シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

正しいうがい方法!ウイルスや風邪予防にはうがいが効果的!


うがいのやり方




こんにちは
今日は『うがい』についてお話をしたいと思います。
うがいの目的は喉の粘膜についた細菌やウイルスを洗い流すことと、喉を刺激して(異物を痰とともに排出する)繊毛運動の衰えを防ぐことの2つがあります。

スポンサーリンク



正しいうがいのやり方

うがいと言っても方法は様々です。うがいは水道水だけでもその効果は期待できますが、更に効果を高めるには緑茶や紅茶でうがいを行うとより効果的になります。しかし、うがいのために緑茶や紅茶を用意するのは時間も手間も勿体ない。サッと水道水でできる、うがいの方法を紹介します。

まずは、うがいの前にしっかりと手洗いを行ってください。
正しい手洗いの手順は一番下にあります。👇


水道水で行う、正しいうがい方法

  1. 水で口の中を軽くゆすいで吐き出すを
    「グチュグチュぺ」と言われることです。口の中を軽くゆすいで、食べかすや口の中にいるウイルスを外に出すことが目的があります。

  2. 水を口に含んで上を向いて「おぉぉぉ」と10~15秒程度ゆすいで吐き出す。
    いわゆる「ガラガラペッ」と言われることです。「お」を使う理由は、「あ」より「お」の方が水が奥まで届くからです。

  3. 2を繰り返します。
    うがいは1度では効果が薄いので、最低でも3回は行い行ってください。

注意)繰り返すのは3回までにしてください。やり過ぎると粘膜を傷つけてしまい逆効果になってしまいます。


効果的!塩水うがい

手軽で簡単、しかも効果的なうがいは塩水を使うことです。  塩水には、抗菌作用と脱水作用があるために非常に有効的な手段になります。塩水にはウイルスや細菌を殺菌して洗い流すといった効果あるんですよ。

塩水の作り方は、水500mlに、塩小さじ1を混ぜるだけです。あとは上記の『正しいうがいのやり方』でうがいを行ってください。

うがいを行うタイミングですが、気中のホコリなどを洗い流す役割もあるので、人ごみや外出から戻った際にも塩うがいを行うと効果的です。


ちょっと雑談

鼻を洗う


f:id:raruka:20200128220949j:plain:w300:h300

風邪やインフルエンザの原因になるウイルスは、のどの奥の上咽頭に付着し、炎症を起こします。鼻の内部を洗う鼻うがいなら、上咽頭を洗い流すことができるため、ウイルス対策になります。
やり方は、鼻うがい専用のキットを購入するのがはやい方法ですが、今回はキットがない場合の方法を紹介します。

鼻に水が入るとツーンとしますが、これは体液と水の浸透圧が違うために起こります。そのため鼻うがいでは、体液と同じ浸透圧である、0.9%の食塩水を使って行います。冷たい水だと刺激があるので人間の体温と同じか少し温かい36~38℃程にしたぬるま湯で行ないます。

0.9%食塩水の作り方

  1. 水をいったん沸騰させて、人肌くらいのぬるま湯まで冷まします。

  2. リットルのぬるま湯に対し、9gの食塩を入れて溶かします。 (500ccなら4.5g、2リットルなら18g)


やり方

洗面器の食塩水を吸い込む方法
  1. 洗面器に2リットルの0.9%食塩水を入れます。

  2. 片方の鼻の穴を指で押さえながら、洗面器の食塩水に顔を近づけて、もう片方の鼻の穴から食塩水を吸い込みます。このとき食塩水を飲み込まないようにします。

  3. 洗面器から顔をはずして、吸った鼻の穴から食塩水を出します。慣れてきたら、もう片方の鼻の穴や口から食塩水を出してみましょう。


ストローで食塩水を吸い込む
  1. コップなどに500ccの0.9%食塩水を入れて、ストローをさします。

  2. 片方の鼻の穴を指で押さえながら、もう片方の鼻の穴からストローで食塩水を吸い込みます。このとき食塩水を飲み込まないようにします。

  3. ストローから鼻をはずして、吸った鼻の穴から食塩水を出します。慣れてきたら、もう片方の鼻の穴や口から食塩水を出します。


食塩水を流し込む方法
  1. ドレッシングボトル(ディスペンサー)のような、鼻の穴に差しこめるサイズの容器ノズルのついたプラスチックボトルに500ccの0.9%食塩水を入れます。

  2. 前かがみの状態でやや顔を横に傾けて、容器を押しながら食塩水を鼻に流し込みます。「えー」と声を出すと流し込みやすいです。ただし顔が大きく上向きにならないように注意してください。

  3. 流し込んだ食塩水を、鼻から出します。どちらの鼻からでも構いません。慣れてきたら口から出してみましょう。

1日1~2回程度(1回は200ml程度で十分です)行うだけで効果があります。
お子様に鼻うがいを勧めるときは、専用のキットを購入してください。キットの方が簡単にできます。


今日の最後に

ウイルスは口から侵入してきます。口腔内を清潔に保っていれば予防になるのでうがいは絶対にお勧めの対策です。正しいうがいのやり方で、ウイルスや風邪菌から体を守りましょう。
ちなみに、鼻うがいは私も毎日行っています。私の場合は、あまり時間がとれないので入浴の際に1日に1回、鼻うがいを行っています。以前より風邪をひかなくなったので効果はあると思います。みなさんも是非お試しください。
最後までお読みいただきありがとうございました。


www.raruka.net

正しい手洗いのやり方


ガチャピン・ムックの正しい手洗い方法




今日の気になる一品!







白いビオラ 小さな青空