シルシ

日々の出来事と写真

ガスボンベのガス抜き方法



f:id:raruka:20191124132805j:plain




f:id:raruka:20191124132835j:plain:w330:h220 f:id:raruka:20191124132744j:plain:w330:h220






こんにちは
今日は鍋料理には欠かせないカセットコンロのガスボンベの処理方法をご紹介したいと思います。


f:id:raruka:20191124143628j:plain:w330:h220

ガス抜き

はじめにガス抜きを行う際の注意事項からです。

  • 玄関先やベランダ等ではなく、充分に広い場所を選んで必ず屋外で行ってください。

  • ガスは人体に無害ですが、大量に吸い込む事による酸素欠乏を防ぐ意味で風通しのよい場所で行ってください。

  • ガスには意図的に強い臭いがついていますので風と共に早く拡散させる必要があるので風が吹いている日に行ってください。

  • 広い場所で周りに火の気の無い事を必ず確認して行ってください。



ガス抜き方法

①赤いキャップを外して、ボンベを逆さまにして下さい。
②ボンベ先端の突出部(7mm 程の金属製のノズル)を、 石やコンクリートなどの硬い物に押し付けて下さい。
③ノズルから気化したガスが出てきます。
※押し付けるのをやめればガスは止まります。
※未使用ボンベ(250g)の場合、1 本あたり 10 分程度で全部抜けます。
④ボンベを振ってみて、ガスが残っていれば「シャカ シャカ」と液体音がしますが、全部抜け切るとこの音がしなくなります。
※万一、作業中に気分が悪くなったら直ちに作業を中止して下さい。
※数本数お持ちの場合は、数日・数回に分けて作業されることをお奨めします。




空になったガスボンベは自治体の指導に従ってゴミとしてお出しください。
穴を開けるか開けないかも自治体の指示に従ってください。穴の有無で回収を拒否される場合もありますので必ず確認してください。

最後に、ガスボンベに限らずスプレー缶なども、ガス抜きは必ず行いましょう。
それでは、よい休日を!







スポンサーリンク