シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

意外とヘルシー「はんぺん」の話 その起源とは! 


スポンサーリンク


冬の料理




こんにちは
昼間は暖かくなりはじめてきましたね。本格的な春が待ち遠しいばかりです。
ところで、おでんって食べますか。まだまだ夜は冷え込むので温かいおでんは最高ですよね。
おでんを見ていて思ったのですが、中に入っている「はんぺん」っていつごろから食されているのでしょうか。
新しい食べ物のような感じなのですが…。昭和に入ってからかな?
そこで今日は『はんぺん』についてお話をしたいと思います。


はんぺん


はんぺん



 はんぺんは、スケトウダラなどの白身魚と、卵白やヤマイモなどと一緒に空気を含ませながら練り、四角や半月型にして茹でた食品です。その歴史は古く、室町時代に書かれた料理本である「運歩色葉集(1548年)」や「今古調味集(1580年)」に記載されていることからこの時代には「はんぺん」が存在していたといわれています。そして、記述も「半片」「半弁」「鱧餅」などの漢字が当てられていたそうです。当時から、現代の「はんぺん」に近いものだったようですね。


 「はんぺん」というユニークな名前の由来には諸説あるそうですが、江戸時代の駿河国(今の静岡県中部・東部)の料理人である「半平(はんぺい)さん」が考案したことで、「はんぺい」が訛り「はんぺん」と呼ばれるようになった説があります。


 また、江戸時代の書物に、「半平、はんぺんは蒲鉾と同く磨肉也。椀の蓋等を以って製れ之、蓋、半分に肉を量る、故に半月形を以って名とす」と記されていることから、いつからか「半片」と呼ばれるようになったという説もあるそうです。


 余談ですが、似たようなものに「真薯(しんじょ・しんじょう)」と呼ばれるものがありますよね。こちらはすり身に卵白などを混ぜて調味し、蒸したり、焼いたり、揚げたり、茹でたりして固めたものです。違いは、すりつぶすか、すりおろすかで大きく違ってきます。これにより食感が変わります。



はんぺんを作ってみよう!


はんぺん


 フードプロセッサーを使えば自宅でも手作りはんぺんができますよ。


用意するもの(3~4人分)

  • 白身魚の切り身(タラなど) 3切れ

  • 卵白 1個分

  • 山芋のすりおろし 大さじ3

  • 酒 大さじ1

  • みりん 大さじ1

  • 砂糖 小さじ1



作り方

  1. 全ての材料をフードプロセッサーに入れてスイッチオン。

  2. 耐熱の容器にクッキングシート敷き、白身魚の身を表面が平らになるように成型しながら伸ばします。

  3. 加熱しておいた蒸し器で、15分蒸します。

  4. 容器から取り出して、ペーパーを外し、食べやすい大きさに切って完成です。


 今回は蒸し器を使いましたが、茹でてもできますよ。この場合は、クッキングシートの上に小さめの枠を置きすり身を流し入れ成型します。沸騰したお湯で10~15分ほど両面を茹でて完成です。また、フードプロセッサーを用意できない場合は、包丁で粘りが出るまでたたきましょう。手作りはんぺん、挑戦してみてくださいね。



今日の最後に

 おでんなどでお馴染みのはんぺんは、室町時代からある歴史ある食べ物です。昔からある食品だけあって原材料も作り方もシンプルそのものです。体に良い食品といえますね。さらに、脂質とカロリーが他の練り物より低いのも嬉しいですね。


 おでんだけに止まらず、他のお料理にもお使いになられてみてはいかがでしょうか。はんぺんは加熱不要なので、そのままサラダに入れたらヘルシーですよ!
もう一つ、冷凍保存すれば2~4週間保存できるのでお安いときに買いだめしておけば経済的ですね。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





2月14日はチョコレートの日! 「チョココロネ」ってどこで生まれてたの?


スポンサーリンク


チョコレート




こんにちは
2月も半分、ポカポカの春は目の前ですね。春はワクワクしますね。
ワクワクといえば、2月14日はバレンタインデー!「チョコレートの日」なんだそうですよ。美味しいですね。チョコレート大好きです。
ところで、チョコレートを使った食べ物の中に「チョココロネ」というパンがありますよね。菓子パンの傑作だと思うのですが、いつ頃考案されたものなのでしょうか。
そこで今日は『チョココロネ』についてお話をしたいと思います。


チョココロネ


チョココロネ



 チョココロネは、みなさんもご存知のとおり、貝のようにパン生地を巻きつけて焼き、そこから型を外して空洞になっているところに、チョコレートクリームを注入した菓子パンです。


 本当の名前の由来になっているのは、「円錐形の紙袋」や「ソフトクリームのコーン」などの部分を意味する「cornet(コルネット)」に由来しているそうです。楽器のコルネットもここから名付けられているそうですよ。



チョココロネはいつからあったの?

 チョココロネの生みの親はなんと日本人なんですよ。


 明治時代に考案されたのが始まりといわれています。でも当時は円筒形の形ではなかったそうです。アノ特徴的な形で登場するのは昭和に入ってからのことらしいです。どうして、「らしい」かって?それはハッキリとした記録が残っていないからなんです。そうそう、チョコレートが渡来してきたときも同じ感じでしたね。


 その後、昭和に入ってからは「チョコレートスネール」という名称で販売されるようになりました。ちなみに「スネール」は英語で巻貝を意味する言葉です。


 さらに名前は変化して、「渦巻きパン(スネーク)」、「コルネツト」などと呼ばれ、現在の「チョココロネ」に落ち着きました。ちなみに、「コルネ」は角(コルネ)からきている言葉だということです。「チョココルネ」、「チョココロネ」どちらも誤りではなく正しいそうですよ。


 チョココロネは、明治時代には存在していたことが分かりました。菓子パンの登場する順番でいうと、アンパン⇨ジャムパン⇨クリーム⇨チョココロネの順番になります。



チョコカスタードクリーム


チョココロネ


 チョココロネはクリームがポイントです。そこで、簡単な作り方を紹介します。


用意するもの(作りやすい分量)

  • 全卵  1個(50g)

  • ラニュー糖  40g

  • 薄力粉 16g

  • 牛乳 150g

  • 無塩バター 10g

  • チョコレート 35g



作り方

  1. ボウルに、卵、半分のグラニュー糖を入れてよく混ぜ合わせます。

  2. さらに、ふるった薄力粉を加えて混ぜます。

  3. 小鍋に、牛乳、残りのグラニュー糖を入れて、沸騰直前まで加熱します。

  4. 牛乳を卵が入ったボウルに入れてよく混ぜ合わせ、小鍋に戻します。

  5. 強めの中火で焦がさないように火を入れ、沸騰してもしばらく加熱します。

  6. 火を止めて、無塩バター、チョコレートを加えてよく混ぜます。

  7. 清潔なボウルに移し、氷水でボウルの底を冷やしながら急冷します。

  8. 一旦、冷蔵庫に入れておきます。(使う前に裏ごしして使います)

  9. 完成です。


 使うときは、絞り袋にクリームを詰めて絞り出してください。パンにそのままご使用いただいても構いませんよ。おやつにどうぞ!



今日の最後に

 チョココロネは意外にも日本で生まれて菓子パンです。その原型は、明治時代にはあったそうですから驚きですね。もっと新しい食べ物かと思っていました。


 2月14日は「チョコレートの日」です。


 「バレンタインデー」にちなんで日本チョコレート・ココア協会が制定したそうです。チョコレートは普段食べないという方、カカオに含まれるカフェインの一種であるテオブロミンが含まれています。神経を鎮静する効果や精神をリラックスさせる効果があるそうです。また、ストレスを軽減する効果もあることが分かっているそうですよ。


 コロナ渦でストレス続きの日々、チョココロネを食べてゆっくりしてみてはいかがでしょうか。明日は、パン屋さんへGOですね!
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





滋賀県のおやつ! 「ふな焼」ってどんな食べ物?


スポンサーリンク


郷土料理




こんにちは
調べものをしていると、「ふな焼き」というものに出会いました。「麩の焼き」なら分かるのですが、 「ふな焼き」なんて聞いたことがない…。
なので、調べてみました。
そこで今日は『ふな焼き』についてお話をしたいと思います。



ふな焼きと麩の焼き


麩の焼き



 はじめは「麩の焼き」からです。

 「麩の焼き」は、小麦粉を水と酒で練り、薄く伸ばして焼き上げ、そこに味噌を塗ってくるっと丸めた京都生まれの和菓子です。クレープに似たものといえば分かりやすいでしょうか。ここに出てくる「麩」は、小麦粉のグルテンのことを指す言葉なので、まさにクレープといった感じです。この麩の焼きは、茶人の千利休が茶会によく使っていたそうです。88回の茶会に、68回も「麩の焼き」が出されていたようです。


 では今回の謎、「ふな焼き」はどのようなものなのでしょうか。



ふな焼


ふな焼


 ふな焼きは、小麦粉を水と黒砂糖と炭酸を使い、練った生地を焼いた滋賀県那賀地方で戦前から食されていたおやつです。今でいうホットケーキやどら焼きのようなものです。名前の由来は、焙烙(ほうらく)という素焼きで丸底の土鍋で焼かれていて、丸底が船底に似ていたことから「船焼き(ふなやき)」と呼ばれるようになりました。


 ということで、ふな焼きはホットケーキに似たおやつということでした。



ふな焼を作ってみよう!

 基本は小麦粉と水だけですが、現代風に少しふわっとしたふな焼を作ってみましょう。


用意するもの(2人分くらい)

  • 小麦粉 200g

  • 牛乳 1カップ

  • 卵 1個

  • 砂糖 大さじ1

  • ベーキングパウダー 小さじ1

  • 油 適量



作り方

  1. 小麦粉とベーキングパウダーを混ぜてふるいます。

  2. ボウルに卵、砂糖、牛乳を入れ混ぜ合わせます。

  3. 先ほどの小麦粉を加えてよく混ぜます。

  4. フライパンを熱し、油をひき、生地を全て入れて弱火で焼きます。

  5. 片面が焼けたら裏返し、両面焼きます。

  6. 焼けたら食べやすい大きさにカットして完成です。

 はじめから、どら焼きくらいの大きさで焼いても構いませんよ。お好みで調節してください。



今日の最後に

 ふな焼きは、滋賀県那賀地方で戦前から親しまれてきた小麦粉を使ったおやつです。昔は、黒砂糖を巻き込み、焼いて食べていたそうです。


 今ではホットケーキがありますから作る方は少なくなっているそうです。たまには昔ながらの素朴な味を手作りされてみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





「初午いなりの日」 いなり寿司を食べよう!


スポンサーリンク


2月




こんにちは
2月11日は「初午いなりの日」。一般社団法人全日本いなり寿司協会が、初午となる日に近い「建国記念の日」の2月11日に制定したそうです。いなり寿司ってときどき食べたくなりますよね、
ところで、いなり寿司といえば油揚げですが、「キツネは油揚げが好き」といわれているのは何故なのでしょうか。キツネって油揚げを食べるの?
そこで今日は『いなり寿司』についてお話をしたいと思います。



キツネと油揚げ


油揚げ



 油揚げはキツネの好物といわれていますよね。でも本当に食べているものか不思議です。



 本来のキツネの好物は、ネズミなどの小動物なんだそうです。


 では、どうして好物に油揚げが出てくるのでしょうか。


 ネズミは農作物などを餌にし、古来から貯蔵してある穀物を食い荒らしていました。しかしこのネズミを退治してくれるものが現れます。

 それは、キツネです。

 大切な穀物をネズミから守ってくれるキツネは、古来より神の使いとされました。農耕社会であった昔の人たちは、キツネを神として崇めていたそうなんです。

 キツネは神様ですから、お供え物が必要になりますよね。しかし、キツネの好物はネズミだったため、当初は「ネズミの油揚げ」をお供えしていたそうです。

 時は流れ、仏教が日本伝えられゆと、ネズミをお供え物のために殺生するのは良くないという考えが起こります。そこで、ネズミの代用となったのが豆腐で作った油揚げでした。日持ちも良く最適なお供え物だったのでしょう。

 こうして、キツネの神様には「油揚げ」をお供えするというイメージが定着しました。なので、「キツネの好物=油揚げ」となります。


 ちなみに、いなり寿司が作られるようになったのは江戸時代のことです。油揚げの中に農耕の神様である稲荷神がもたらしてくれたお米(酢飯)を詰め食べるようになったそうです。当初は立って食べる屋台や振り売りでの食べ物だったようですよ。


 余談ですが、実際にキツネが油揚げが好物かどうかに関しては、雑食性なので食べることはあるものの、好物とまではいかないそうですよ。でも、キツネは雑食性なんだから油揚げが大好きなキツネもいるかもしれませんね。



いなり寿司を作ろう!


いなり寿司


 いなり寿司で困るのが油揚げの味付けだと思います。作りやすい分量とやり方を紹介します。


用意するもの(20個分)

  • 油揚げ 10枚

調味液A

  • 醤油 50g

  • 砂糖 60g

  • みりん 50g

  • だしの素 5g

  • 水 360cc

  • ご飯 2合

調味料B

  • お酢 50g

  • 砂糖 20g

  • 塩 5g



作り方

  1. 油揚げをまな板の上に乗せます。

  2. 菜ばしをコロコロと転がし、往復させてのします。

  3. 油揚げを半分に切ります。

  4. 油揚げの口を開け、破かないように中を開きます。

  5. 鍋に調味液Aの材料と油揚げを全て入れ、綺麗に重ね、落し蓋をして中火で煮ます。

  6. 煮汁がグツグツしてきたら、弱火に落として更に煮ます。

  7. 10分ほど煮たら、油揚げを破かないように裏返し、落し蓋をして更に煮ます。

  8. 煮汁が少し残るくらいで火を止め、冷まして完成です。


 翌日に使う場合は、保存容器に残った汁ごと入れ冷蔵庫で保存できますよ。

酢飯

  1. 調味料Bを耐熱の器にいれ、砂糖が溶けるまでレンジで温めます。

  2. 炊きたてのご飯に温めたすし酢を一気に回しかけ、シャモジを使い切るように混ぜます。

  3. すし飯を冷まし、味付けしたお揚げに詰めて完成です。

 すし飯には、白いりごまや紅生姜などをいれてアレンジすると、ひと味違ういなり寿司になって美味しいですよ。



今日の最後に

 「お稲荷さん=油揚げ」、その理由はキツネの好物のネズミに関係しています。ネズミの代用に油揚げを使っていたことから、いつしか好物とされるようになりました。


 「建国記念の日」でもある、2月11日は「初午いなりの日」です。この日にキツネの好物である油揚げを使った「いなり寿司」を食べると商売繁盛・病気治癒・開運祈願などの福を招くといわれています。一つ、二つつまんでみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net





早春の味覚! フキノトウを食べよう!


早春




こんにちは
少しずつですが春といった感じになってきましたね。
春といえばアノ食材ですね。
フキノトウです。
ほろ苦さが春を感じさせてくれます。旬の食材なので取り上げてみたいと思います。
そこで今日は『フキノトウ』についてお話をしたいと思います。


春の味覚!フキノトウ


フキノトウ



 フキノトウは、日本原産の植物で「フキ」の蕾や花にあたる部分をいいます。花には雄と雌があり、雄花は黄色く、雌花は白い花を咲かせます。このフキノトウの花が咲いた後に、地下茎から伸びる葉(フキ)ができます。


 フキノトウと人との関係は古く、縄文時代から食用とされてきました。平安時代にはすでに栽培が始まり、江戸時代以降には盛んに栽培が行われていたそうです。


 フキノトウといえば独特のほろ苦さですね。この苦味は「ケンフェロール」というポリフェノールによるもので抗酸化作用がある物質的なんですよ。ケンフェロールは、発ガン物質を抑える効果があり免疫機能の強化に優れた物質です。また、清々しい香りは「フキノリド」という成分のもので、消化液の分泌を促進し、胃腸の働きを良くする効果があるんですよ。


 その他にも、ミネラルやビタミンE、食物繊維が比較的多く含まれ、まさに薬草といった感じですね。昔の人もこういった効果を知っていて食べていたと思います。



フキノトウを食べよう!


フキノトウ


 フキノトウを食べるときに、気になることは苦味ですね。


 苦味は、太陽に当たっていないフキノトウは、黄色っぽくて苦みが少ないため、そのままの状態で天ぷらや炒め物にして食べることができます。


 一方で、陽に当たると緑色になり、苦みやアクが出てきます。スーパーなどに並んでいるものは、緑色になっているものが多く、下処理が必要になるんですよ。


 また、フキノトウに含まれる「フキノトキシン」は、発がん物質とされ、肝機能障害も指摘されているのでアク抜きが必要になります。やり方は、アルカリ性の熱湯(重曹や灰を溶かしたもの)でアク抜きすると、ほとんど分解されるので安心して食べることができますよ。それでは、やり方を紹介します。



フキノトウのアク抜き方法

アク抜きのやり方(茹でる場合)

  1. フキノトウをキレイに水洗いします。

  2. 鍋にお湯を沸かし沸騰したらフキノトウを入れ、約3分くらい茹でた後に、冷水に晒します。

  3. フキノトウが冷めたら完了です。


 フキノトウを冷水で冷ますことで、同時にアクが抜ける仕組みです。半日おくと完全にアクが抜けますよ。また、茹で時間が長いほど苦みが和らぎます。苦味はお好みで調節してくださいね。



重曹を使う場合

 フキノトウに含まれる「フキノトシン」は、水溶性ですが、アルカリ性に弱いという性質もあります。そこで使うのがアルカリ性の「重曹」です。


アク抜きのやり方(重曹編)

  1. フキノトウをキレイに水洗いします。

  2. 鍋に1リットルのお湯を沸騰させ、重曹小さじ1を加えます。

  3. フキノトウを入れて、5分ほど茹でます。

  4. 冷水に晒します。

  5. 水の色が濁らなくなるまで何度も水をかえます。

  6. 水が濁らなくなったらアク抜きの完了です。


 こちらもお好みの加減で調節してください。注意事項として、重曹を入れると繊維が柔らかくなります。長時間浸けるとフキノトウが溶けてしまうので注意してくださいね。


 先ほどもお伝えしましたが、とれたての新鮮なフキノトウを、天ぷらにして食べる場合はアク抜きをする必要はありません。揚げ時間が長くなるほど苦味が少なくなりますので調節してください。でも、長すぎると焦げてしまうのでほどほどに!



フキノトウ水味噌を作ろう!


フキノトウ味噌



用意するもの

  • フキノトウ 10個程度

  • 味噌 大さじ4(約72g)

  • 砂糖 大さじ1

  • みりん 大さじ2

  • 酒 大さじ2

  • サラダ油 大さじ1



作り方

  1. 味噌、砂糖、みりん、を混ぜ合わせておきます。

  2. アク抜きをしたフキノトウを細かく刻みます。

  3. フライパンで熱し サラダ油を入れ中火にかけ、刻んだフキノトウを炒めていきます。

  4. 軽く1分ほど炒め、酒を加えてさらに炒めます。

  5. そこへ、合わせ調味料を加え、弱火で混ぜながら炒めます。

  6. 水分が飛び、香りが出てきたら完成です。


 ご飯のお供や、和え物、冷奴にのせるなどして食べると美味しいですよ。
保存期間は、冷蔵保存で2週間程度ですが、早めに食べ切ってください。



今日の最後に

 フキノトウは、フキの蕾や花にあたる部分をさします。独特の香りとほろ苦さがあり春を感じさせる山菜です。


 2月10日は『ふきとのうの日』です。

 宮城県古川市にある特産品を販売する店の「ふるさとプラザ」さんが、1993年(平成5年)に、「ふ(2)きのとう(10)」の語呂合わせから制定したそうです。早春のほろ苦さ!一足早い春の味覚を召し上がってみてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。



www.raruka.net