シルシ

食に関係した情報をお届け致します。

免疫力アップには納豆、ウイルスに負けない体を作ろう!


イメージ ウイルス




こんにちは
ウイルスや花粉には免疫力を上げることが大切です。しっかりと食事をとって免疫力をアップさせたいですよね、そこで、紹介したいのが『納豆』です。意外にも免疫力アップに優れた食品なんですよ。
今日は、食べれば免疫力アップに繋がる『納豆』についてお話をしたいと思います。


スポンサーリンク


納豆


免疫力アップには納豆

花粉症にも効果があるとされている納豆ですが、ウイルスに対しても効果があります。その理由は、納豆はビタミンB群やビタミンEをはじめとする免疫力をアップさせる成分に加え、納豆菌などで腸内環境を整える成分も含んでいます。腸内環境を整えることはこそ免疫力アップのカギなんです。


どうして腸内環境と整えると免疫力が上がるの?

人間の免疫細胞の約6~7割は、腸の中にいます。免疫細胞は、口から体内に侵入してきた病原体である細菌やウィルスに攻撃をする役割をしています。攻撃をするのが善玉菌と呼ばれているもので、善玉菌を活性化させることが免疫力アップにつながります。簡単に言うと、腸内細菌の動きをよくすると、免疫力がアップするということです。

納豆には善玉菌が含まれています。この善玉菌をを動かすには餌が必要になります。納豆には餌となる食物繊維が豊富に含まれているので、腸内環境を整えるには適した食品になります。納豆(善玉菌)を食べる⇨善玉菌が腸内で活発になる⇨免疫力が上がる、という仕組みになります。


納豆菌は常在菌ではない

納豆菌は腸内に滞在してくれません。残念なことに排出されてしまうため摂り続ける必要があります。少し大変かもしれませんが毎日食べることが免疫力を維持するポイントになります。


納豆(免疫力)を効率よく摂取する方法


1パックの納豆50g



一般的な納豆のパック(四角いパック)は40~50gですが、理想とされる目安は65gです。少し足りないですよね。かと言って2個だと多すぎる。1パックで効率的に摂取する方法、それはオリーブオイルです。小さじ1杯を入れてかき混ぜて食べるだけ。これだけで効率よく免疫力が上がります。どうしてオリーブオイルなのかは、オリーブオイルには免疫力を高めるポリフェノール類やビタミンEが豊富に含まれているほかに、オレイン酸も含まれているので小腸を刺激して便通をよくしてくれる効果があるのです。食べるときは、納豆とオリーブオイルをかき混ぜて食べてください。かき混ぜることで、ネバネバ成分の分子が分離して、腸内での機能がさらにアップします。
二つの組み合わせは、腸を整えてくれる作用があるということですね。腸を整えれば免疫力アップになります。

1パックでは多いという方は。小さめのパックを食べた後、ヨーグルトやチーズ、キムチやぬか漬け、味噌などを食べて補うといいですよ。このような食品にも免疫力アップの効果はあります。


ちょっと雑談

すごい納豆と言われるS-903

S-903菌は数多くある納豆菌の一つで、もっとも免疫力が上がる納豆菌です。他の納豆菌より1.5倍も免疫力が上がります。これだけでもすごいことですが、S-903菌はインフルエンザや通年性アレルギー性鼻炎に効果があるということが、もっとすごいことですね。通常の1.5倍もインフルエンザや花粉症に効くなら積極的に食べた方がいいですね。

ちなみに、この商品名の由来は次のとおりです。

S-903とは2,200種類にもおよぶ菌株の中で「903番目」に登録された納豆菌のことです。商品名になっている『S-903』の頭文字のSは、納豆菌の学術名(Bucillus subtilis=枯草菌)と健康をサポート(Support)するSから名付けました


今日の最後に

納豆を食べると免疫力がアップする。
納豆は常在菌ではないので食べ続けることが大切。
オリーブオイルと混ぜることで効果アップ。

ウイルスや花粉が多い時期にかかわらず、免疫力を上げることは大切です。免疫力アを上げるのに適した食品である納豆を是非お勧めしたいと思います。
免疫力を上げるには食事からです。納豆を食べて免疫力をあげましょう! 最後までお読みいただきありがとうございました。


www.raruka.net

www.raruka.net





今日の気になる一品!