シルシ

日々の出来事と写真

醤油の日のひとりごと


f:id:raruka:20191001151339j:plain




f:id:raruka:20191001151405j:plain:w330:h220 f:id:raruka:20191001151318j:plain:w330:h220




こんにちは
今日は醤油の日ちなんで、醤油を大量にかけてしまう方に一言。

醤油

お刺身に醤油を大量にかける方がいますよね。そのような方にチョット一言、「あなたはヅケを作っているの?醤油の味で素材の味がわからないでしょ」と言いたい。(実際は黙っています)

メインの味が醤油になり、素材の味は2番以降になっている悲しい現実です。食べる側の勝手といわれれば仕方のないことですが、私はあくまでも醤油は脇役だと考えます。
お刺身を食べるときに何故醤油を使うのか。主な理由は臭みをとること。そして適度な塩味をつけて素材の味を引き出すことです。
なので、お刺身に醤油を大量にかけてしまうと魚の旨味が消えてしまい商品価値がなくなります。
お店でお刺身を注文したときに、強烈な臭みのある魚は出てきません。大量に付ける必要はないということになります。料理を作った側からのみると残念なことです。
これは私事ですが、お刺身は塩で食べることにしています。魚の部位によっても味の違いがわかっていいですよ。塩はお寿司にも合います。ぜひ一度ためしてみてください。
醤油は少量でも素材の味を引き出せる調味料です。使う量を考えて料理に活かしてください。

それでは、今日もあと少しです。頑張りましょう。








スポンサーリンク