シルシ

日々の出来事と写真

マヨネーズには「AGEs」が含まれている


f:id:raruka:20190710140816j:plain


こんにちは
今日も晴れの空、青空が綺麗です。
気温が上がっているので夏って感じですね。
すごく蒸し暑いですが…。


f:id:raruka:20190710140655j:plain:w330:h220 f:id:raruka:20190710140543j:plain:w330:h220




マヨネーズの話から「AGEs」というのがあって、聞いたことがなかったので見てみました。

AGEsとは

難しいので、そのままで。

Advanced Glycation End Productsの略語であり、終末糖化産物、後期糖化生成物 等と訳される。タンパク質の糖化反応(メイラード反応)によって作られる生成物の総称であり、身体の様々な老化に関与する物質(より正確に言えば、生体化学反応による生成物)と言える。現在判明しているだけでも、AGEsには数十種類の化合物があり、それぞれが多種多様な化学的性質を有する。
AGEsは糖尿病、アテローム性動脈硬化症、慢性腎不全、アルツハイマー型認知症などの変性疾患を悪化させると言われる。

疾患を悪化させる物質のようですね。これがマヨネーズに含まれているわけですね。ではマヨネーズの何がいけないのでしょうか?卵、油、酢どれ?

その前にAGEsが含まれる食品を見ると、肉、バター、一部の野菜や調理した際にできる焦げ目(焼く、揚げるなどしたキツネ色の部分)に多く含まれるそうです。
ちなみに、茹でる、煮る、蒸す、電子レンジ加熱した食品はAGEsが低いそうです。

ではマヨネーズとの関係は、卵と油にあるようです。たんぱく質や脂質が糖と結びつくことでAGEsを作り出してしまうそうです。この場合、焦げ目に関わらずマヨネーズの成分が原因だったようです。
AGEsの値で見ると、

  • マヨネーズ 9,400(ku/100g)

  • 鶏肉(唐揚げ) 9,732(ku/100g)

  • 牛肉(ステーキ/フライパン) 10,058(ku/100g)

  • バター 23,340(ku/100g)

  • 卵(目玉焼き) 2,749(ku/100g)

  • ケチャップ 13.3(ku/100g)

これを見ると、マヨネーズは唐揚げと変わらない数値です。ということは危険性が高い、唐揚げにマヨネーズかけたら…、コワイ。
これは食べてはいけないということではなく、焼く・揚げるをしたりものは食べ過ぎに注意が必要ということです。

今回、「マヨネーズ」と「AGEs」という言葉が結びつかなかったので調べてみました。最後に言えることは偏った食事は、重大な疾患へつながるということですね。バランスよく食事したいと思います。

そうそう…、
喫煙しているだけで「AGEs」は増加するそうです。

AGEsはタバコの葉を乾燥させる際に糖が存在すると生成され、喫煙により、これらのAGEsが肺から吸収される

喫煙者の方は注意してください。

それでは、午後も頑張りましょう。




スポンサーリンク