シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

食べきれずに余ったリンゴは冷凍がお勧め!


f:id:raruka:20191205150831j:plain




f:id:raruka:20191205150847j:plain:w330:h220 f:id:raruka:20191205150812j:plain:w330:h220




こんにちは
大きなリンゴって食べきれずに余ったりしませんか。
そんなときの対処法!
そこで、今日はリンゴの冷凍について話したいと思います。



f:id:raruka:20191205172253j:plain:w330:h220


リンゴは冷凍できる!

リンゴは満腹感が高い食べものです。半分くらい食べてお腹いっぱいってよくありますよね。そのまま放置しておくと色が変わってしまいます。そんなときどうしたらいいのか。
お勧めしたいのは冷凍です。
やり方はカンタン!冷凍用の保存袋に入れてそのまま冷凍。色もそのままで、1ヶ月くらいは保存できちゃいます。
一つ注意してほしいことがあります。冷凍すると食感が少し変わります。これは解凍時にリンゴの水分が抜けてしまうからです。食感を少しでも残したいときは半解凍くらいで食べるといいですよ。
食感がイヤという方にはスムージーか加熱調理に使うのがお勧めです。半解凍くらいでそのままお使いください。


「リンゴをたくさんいただいた。でも食べきれない!」
「冷蔵庫もいっぱいで入らない」

ではどうしたらいいのか。
このようなときも冷凍がお勧めです。
リンゴはまるごと冷凍できるんです

やり方はカンタン!

  • リンゴをキレイに水洗いします。

  • しっかりと水分を切る 、または拭き取る。

  • ビニール袋に入れかラップで包みます。

  • 冷凍用の保存袋に入れて冷凍する。

これで皮付きのまま冷凍保存できちゃいます。こちらも1ヶ月くらい冷凍保存が可能です。




リンゴの冷凍は食感がなくなりますが甘味はアップし、コンポートのような感じになります。加熱していないので少し硬めですがスイーツに変身します。リンゴが余ったときには冷凍してリンゴのスイーツにしちゃいましょう。

また、おいしくないリンゴも上記のやり方で冷凍すると、甘味がアップしておいしいリンゴへと変身しますよ。
試してみてください。


最後に、冷凍すると食感が劣るので、この点だけは承知の上で行ってください。
体にもやさしいリンゴを食べて元気に過ごしましょう。

それでは、寒いので風邪に注意してください。
読んでいただいてありがとうございました。