シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

教えて! マスクはウイルスに効果があるの?


雪景色




こんにちは
冬は特にマスクをする人が増えますが、ウイルスにマスクは効果があるのでしょうか。ウイルスは小さいので、きっと通り抜けているはずです。今日は『ウイルスに対するマスクの効果』についてお話したいと思います。 



ウイルスに対するマスクの効果


マスクの効果



ウイルスを防ぐことができるのかは、市販の紙やガーゼでできた普通のマスクでは、一般的な風邪ウイルスやインフルエンザウイルスなどの、ウイルスの侵入を防ぐことはできません

理由

理由は、インフルエンザウイルスに代表されるウイルスの直径は0.1マイクロメートルぐらい、一方、通常のマスクの網目は10マイクロメートル以上だからです。マスクの網目はウイルスの100倍以上も大きいということになります。例えば、インフルエンザウイルスの大きさがテニスボールくらいの大きさだとすると,マスクの網み目は 3 メートルくらいにな ります。
なので、インフルエンザウイルスは簡単に通り抜けてしまいます。ウイルスへの大きな効果は期待できないのです。

しかし、僅かですがウイルスへの効果はあります。

マスクの効果


マスク
マスクをすることの効果は、のど粘膜の潤いを守るということ。ウイルスは呼吸によって体内に侵入し,のど(咽頭)や気管の細胞にとりつくことで増殖して発症します。これを防ぐために重要な働きをするのが粘膜で,粘膜表面にある細かい毛(線毛)や粘液が湿っていることによってウイルスの進入をブロックしてくれます。
マスクがあるのでのど(咽頭)や気管が乾かないから湿気でブロックできるということになります。これは屋内と屋外に共通して言えることです。
マスクである程度ブロックしていますが、完全なブロックではありませんので注意してください。


マスクを二重にしたら?

二重にしたら効果があるように思いますが、効果はありません。むしろマイナスに働く場合があります。マスクを二重に装着すると抵抗が増すので、空気がマスクを通過できなくなり、マスクの周辺から空気が漏れこんでくるようになります。これではマスクなしと同じこと、二重にしても効果はありません。


今日の最後に

マスクはウイルスを完全にブロックはできません。のど粘膜の潤いを守る程度の効果と、花粉症対策には効果があります。花粉はマスクの網み目より大きいため侵入できないのです。なので花粉にはマスクが有効的になります。
マスク着用の本来の目的は、感染した人が、周りにウイルスを撒き散らさないようにとマスクを着用するのが本来の目的です。予防などの意味は薄いと思ってください。
もしもウイルス対策としてマスクを着用する場合は、1外出に1枚として使いまわしはやめましょう。
もう一つ、ウイルスに対して優れた効果はないので、買い占めるなどの行為はやめましょうね!
最後までお読みいただきありがとうございました。




今日の気になる一品!





オオイヌノフグリ ●●●●