シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

美味しさ証、リンゴの蜜の正体とは!


f:id:raruka:20191212152419j:plain:w330:h220 f:id:raruka:20191212152359j:plain:w330:h220






こんにちは
この時季にリンゴを見ると 食べたくなりませんか。
リンゴを切ったときに蜜が入っていると嬉しいですよね。
ところで、リンゴの蜜の正体って気になりませんか。
そんなわけで、今日はリンゴの蜜についてのお話です。


f:id:raruka:20191212172539j:plain:w330:h220


リンゴの蜜っていうけどハチミツのこと?


りんごの蜜の正体は「ソルビトール」という糖質アルコールの一種です。ソルビトールはリンゴの葉っぱで作られて果実に送られます。果実に送られたソルビトールは甘味成分である果糖やショ糖に変換されます。これが蜜の元となります。
リンゴの果実が完熟期に入ると、ソルビトールは糖分に変換することをやめてしまいます。そして水分だけを吸収するようになり、この水分と糖分が混ざりリンゴの蜜になります。
リンゴの蜜の正体は、「ソルビトールという糖分が水分に溶けて混ざり合い、透き通ったハチミツ状のものになった」これがリンゴの蜜の正体です。

なお蜜が入っていることは完熟の証です。日持ちが悪くなるので早めに食べてください。


リンゴの蜜は甘くない

リンゴの蜜の部分だけを食べても甘く感じられません。
実はソルビトール自体はショ糖や果糖の5〜6割程度の甘さしかないんです。なので蜜の部分だけを食べてもあまり甘くは感じません。


では、どうして蜜入りリンゴは甘く感じるのか。


その答えは、蜜が入る時期は完熟期なので果実は甘くなる。


完熟期のリンゴはどれを選んでも甘いというわけです。
ちなみに、「蜜入りと表示されていたのに蜜が入っていなかった」ということがあります。
これは、蜜がリンゴの中で吸収されるという現象で、リンゴの味や甘味はそのままなので安心して食べてください。


最後に、リンゴの蜜は糖分が水分に溶けたもので、これがあるものは完熟の証です。 でも完熟期のリンゴは甘いので蜜の有無は関係ないのかもしれませんね。
リンゴは体にやさしい食べ物なので積極的に食べて元気に過ごしましょう。

それでは、乾燥しているので水分補給とビタミン補給をしましょう。
読んでいただいてありがとうございました。