シルシ

日々の出来事と写真

スーパーのお惣菜


f:id:raruka:20191008151231j:plain:w220:h147f:id:raruka:20191008151252j:plain:w220:h147f:id:raruka:20191008151212j:plain:w220:h147




こんにちは
今日もお惣菜の記事にチョット一言プラス。

スーパーのお惣菜

スーパーのお惣菜の話がありましたね、記者の方のおっしゃる通りです。補足するなら業務用のタレにごまかされているということです。

手作りといっても業務用のものが使われていれば、それは本当の美味しさではありません。お惣菜を作る作業工程の中で手作りされているのは10%くらいで、あとは工場で作られた冷凍ものが使われています。記事に書かれていたことは本当の話です。
手作り唐揚げで説明すると、冷凍された鶏肉を適当な大きさに切り、業務用の唐揚げ粉をつけて揚げるだけ。自家製のタレを使っているといっても、醤油、酒、味醂、+アルファーくらいです。手作り感はありません。
もっと作業工程を省くなら味付けされた冷凍の唐揚げを使えば簡単にできます。

最後にお惣菜の味ですが、これは濃い目のタレにしておけば消費者はおいしいと錯覚を起こします。素材が貧弱でもタレによってごまかしがききます。スーパーのお惣菜、タレのかかったものが多いと思いませんか。
お惣菜はこういったものが多いので注意したほうがいいです。

この記事の最後にこんな言葉も書かれていました。

どのようにして作られているかを知ったうえで、買うか買わないかを判断して、上手に利用すればいい。

見た目では判断が難しいと思うので、1度購入してみて自分の目と舌で判断するのが1番いいと思います。

普段からお惣菜を多様化されている方へ。
手作りの時間を増やしてみてはいかがでしょうか。お惣菜への価値観がきっと変わると思います。

今日読んだ記事はコチラ⇩⇩⇩

headlines.yahoo.co.jp

それでは、今日もあと少しです。頑張りましょう。



スポンサーリンク