シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

納豆を食べて免疫力アップ! 寒い日には納豆汁でポカポカ!


冬の料理




こんにちは
寒い日が続いていますが、お体は大丈夫でしょうか。風邪は万病のもとと言われていますので注意してくださいね。
冬はウイルスが活発になる時期でもあります。免疫力を上げないといけませんね。
免疫力アップの食材といえば納豆です。納豆は栄養が豊富で、免疫力アップにも非常に良いといわれていますので取り上げてみたいと思います。
そこで今日は『納豆と温かい食べ物』についてお話をしたいと思います。


納豆


納豆



 納豆は、蒸した大豆を納豆菌によって発酵させた発酵食品です。その昔、大豆を煮て稲ワラで包み保存したところ、稲ワラにいる納豆菌が作用し自然発酵したことが納豆の始まりといわれています。大豆が栽培されはじめた弥生時代には納豆が作られていたそうです。


 納豆という名前は、僧侶が寺院の納所(なっしょ)で作られていことから、「納所豆」が縮まって「納豆」と呼ばれるようになりました。その他にも、煮豆をしめ縄と一緒に神棚にお供えしたところ、しめ縄に生息する納豆菌の働きで発酵したことから、「神に納めた豆」が縮まり「納豆」と呼ばれるようになった説もあります。


 納豆は言わずと知れた健康食品です。このことは江戸時代には認識されており、江戸時代の初期に書かれた「本朝食艦」という書物に、納豆の整腸作用や解毒作用について書かれています。 腸に良いことは、この当時から知られていたんですね。今や腸活イコール、免疫力アップともいわれています。



納豆を食べる


納豆


 寒い季節、「冷たい納豆はチョット!」という方には温かい納豆が良いですよ。ご存知の方も多いと思いますが、「納豆汁」がお勧めです。納豆のトロミが体を温めてくれます。



納豆汁

 納豆汁は、山形県の内陸部に古くから伝わる冬の家庭料理です。秋に収穫したキノコや根菜類を味噌味で煮込み、そこへ納豆を溶かし入れトロミを付けた料理です。雪で覆われる地域では青菜が少ないため、七草粥に納豆や乾物(イモガラなど)を入れて無病息災を祈ったそうです。それでは、納豆汁の作り方を紹介します。



納豆汁の作り方

用意するもの(4~5人分)

  • 納豆 160g

  • イモガラ 10g 程度

  • 山菜 適量(市販の山菜水煮)

  • キノコ 適量(なめこ、椎茸など)

  • 大根 適量

  • 人参 適量

  • こんにゃく 20g

  • 油揚げ 20g

  • 豆腐 100g

  • 長ねぎ 20g

  • だし汁 5カップ(1リットル)

  • 味噌 50~60g

  • その他の具材(お好みでゴボウ・人参・里芋など)



作り方

  1. イモガラを水洗いして、ぬるま湯に10分程度浸して戻し、水気を絞り、1cm角に切ります。

  2. 油揚げは熱湯をかけて油抜きし、こんにゃくはさっと茹でます。

  3. 豆腐、油揚げ、こんにゃくをお好みの大きさに切りにします。(他の具材も同様に切ります)

  4. だし汁でいもがらを煮て、柔らかくなったらこんにゃく、油揚げ、山菜などの具を入れます。

  5. 鍋を火にかけている間に、納豆をすり鉢で潰します。(すり鉢がない場合は、包丁でたたきます)

  6. 具材が煮えたら、豆腐を入れ、味噌を溶かし火を止めます。

  7. 潰した納豆に少量の汁を入れてなじませてます。

  8. なじませた納豆を、味噌仕立ての鍋に入れます。

  9. 煮立てないように火にかけ、沸騰直前に火を止めます。

  10. 最後に、油揚げ、長ねぎを入れて完成です。


 納豆は完全に潰さない方が美味しく感じます。潰すのが面倒な場合は、ひきわり納豆を粘りが出るまで混ぜてから使うと良いですよ。



今日の最後に

 納豆は、整腸作用があり、腸内環境が整うと免疫力アップが期待できます。寒いこの時期に納豆を食べるなら納豆汁がお勧めです。納豆汁は栄養満点!さらに納豆の粘りが加わることでトロミが出て汁物が冷めにくくなり、体の芯から温めてくれます。


 また、免疫力アップにも繋がりますので、納豆汁を召し上がってみてはいかがでしょうか。納豆がお嫌いな方も汁物なら食べることができると思いますので是非!
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





七草! 旬のセリ


クレソン




こんにちは
1月7日は七草粥ですね。「セリ・ナズナゴギョウハコベラホトケノザスズナスズシロ」の7種類の青菜を入れてお粥を炊き、無病息災を祈り食べます。
この七草にちなんで今回は「セリ(芹)」を取り上げてみたいと思います。
そこで今日は『セリ(芹)』についてお話をしたいと思います。


セリ(芹)


セリ



 セリは、日本原産の野菜で、「春の七草」の一つです。全国の野山に自生していて、古来より食用とされていました。育つ場所により、水ゼリ(みずぜり)、陸ゼリ(おかぜり)、田ゼリ(たぜり)と呼ばれています。セリという名前は、一ヶ所に密集して生え競り合うように生えている様子から「せまり」と付けられたものが、いつしか転じて「セリ」と呼ばれるようになりました。



セリの薬効

 セリは、古くから薬として利用されていました。独特の香りを持っており、この香りの成分には発汗を促進する作用があり体を温めます。このことから昔は風邪の薬として利用されており、絞り汁は解熱の効果があるとされていました。


 また、この香りには胃の調子を整える作用があり、これは七草粥を食べる風習にも繋がる効能です。その他にも、リウマチや神経痛、高血圧等にも効果があるそうです。



セリの苦味

 セリを食べると、ほろ苦さを感じます。これはアクなので、アク抜きが必要になります。それではアク抜きのやり方を説明します。



セリのアク抜き
  1. 水でサッと洗い、根元近くを切り落とします。

  2. お湯を沸かし、塩を小さじ1入れます。

  3. 茎を約5秒茹で、次に全体を約5秒茹でます。

  4. 冷水に入れて、熱をとります。

  5. 軽く水を絞り完成です。


 天然のセリは、アクが強いので冷水に浸す時間を長めにして、途中で水を替えると良いですよ。おひたしや炒め物にして食べてください。


なお、苦味が気にならない方はそのまま生でお召し上がりください。



ちょっと雑談

七草のナズナ


ナズナ


 よく道端で見かけるナズナ春の七草の一つです。実の部分が三味線のバチに似ていることから「別名ぺんぺん草」とも呼ばれていますね。このナズナは、七草粥にも使われる重要な食材ですが、これにはしっかりとした理由があります。


 ナズナは、古くから邪気や万病を防ぐ薬草とされてきました。


 その効能は多種わたり、下痢や便秘、動脈硬化・高血圧などの生活習慣病、膀胱炎および尿道炎、産後における出血、月経過多などの症状、目の充血などの症状に効果があります。 春に採取し乾燥させたものを、煎じて飲用すれば多くの効能が得られます。


 また、ナズナは生でも食べることができます。少し苦味を感じますがシャキシャキした食感で美味しいですよ。苦味が苦手な方は茹でてアク抜きをすれば抵抗なく食べることができます。



  1. 沸騰したお湯に入れて40~60秒茹でます。

  2. 数分、冷水に晒してアクを抜きます。

  3. 水気を絞って完成です。


 そのままおひたしとして食べてください。なお、天ぷらなどの油で料理する場合はアク抜きは必要ありません。


 ナズナのカルシウムは、ホウレンソウの5倍以上含まれているそうなので食べてみてくださいね。



今日の最後に

 七草粥に使われているセリは、多くの効能があり風邪の症状をはじめ整腸作用などに効果があります。七草粥に使われているということには、それ相応の意味があります。


 セリの旬は、1~4月です。ビタミンやミネラルがとても豊富なので、冬の野菜不足を補うためにも召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





お正月を締めくくる「七草粥」 食べるタイミングはいつ?


お正月




こんにちは
お正月が終わり、そろそろお正月飾りを片付けなければなりませんね。そして次は七草粥の日です。
ところで、七草粥はどのタイミングで食べるのものなのでしょうか。
「朝?、昼?、夜?」
お粥だから朝なのでしょうか。
そこで今日は『七草粥』についてお話をしたいと思います。


七草粥


七草粥



 1月7日は七草粥を食べる日です。七草粥は、春の七草を使って作るお粥のことで、1月7日に食べるという古くからの風習です。また、この日は五節句の一番最初の、「人日(じんじつ)の節句」になります。


 もともとは中国の風習を取り入れたもので、 昔の中国には元日から六日までの各日に、動物や人に見立てた占うという風習がありました。

  • 元日は、「鶏」

  • 二日は「狗(いぬ)」

  • 三日は「羊」

  • 四日は「猪(いのしし)」

  • 五日は「牛」

  • 六日は「馬」

  • 七日は「人」

  • 八日は「穀」


 というように日にちを動物や人に見立てた占いが行われ、それぞれの対象となる動物や人を大切に扱いました。 新年から数えて七日目は人を大切にする日になり、この日を「人日(じんじつ)」と定めました。そしてこの日に、七種類の若菜を入れた温かい汁物を食べて一年間の無病息災を祈りました。


 一方、日本でも古来から年の初めに野に出て芽を出し始めた草を摘み取る「若菜摘(わかなつみ)」という風習がありました。そして奈良時代に入りると中国から「人日の節句」が伝わると、古来からの「新年の若草摘み」の風習と結びつき七草を入れた温かいお粥を食べるようになりました。当時は、身分の高い方の行事でしたが江戸時代には民衆へとその風習が広まったのだそうです。



七草粥を食べる理由


七草粥


 七草粥は1月7日の「人日の節句」に、一年間の無病息災や五穀豊穣を祈り食べます。


七草粥

 1月6日の夜に七草(せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ)を用意します。次に、神棚の前で七草囃子(ななくさばやし)を唄いながら、歳徳神恵方)の方を向いてすりこ木で7回ずつ計49回たたきます。(昔はこうすることで七草の力を引き出すことができると考えられていました。)


 そして、1月7日の朝に、たたいた七草を入れてお粥を炊き、神様にお供えして手を合わせてから家族と一緒に食べます。


 現在では、お正月で胃腸を休めるという意味で広く親しまれていますが、無病息災などを祈ることが本来の理由になります。



七草粥の作り方


七草粥


用意するもの(4人分)

  • 七草(市販のもの) 適量

  • 米 1カップ

  • 水 1400㏄

  • 塩 小さじ1/2~1

  • 酒 大さじ1

  • 湯 100㏄



作り方

  1. 米を洗って厚手の鍋に入れ、分量の水を加えて蓋をして中火にかけます。

  2. フツフツしてきたら弱火にして、40分炊きます。

  3. 七草をサッと湯通しして、細かく刻みます。(お粥の仕上げに加えます)

  4. お粥が炊き上がったら、七草、塩、100㏄の湯、酒を加えて混ぜ合わせます。

  5. 蓋をして、火を止め5分間蒸らします。

  6. 完成です。


 出し汁で炊くと美味しくなりますよ。炊くときに顆粒だしを加えてもOKです。七草がない場合は、手に入る青菜で代用してください。



今日の最後に

 七草粥は、春の七草(せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ)を使って炊くお粥で、1月7日の「人日(じんじつ)の節句」に食べます。


 七草粥は、1月7日の朝に食べるものとされ、「一年間を健康で過ごせるように」という無病息災の願いが込められています。


 1月6日までに七草を入手して、1月7日の朝にお粥を召し上がってみてはいかがでしょうか。フリーズドライの七草も販売されていますよ!
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





カレー! 「名古屋カレーうどん」ってなんだろう?


スポンサーリンク


カレー




こんにちは
あっという間にお正月も終わりですね。正月のお料理は堪能できましたか。
「もう、飽きた」という方もいらっしゃると思います。
そうなると、そろそろカレーでしょうか。カレーライスも良いのですが、カレーうどんも気になります。
そこで今日は『カレーうどん』についてお話をしたいと思います。


カレーうどん


カレーうどん



 カレーうどんは、 和風だしにカレー粉を加え片栗粉でトロミ付けてカレー風味にしたうどんをいいます。 初めてカレーうどんを提供したのは東京の早稲田にある老舗お蕎麦屋さん「三朝庵」といわれています。1904年(明治37)頃に、カレーライスに対抗するために考案されました。こちらのお店は「カツ丼発祥の店」でもあります。ちなみに、この5年後の1909年(明治42)に、お蕎麦にカレーを取り入れたお店は東京の中目黒にある「朝松庵」というお店です。


 そして、戦後になると学校給食にもカレーうどんが出されるようになり、カレーうどんは全国的なものになりました。


 100年以上の歴史を持つカレーうどんですが、地域によって特徴が出ているようです。その中で「名古屋カレーうどん」は一般的なものとは少し違うところがあります。



名古屋カレーうどんって?


名古屋カレーうどん


 一般的なカレーうどんは和風だしをベースにして、カレー粉を溶き、片栗粉でトロミろ付けますが、名古屋カレーうどんは、何種類ものスパイスを独自にブレンドしてカレールウを作り、そこに鶏がらスープと和風だし加えて作ります。片栗粉ではなく小麦粉でトロミを付けます。


  具は豚肉、油揚げ、蒲鉾、長ネギが定番、そして麺は普通のうどんよりも太くコシの強い物を使います。


特徴

  • スープは鳥がらスープが基本

  • スパイスが効いたスパイシーな本格カレールウ

  • 極太の麺

  • 具は、豚肉、油揚げ、蒲鉾、長ネギ



簡単!名古屋風カレーうどん

用意するもの(2人分)

  • 長ネギ 1/2本

  • 油揚げ 1枚

  • 豚薄切り又は鶏肉 100g

  • 蒲鉾 50g

  • うどん 2玉

  • 鶏がらスープの素 小さじ2


調味料A

  • 醤油 小さじ1

  • みりん 大さじ1

  • 酒 大さじ1

  • カレールウ 2個



作り方

  1. お肉は1口サイズに切る。油揚げはスライス、ネギは斜め切り、蒲鉾もスライスしします。

  2. 鍋に水と鶏がらスープの素を入れ 沸騰したらお肉を入れる。

  3. お肉の色が変わったら調味料Aを入れます。(味見をして辛味が足りない場合は、カレー粉を使って辛みを調整してください)

  4. うどんを入れて完成です。(うどんにかけても良い)


 トロミが欲しい場合は水溶き片栗粉を使って調節してください。和風だしを少し使うと味に深みが出ますよ。



今日の最後に

 名古屋カレーうどんは、スパイスを独自にブレンドしてカレールウを作り、そこに鶏がらスープと和風だし加えて作ったお料理です。カレーうどんとの違いは、ルウを使うことと、鶏がらスープを使っているところです。


 日本料理に飽きてきた頃にカレーライスとはひと味違う、名古屋カレーうどんを召し上がってはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net




1月3日は「三日とろろ」


スポンサーリンク


お正月




こんにちは
お正月いかがお過ごしでしょうか。お正月のお料理に飽きた、という方もいらっしゃると思います。 ところで、「三日とろろ」というものをご存知でしょうか。お正月の風習のようですが、聞きなれない言葉ですよね。
そこで今日は『三日とろろ』についてお話をしたいと思います。


三日とろろ


お正月



 「三日とろろ」は、その名の通りとろろに関係した風習です。 主に東北、関東、中部地方などに伝わる風習で、お正月の3日の日に長寿や健康を祈願してとろろ汁を食べます。年末年始に疲れた胃腸の調子を整えるということで食べるようになったそうです。


 また、この日にとろろを食べると、「一年間風邪を引かない」、「一年間無病息災で過ごせる」、「延命長寿できる」などの言い伝えがあり健康への願いが込められています。



アミラーゼ


とろろ


 そういえば、とろろに使う山芋や長芋にはアミラーゼが豊富に含まれていますよね。 アミラーゼは消化酵素の一種で、デンプンの消化をスムーズにする働きがあります。(胃腸薬にも必ず配合されています。)


 アミラーゼは加熱すると壊れてしまうので「とろろ」なら年末年始で弱った胃腸には最適な食材ということになりますね。 また、長芋は食物繊維が多いので食べ過ぎてしまった胃腸には良い食材ですよね。


 山芋や長芋にはアミラーゼの他にも、ビタミン類やミネラルが含まれています。ビタミンE、ビタミンB、ビタミンC、ナイアシン葉酸といったものです。ビタミンCは抗酸化作用によって免疫力を高め、ムチンとの相乗効果で風邪などの感染症への抵抗性を高めてくれます。お正月に山芋や長芋を食べることはとても良いタイミングといえます。


 「三日とろろ」は体にやさしい風習なんですね。ちなみに、お正月にとろろを食べる地域は他にもあり、長野県の南信を中心に1月2日に「すり初め」で食べます。1月4日にも「四日とろろ」として食べる地域もあります。



ちょっと雑談

山芋や長芋はどうして生食できるの?


長芋


 山芋や長芋以外のイモ類は加熱調理が基本ですが、山芋や長芋は生食が可能です。これは、山芋や長芋の持つアミラーゼが関係しています。


 サツマイモなどのイモ類が持つデンプン質は、加熱することで構造を弱められた後に消化酵素によって分解されます。なので体内で消化するには加熱調理が必要となります。


 一方、山芋や長芋はもともとテンプンの構造が弱いため、消化酵素であるアミラーゼの作用だけで分解されます。よって生食が可能となります。


 ということで、山芋や長芋は生で食べることができるのです。ちなみに、とろろをご飯にかけて食べれば、ご飯の消化も良くなりますよ。



今日の最後に

 「三日とろろ」は、東北や関東、中部地方に伝わる1月3日にとろろを食べる風習です。年末年始で弱っている胃腸を助ける意味や、一年間の無病息災を願うという意味があります。1月3日はとろろ汁をお試しください。サラダや浅漬けで食べてもご利益がありそうですね。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net