シルシ

日々の出来事と写真

安いお豆腐をおいしくするコツ


f:id:raruka:20191121145513j:plain




f:id:raruka:20191121145450j:plain:w330:h220 f:id:raruka:20191121145431j:plain:w330:h220





こんにちは
今日は、お豆腐の話、安いお豆腐をおいしくするコツをご紹介します。


f:id:raruka:20191121170109p:plain:w330:h220


おいしくするコツ

コツと言っても簡単なんですよ。
用意するもの

  • 高級品以外のお豆腐

  • ミネラルウォーター(浄水器の水可)

  • ボール

  • ざる

  • 保存容器

手順

  1. 豆腐をざるに上げて、しっかりと水を切る。

  2. 保存容器にミネラルウォーターを張って豆腐を浸す。

  3. 2を1時間冷蔵庫で保存する。

おいしく感じないのは「水分」、もともとお豆腐に含まれる水が「おいしくない」「水分が古くないっている」のいずれかです。これを浸透圧の関係を利用しておいしい水を含ませてやれば、いつもと違うお豆腐に変わります。

鍋料理に入れる場合、一度煮ることでおいしくなります。

手順

  • 鍋に水を入れて沸かす。

  • 沸騰した鍋で豆腐をさっと30秒茹でる。

  • ざるにあげて水を切ったら完成です。

鍋料理にお使いください。もちろんタッパーにミネラルウォーターを入れて保存しておけばおいしく召し上がることができます。



湯豆腐編

f:id:raruka:20191121170300j:plain:w220:h147

手順は一番上の手順と同じです。
ミネラルウォーターに浸けている間に鍋の準備をしましょう。

  1. 土鍋にミネラルウォーターと昆布を入れる。

  2. 野菜などの具材を切る。

  3. 2の鍋に煮えにくい野菜から入れて、沸騰寸前で昆布は取り出す。

お豆腐を入れて完成です。
おいしい水を使えば高級品店に負けない湯豆腐になりますよ。



いつものお豆腐も一味違うお豆腐に変身します。冷奴や鍋料理などに使ってみてください。湯豆腐がおいしくなりますよ!

それでは、気温が下がっています。暖かくして休んでください。
ありがとうございました。







スポンサーリンク