シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

レンコンで花粉症対策!毎日続けることがカギだった!


スギ花粉イメージ




こんにちは
花粉症にはレンコンが効果があることは、みなさんもご存知だと思います。有名ですものね。ではどうして花粉症に効果的なんでしょうか。そこで今日はアレルギー抑制に効果ある『レンコン』のお話をしたいと思います。

スポンサードリンク




花粉症にレンコン効く理由

 花粉症(アレルギー)に効く理由、その答えは『ムチン』という成分です。

 ムチンと言われても分かりませんよね。皮を剥いたレンコンに触れたことがある方は分かると思いますが、皮を剥くと少しぬるぬるしています。これがムチンです。
ムチンは粘膜を守ることができる物質で、いわば粘膜バリアを作ることができます。このバリアがアレルギーを抑制できるものです。
実は人間もムチンを作り出しています。粘膜があるところ、例えば口腔、胃、腸をはじめとする消化器官や鼻腔、腟、関節液、目の表面の粘膜はムチンで覆われています。風邪やインフルエンザなどのウイルスの侵入を防ぐ抗ウイルス作用もムチンの働きです。
人間にもあるのならレンコンを食べる必要があるのかとお思いでしょうが、食べる必要は十分にあります。それはムチンの需要が多すぎてムチンの補充が追いつかなくなることが食べる理由です。例えば口が乾く、目が乾くなどムチンは絶えず使われています。需要はかなり大きいのです。そこで、ムチンを多く含むレンコンの出番になります。もともと豊富なムチンを含んでいるので食べるだけで粘膜を守る効果があります。人間が栄養素を体内に吸収する場所は腸、腸を整えることで病気やアレルギーから体を守ることは知られています。腸まで届き腸に強いバリアを作ること、これができるのがレンコンなんです。


レンコンを食べる

レンコン料理



 レンコンを食べるのは難しいと思っている皆さん、レンコンは生で食べても大丈夫なんですよ。皮を剥いて切ればサラダに、そして合わせ酢に漬ければ酢レンコンに使えます。フルーツを足してミキサーにかければフレッシュジュースになります。栄養を逃さないまま摂取することができますよ。
そして簡単にレンコンを摂取できる方法は、レンコンパウダーを使うことです。水に溶かして飲むだけで体内に摂り込むことができます。摂取方法も簡単、先日お伝えしたヨーグルトに入れればその硬化は倍増!簡単にかつ効果的に取り込むことができます。レンコンは味を邪魔しない食材なのでどんな料理にも相性がいいんですよ。例えば、お味噌汁、スープ類、カレー、コーヒーなど様々なお料理に使えます。パウダーなら混ぜるだけです、試してみてください。



どのくらいレンコンを食べれば効果があるの?

レンコンパウダーの一日の摂取量は約3~5gほどで、目安としてはティースプーンで1~2杯で十分に効果が現れます。コーヒーや紅茶に入れてもいいですよ。
パウダー以外なら1日に20g~30gで効果が現れます。大きめのレンコンを1cm幅で切るとおよそ30gなので1~2切れを目安に食べてください。これを毎日摂り続けていれば、2週間で効果が現れてきます。


今日の最後に

レンコンに含まれているムチン、毎日摂り続けていれば花粉症は勿論ですが、ウイルスや風邪にも効果があります。今はパウダーやサプリメントもあるので手軽に摂取することができます。レンコンを食べるや飲む生活を始めてみてはいかがでしょうか。 ちなみに私はパウダーとサプリメントを飲んでいます。サプリメントはレンコンとべにふうきが入っているものですが効いています。
最後までお読みいただきありがとうございました。


www.raruka.net

www.raruka.net



今日の気になる一品!








福寿草2020年2月2日の空