シルシ

日々の出来事と写真

揚げ物とフライパンの寿命


f:id:raruka:20191203152033j:plain




f:id:raruka:20191203152050j:plain:w330:h220 f:id:raruka:20191203152013j:plain:w330:h220





こんにちは
フライパンを使って揚げ物をしますか?
今日は「テフロン加工のフライパンで揚げ物をすると加工がとれてしまいますよ」という話をしたいと思います。


f:id:raruka:20191203173510p:plain


フライパンで揚げ物

ご家庭で使うテフロン加工のフライパン、これで揚げ物をされている方は多いと思います。これ、テフロン加工は剥がれやすくなってしまうので勿体ないですよ。
テフロン加工は、いずれ剥がれてしまうものなんですが高温調理をすると寿命を縮めてしまいます。テフロン加工は200℃くらいから剥がれてしまうので揚げ物にフライパンを使うことは非常に勿体ない話です。火加減の調節ができる方なら問題のない話なんですが、実際には難しいです。
どうしてもフライパンで揚げ物をするなら使い古しのフライパンを使ったほうがいいですよ。

どうしてフライパンで揚げ物をするの?

「テフロン加工のフライパンならくっつかないから」

テフロン加工されていないもので揚げ物をしてもくっつきません。 大量の油を使うのでくっつくことは考えられません。
なので、鉄製やステンレス製のものを使っても安心して調理できます。

「そう言われてもフライパンしかない」

上記にも書きましたが「火加減」さえしっかりと調節できれば大丈夫です。170~180℃の温度で十分です。
天ぷら以外の揚げ物なら油も少量で大丈夫。食材の厚さの半分の油で揚がります。ただし、火加減に注意してください。

では最後に、フライパンで揚げ物をするときはできるだけ使い古しのもので揚げてください。できることなら揚げ物用の鍋か深型の鍋またはフライパンをお勧めします。
フライパンで揚げ物をするときは「引火に注意」してください。特に浅いフライパンは危険なので注意してください。

それでは、寒いので温かい揚げ物を食べて元気に過ごしましょう。
読んでいただいてありがとうございました。