノイモです。少し分かりずらいのですが、ヤマノイモは総称になり、その中には、自然薯・長芋・大和芋があります。


 自然薯という名前は、山に自生していることからこの名が付きました。自生している天然ものは数が少なく希少なため価値が高くたいへん高価な食材なんですよ。また、味は濃厚で非常に粘りが強く栄養があります。古くは稲作がはじまる以前から食されており、薬としての価値もあったそうです。


 山薬(サンヤク)といわれる自然薯は、カリウム、コンドロイチン、ポリフェノール、ムチン、ビタミンC・E、アルギニンなどを豊富に含みます。若返りのビタミンとして有名なビタミンEは他の山芋の20倍もあるんですよ。一説には、小野小町もその美貌美肌を維持するために自然薯を食べていたそうです。


 それでは、自然薯の食べ方を紹介します。



自然薯の食べ方

自然薯


 自然薯は粘り気が強いため、すりおろして醤油や出汁を加えてとろろにするのが一般的な食べ方です。自然生は皮が薄く皮ごと食べることができるので、 栄養が一番詰まっている薄皮も食べれるようにしましょう。



食べ方
  1. 土がついた状態の自然薯は、水を流します。

  2. 細いヒゲ根は、ガスの火で炙り焼きにします。

  3. ヒゲ根の燃えカスやゴミ等をタワシで、洗い流します。

  4. 水気を吹き取り、表面を乾かします。

  5. フードプロセッサーやすり鉢、またはおろし金ですりおろします。

  6. 完成です。


 おろし金でおろした場合は、一度すり鉢で、擦ると粘りが一層増し美味しくなります。


 すりおろした自然薯は、冷蔵庫で保存して2日くらいで食べてください。冷凍保存袋に入れて冷凍保存すれば、1ヶ月くらい保存できます。


 また、すりおろした自然薯は鍋料理に入れても美味しいですよね。鍋が煮立ったらスプーンを使って落とし入れ、少し加熱してください。自然薯にふわっと浮いてきたらOKです。熱いうちに召し上がってくださいね。



とろろ汁の作り方
  1. かつお節で出汁(300㏄くらい)をとり、醤油を入れ澄まし汁を作ります。(醤油の量はお好みで)

  2. 澄まし汁を人肌程度に冷まし、とろろに少しずつ入れながら伸ばしていきます。

  3. よく混ぜたら完成です。


 お好みでネギや海苔をかけて召し上がってください。



今日の最後に

 自然薯は日本原産のでヤマノイモで、山に自生していることから自然薯と呼ばれるようになりました。長芋に比べると水分が少ないのですが、代わり粘りが強く風味が豊かなのが特徴です。


 自然薯の旬は、11月~翌1月までです。栄養満点の自然薯には、疲労回復や消化を促進させる働きが期待できます。また、ビタミンやミネラルが多いことから美容効果もありますよ。今が美味しい時期なので、召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




赤いリンゴと黄色いリンゴ! 色の違いはなに?


スポンサーリンク


リンゴ




こんにちは
秋の果物といえば、リンゴ!
寒い時期に食べるリンゴって美味しいですよね。ついつい食べ過ぎてしまいます。
ところで、リンゴには赤いものと黄色(青)のものがありますよね。色の違いって何か理由があるのでしょうか。
そこで今日は『リンゴ』についてお話をしたいと思います。


リンゴ


リンゴ



 リンゴは、コーカサス地方から北部ペルシャ地方、中央アジア天山山脈が原産といわれている果樹です。リンゴの歴史は古く、スイスので発見された紀元前2000年頃の遺跡からリンゴの化石が見つかっており、この時代には栽培が始まっていたといわれています。紀元前1300年にはエジプトでも栽培が始まっていたそうです。アメリカへは、ヨーロッパからの移民によって伝えられ盛んに品種改良が行われたそうです。


 日本へは、奈良時代に中国から渡来しました。一般的には和リンゴと呼ばれ、食用にされていましたが現在のリンゴとは種類が異なり小粒のものだったそうです。現在見かける西洋リンゴは、幕末の文久時代に江戸巣鴨の屋敷に植えられたのがはじまりです。その後、本格的な栽培は明治初期に政府によってアメリカやフランスから導入された西洋種で、以降800種ものリンゴが導入されていたそうです。


 リンゴの名前の由来となっているのは「利宇古宇(リウコウ)」で、これは平安中期の日本初の漢和辞典「源 順:和名抄」に「林檎」を万葉仮名で「利宇古宇」と載せており、時代とともに「リウコウ」から「リンキン」へ、そして江戸時代に入り「リンゴ」と呼ばれるようになりました。


 このような歴史を持つリンゴは赤い色が一般的ですが、スーパーなどでは黄色いリンゴも見かけますよね。この色の違いって気になりませんか。何故、黄色いリンゴがあるのでしょうか?



黄色い(青い)リンゴ

黄色いリンゴ トキ


 もともと赤いリンゴも若い実の頃は緑色(青い色)をしてします。この緑色は、葉の中に含まれている葉緑素の色で大きくなり始めたばかりのリンゴは緑色をしています。この葉緑素は、気温の差や日光を浴びる時間が短くなると次第に壊れてしまう特徴があります。したがって、葉緑素が壊れると緑色が消えます。


 葉緑素が壊れると、リンゴの皮含まれる赤になる色素(アントシアニン)が日光にあたり増え、この作用でリンゴは赤くなります。


 一方、黄色いリンゴはアントシアニンが少ない品種です。カロチノイドやキサントフィルが多い品種なので、秋になると黄色に変化します。アントシアニンが少ないことが黄色い色の理由なんです。


 その他の理由として、日光を遮断して人工的に黄色いリンゴにしているものもあります。これは、日光を遮断することで酸味を少なくし甘さを引き出すことが目的としています。


 そういえば黄色いリンゴって、赤いリンゴと比べると甘くてジューシーですよね。黄色いリンゴが主流になるという噂もありますね。



今日の最後に

 リンゴの色の違いには、「色素」が大きく関係しています。黄色い(青い)リンゴは、アントシアニンが少ないため日光を浴びても赤くなりません。カロチノイドなどが多いので黄色く変化します。見た目は悪くなりますが、黄色いリンゴの方が甘くてジューシーなので敬遠せずに食べてくださいね。


 リンゴの旬は秋から冬です。今回の黄色いリンゴに至っては貯蔵性に優れているので初夏頃まで買うことができますよ。リンゴはポリフェノールの多い果物で、老化や免疫力の低下に影響を及ぼす「活性酸素」の働きを抑える作用があります。今の季節にはピッタリの食べ物ですね。毎日リンゴを食べると体に良いといわれているので、召し上がってみてはいかがでしょうか。なお、赤色と黄色とでは、ポリフェノールの含有量に差はありませんので安心してください。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




ホウレンソウを下茹でする理由 ベストな茹で時間も紹介!


スポンサーリンク


ホウレンソウ




こんにちは
この時期に美味しくなる野菜にホウレンソウがあります。冬のホウレンソウって甘くて美味しいですよね。
ところで、ホウレンソウを食べるときって茹でますよね。あれってどうしてなのでしょうか。
そこで今日は『ホウレンソウ』についてお話をしたいと思います。


ホウレンソウ


ホウレンソウ



 ホウレンソウは、アフガニスタンやトルコなどの西アジアが原産といわれている野菜です。古代ペルシャでは、この時代に食用の栽培が行われていたそうです。


 日本へは、中国から江戸時代初期に葉に切れ込みのある東洋種が伝わりました。 明治時代には西洋種も持ち込まれましたが、あまり普及しなかったそうです。 現在、出回っている葉が丸い西洋種はアニメの影響が大きいようです。


 ホウレンソウという名前は、「菠薐(ホリン」という言葉は語源になっています。 「菠薐(ホリン」は、ネパールやペルシアを示す言葉ですが、日本へ渡来したおりに「ホウレン」に転訛しました。


 漢字の「菠薐草」は、中国語でペルシアの植物という意味なんですね。ちなみに、日本での漢字表記は「法蓮草」「鳳蓮草」などもあります。



ホウレンソウを茹でる理由

ホウレンソウ


 ホウレンソウを食べるには茹でてから食べることが多いですよね。現在では、サラダ用のホウレンソウも出回っていますが、茹でる調理方法にはどのような意味があるのでしょうか。


 ホウレンソウを茹でる理由には、アクを除去するという意味があります。ホウレンソウはアクが強い野菜で、そのまま食べるとエグミを感じます。



ホウレンソウのアク

 アク(エグミ)と呼ばれるものの正体は「シュウ酸」という物質です。


 シュウ酸を摂取すると体内でカルシウムや鉄分と結合して、栄養分を体の外へ排出してしまいます。そのためカルシウム不足になったり、結石(尿路結石)を作り出してしまいます。なのでアク(シュウ酸)を取り除く必要があります。


 実際には、ホウレンソウに含まれるシュウ酸は100g中に0.7g程度と低い数値なのですが、人間の味覚はエグを感じるのでアク抜きが必要になります。ちなみに、シュウ酸は「水溶性の物質」のため、茹でるだけで「0g」になります。


 ここで注意点!レンジ加熱で火を入れる方もいらっしゃいますが、シュウ酸は無くならないので注意してください。レンジ加熱後は、水に晒す必要があります。また、炒める際にも下茹ですることをお勧めします。



下茹での時間

 下茹でが長くなると栄養が水に溶け出してしまいます。ホウレンソウ全体で1分の茹で時間がベストになります。


準備
 はじめに、大きめの鍋に水と塩少々を入れ、沸騰させます。さらに手早くホウレンソウを冷やすためボウルに氷水を用意しておきます。



やり方
  1. ホウレンソウを洗います。

  2. 根元部分に1cmの深さで、十字に切込みを入れます。

  3. ホウレンソウを揃えて輪ゴムで束ねます。

  4. 茎根の部分から30秒ほど茹でます。

  5. 全体を入れて20~30秒茹でます。

  6. 茹で上がったら冷水にとります。

  7. 粗熱がとれたら水から取り上げて優しく絞ります。

  8. 完成です。


 食べやすい大きさにカットして、おひたしや炒め物などにお使いください。


 茹でたホウレンソウは冷蔵保管で2日程度、冷凍保存する場合は、1ヶ月程度が保存の目安になります。なお、解凍は不要で汁物に使う場合は凍ったままでOKです。炒め物なら少しレンジ解凍し、水分を絞ってから使ってください。



今日の最後に

 ホウレンソウを茹でてからお料理に使う理由は、アク(シュウ酸)を除去するためです。シュウ酸の含有量はそれほど多くはありませんが、1分間茹でるだけで安心できるのお勧めします。


 ホウレンソウの旬は、11月~翌2月です。この時期のホウレンソウは甘くてさらに栄養価が増しています。ビタミンやミネラルが豊富なので貧血予防や風邪予防にピッタリの野菜なので、旬の時期に召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




キノコを食べよう! エリンギの加熱時間はどのくらい?


スポンサーリンク


秋の食材




こんにちは
身近なキノコで特有の食感が楽しめるエリンギは、お手頃な価格で購入でき、美味しいキノコですよね。
ところで、以前から気になっていたのですが、エリンギの加熱時間ってどのくらいなのでしょうか。流石に生食は危険だと思うので、何分くらい加熱したら安全と言えるでしょうか。
そこで今日は『エリンギ』についてお話をしたいと思います。


エリンギ


エリンギ



 エリンギは、ヨーロッパ南部や中央アジアを原産とするキノコで、ヨーロッパでは古くから食用とされていました。日本へは、1993年(平成5年)頃に台湾から菌が導入され、愛知県林業センターによって人工栽培がはじまりました。歴史の浅い食材といえますね。


 エリンギという名称は和名になります。正式名称がないため、学名の「Pleurotus eryngii(プレオロータス エリンジ)」から、1998年(平成10年)に「エリンギ」と命名されました。それまでは「じょうねんぼう」「かおりひらたけ」「みやましめじ」「白あわび茸」という別名で呼ばれていたそうです。



エリンギの加熱

エリンギ


 特有の食感から別名白あわび茸とも呼ばれているエリンギですが、加熱してから食べますよね。ではどのくらい加熱したら良いのでしょうか。


 エリンギは、生で食べると食中毒の可能性があるとされており、必ず加熱が必要です。生だと腹痛や下痢を起こしてしまいます。


 では実際にどのくらい加熱したら安全なのかというと、厚さにもよりますが2~3分が目安になります。大きなエリンギをまるごと焼く場合は、片面3分の両面焼きが目安になります。



茹でる場合

食べやすい大きさにカットしてから、沸騰したお湯にエリンギを入れ、3分程湯通しします。


蒸す場合

蒸し器で4~5分を目安に蒸します。


レンジを使う場合は、耐熱皿にエリンギをのせ、ふんわりとラップをかけます。レンジ出力500~600Wで1分30秒くらい加熱します。


焼く場合・揚げる場合

食べやすい大きさにカットして、3分間加熱します。


 茹でる場合や焼く場合に、少しでも不安があるときは、4~5分加熱してください。また、冷凍保存したエリンギを加熱する場合は、少し長めに加熱しましょう。以上が目安となる時間です。参考になれば幸いです。


 余談ですが、よくキノコは洗ってはいけないと言いますが、これはご本人様の自由で構いません。例えば、茹でることで既に旨味は溶け出しています。なので洗っても問題はありません。個人的には洗った方が清潔で良いと思います。私はサッと洗っていますよ。



今日の最後に

 エリンギの加熱時間は厚さにもよりますが2~3分を目安に行いましょう。管理された環境で栽培されていても、雑菌は存在しますので加熱が必要です。


 エリンギは一年を通して購入できる身近なキノコです。エリンギはキノコの中でも特に不溶性の食物繊維が多く、便秘予防に効果的に働きます。また、それだけではなく体内の老廃物や余分な脂肪に付着し、体の外へ排出してくれる効果もあるんですよ。体の中をキレイにしてくれるって良いですよね!クセのないキノコなので召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




栄養豊富なセロリを食べよう! セロリを日持ちさせるポイントを紹介 


スポンサーリンク


セロリ




こんにちは
寒い時期にも買うことできる野菜「セロリ」、一年中売っているので助かりますますよね。
ところで、セロリって一束買っても食べきれないことってありますよね。セロリはどのくらい日持ちするのでしょうか。
そこで今日は『セロリ』についてお話をしたいと思います。


セロリ


セロリ



 爽やかな香りを持つセロリは、ヨーロッパから地中海沿岸のが原産の香味野菜です。古代ギリシャやローマでは薬や香料として利用され薬用植物として扱われていました。実際には、祭祀儀礼や魔除けとして利用していたそうです。食用としての栽培が始まったのは17世紀に入ってからのことで、ヨーロッパ南部で始まったそうです。その後、19世紀にはヨーロッパ全域へ、さらにアメリカ大陸にも伝わったそうです。


 日本へは、文禄・慶長の役(1592~1598年)に豊臣秀吉朝鮮出兵のおりに、加藤清正が「東洋種」のセロリを持ち帰ったことで渡来しました。当時は、 「清正人参(きよまさにんじん)」と呼ばれていたそうです。


  私たちが普段食べている「西洋種」のセロリは、江戸時代にオランダ船によって持ち込まれました。当時は特有の香りから敬遠され普及しなかったそうです。食べるようになったのは第二次世界大戦後のことで、食生活の欧米化に伴い食べるようになっていったそうです。昭和50年代ごろには香りが弱いとされるアメリカの品種が持ち込まれ一般的な野菜になりました。


 ちなみに、 セロリの和名を「オランダミツバ(阿蘭陀三葉)」といいますが、その由来は「西洋種」のセロリがオランダ船により持ち込まれたからです。



セロリの日持ち

セロリ


 一年を通して手に入るセロリですが、多く買い過ぎてしまったり余ってしまうことってありますよね。そこで気になることは日持ちと保存方法です。


 セロリは硬い茎からは想像できないほど日持ちが悪い野菜です。常温で放置しておくとすぐに水分が抜けてシナシナになってしまいます。意外とデリケートな野菜なんですよ。


セロリの保存期限(葉付き)
  • 常温 1~2

  • 冷蔵庫の野菜室 5日~1週間程度


 保存する場合は、最適な温度は1℃になります。常温での保存はできないと考えた方が良いでしょう。保存は冷蔵保存をしてください。


セロリの保存方法

 セロリは冷蔵保存していても成長しようとします。そのため、葉が水分を吸ってしまいシナシナの状態になってしまいます。そして葉が黄色に変色して傷んでしまいます。少しでも長く保存するためには適切な処理を行いましょう。


冷蔵保存

茎の保存

  1. 茎に水分を含ませたキッチンペーパーで包みます。

  2. 乾燥しないようにビニール袋に入れ、立てて冷蔵室の野菜室で保存します。


期限の目安 1週間程度



葉の保存

  1. セロリの葉は洗って軽く水気を切ります。

  2. 保存用の容器に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。


期限の目安 3~4日程度


 日持ちが悪い理由は、カットすると切り口が酸化してしまうので日持ちしません。



**水に浸けて保存(茎)**

  1. 茎を使いやすい大きさにカットして、水を張った保存容器に入れます。

  2. フタをして冷蔵室で保存します。


期限の目安 1週間程度(水は2日1度を目安に取り替えることが条件です)



セロリの冷凍保存
 セロリは冷凍保存が可能な野菜です。食感が失われてしまいますが長く保存したい場合は冷凍がお勧めです。


セロリの冷凍保存

  1. セロリを水でよく洗います。

  2. 茎と葉の部分で切り分けます。

  3. 太い茎の部分はピーラーなどで筋をとります。

  4. 茎を食べやすい大きさにカットします。

  5. 茎と葉を別々の保存袋に入れます。

  6. しっかりと袋の空気を抜いて密閉し冷凍保存します。


保存の目安 1ヶ月程度


 冷凍したセロリは、お料理に凍ったまま使えます。一度冷凍したものは、解凍すると水分が出やすくなるので、生食に向きませんので注意してくださいね。しかし、柔らかくなるので硬い筋が嫌いな方にはむしろお勧めです。私は、葉を冷凍して柔らかくしてから食べます。



今日の最後に

 セロリは常温保存に向かない野菜です。冷蔵保存しても茎は3日くらいしか日持ちがしないので注意してください。すぐに食べない場合は、必ず冷蔵庫で保存しましょう。


 セロリは一年を通して入手できますが、冬の時期なら静岡産や福岡産のものが美味しいです。セロリの栄養は葉に集中していて、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEがバランスよく含まれています。食べるなら葉も一緒に食べることがポイントです。冷凍すれば柔らかくなり、しかも栄養が水に溶け出す心配もなくなります。冷凍はお勧めです!


 冬場の貴重な野菜なので、召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net